んにちは。
あなたを野球部のレギュラーにする
野球ライターの橋田祥夫です。


最近暖かくなってきましたが
いかがお過ごしでしょうか?


僕は贔屓のヤクルトスワローズの連敗で
心は激寒です(笑)


今年のヤクルトを見ていると
投手の立ち上がりが悪い印象を受けます。


先輩は序盤に失点わ許し、リリーフは
簡単に先頭を出してしまうというように
出だしで躓いてしまっているのです。


プロ野球界の多くの偉人が言っていますが
野球は投手で8割決まり投手が主体になる。
これが鉄則なのです。


つまり投手の立ち上がりが悪いと
「今日の出来だと勝つのは難しいな」
と野手は思い、モチベーションが下がります。


そうなると失点の確率が上がるだけでなく
得点の可能性も下げてしまうのです。


こうして見ていくと投手の立ち上がりが悪いだけで勝つ可能性ってぐんと減るように感じませんか?


これすごく勿体無いですよね?


「そうは言っても試合になってみないと立ち上がりがどうなるかなんて分からないよ」
と思ったそこのあなた!


じつは立ち上がりが高確率で良くなる方法を
僕は知ってます!


これだけで勝つ確率がぐんと上がりますから
それはそれは知りたいですよね?


そう思ったあなた!
もうしばらくお付き合い下さい(笑)


まず立ち上がりが悪い原因からお話しします。


立ち上がりの悪い投手は総じて
準備不足である!
これが僕の持論です。


立ち上がりが悪い時の投球内容を
良く思い出してみて下さい。


大体コントロールがつかず、
コースに決まらない、またはストライクが
入らないという状況になっていませんか?


これってつまり
いつも出来ていることが出来なくなっている
と言い換えられませんか?


そうなのです。立ち上がりが悪い時というのは
自分の力を発揮できていない時なのです。


野球は言わずもがな守りの方が
有利なようにできています。

しかもピッチャーを任せられるくらいですから
それなりのボールは投げられるでしょう?


これだけの条件が揃っていますから
実力さえ発揮できれば立ち上がりに
失点をかさねるということは
考えにくいです。


つまり、しっかりと準備して実力を発揮すれば
立ち上がりの悪さは防げるのです。


「なんか締めに入ってる雰囲気だけど
   準備って言われてもなんなのか分からないよ」
というあなた!


安心して下さい!
まだ続きますよ(笑)


大抵の人は投手の準備と聞くと
「肩を作る」ということを連想します。


そのためにアップしてキャッチボールして
ブルペンに入ると思います。


しかし考えてみて下さい!
「肩を作る」って力を入れて投げる準備にしか
なっていませんよね?


人間はいきなり速い球は投げられません。
そこで、キャッチャーボールから少しずつ
力を入れていきピッチングをして
肩を作ります。


たしかにこれも大事です。
しかし速い球を投げるだけで果たして
勝てるでしょうか?


答えは勿論ノーですね?


ピッチングは駆け引きと気持ちが大切です。


頭を使って相手の裏をかいて的を外し、
凡打に打ち取ることが目的です。


さらに、ピッチャーは繊細な生き物です。
自身や心のバランスを失うことで
途端にコントロールを乱してしまうのです。


ここで僕は言いたいのです!
体だけでなく心と頭の準備もしませんか?


先程も言いましたがピッチングは
速い球を投げるだけでは完璧ではありません。


その球を使って打ち取ることが目的です。


そのため配球やコントロール、
言い換えると頭と心も大切になります。


つまり肩を作って体の準備をするだけでは
不十分なのです。



頭と心の準備もして
万全を喫してマウンドに上がることを
心がけましょう!


それでは最後に頭と心の準備の仕方です。



僕はいつも投手に「使える球種の確認」を
するように指導しています。


人間なのでそのひコントロール出来る球種もあれば出来ない球種もあるでしょう。


多くの人は全ての球種をいつ何時も
バランスよく使おうとします。


そうではなく、
いっそコントロール出来ない球種を
その日は捨て、コントロール出来る球種で
勝負してみて下さい。


そうすればほとんどの場面で
自信を持って投げられるので、
大きくコントロールを乱す恐れがありません。


さらに、使える球種をあらかじめ把握すると
その日の配球パターンの骨組みが出来てきます。


試合前にあらかじめパターンを把握し
準備しておくことで試合中に配球に苦しむことが減り、配球ミスによる大怪我が少なくなります。


どうです?その日の球種毎の調子を意識して把握することで心も体も準備出来るんです。
簡単でしょう?(笑)

このようにして立ち上がりを克服出来ます!


この考え方を知ってるだけでも結構なアドバンテージですが、球種を増やすことでより有利になります。


レギュラーの道を少しでも近づけるためにも
日頃から球種を増やす努力を怠らないようにしましょう!


今回は以上です!
それでは次回をお楽しみに!

橋田祥夫


※このブログはあなたを野球部の
レギュラーにするためのブログです。
 
是非ともコメントで感想やご意見を
お聞かせください。
 
それを基に記事を作成し
あなたの野球人生をより良くサポートします。
 
 
また、読者登録やアメンバー申請等も
歓迎します。
 
 
※ツイッターを始めました。
   野球のことを気ままに呟いておりますので
   良ければフォローお願いします。
 




AD