沙人's blog

Actor. Martial artist. Singer-songwriter


テーマ:

本当はその病院の名前も場所も全て晒したいのだが、大人の良識としてここは、グッとムキーグッとムキー堪えるムキー

 

先週末、寝たきりの父(要介護4)が胸の痛みを訴えたため、救急車で隣町KのD病院へと搬送。

 

夜間(時間外)で「検査は出来ない」「取敢えず湿布薬」「整形外科の方かも」で帰宅って対応は“まだわかる”としても、

 

“この程度”で救急車呼ぶな」

・・は無いんじゃない?

その「程度」がわからなくて不安だから、

お医者さんに診断を仰ぐ訳でしょ?

事故現場等で明らかにバイタルゼロでも、

最終判断は医師と法的にも決まってる。

医師以外の判断を禁じてる訳だ。

 

「どの程度」なら呼んでOKなの?・・

 

(父はその言葉が余程ショックだったのだろう、以降痛みがあっても我慢し、訴えなくなった。)

 

その翌日「整形外科かも」の言葉に従い、Dでは無く地元の専門外来へ徒歩(車イス)で行き、検査して貰ったものの“整形外科的に”は異常無し「内科だろう」と言う事に。

 

さて件のD病院HPには、

  • 救急告示病院東京都第二次救急指定病院)観察設置。
  • 他の医療機関との機能分担・相互連携による地域の二次医療に対応。広域的な三次医療の ネットワーク体制にも対処。
  • 地域の医療機関や東部地域病院および三次救急医療施設との連携の下、二次救急医療を24時間 365日実施。(※減筆抜粋)

・・と救急指定病院であり“夜間・休日などの時間外でも”診療を受け付けていると謳っている。はぁ?(苦笑)

 

一次~三次それぞれの対応の詳細や分担の方法はわからない。が、わからないなりに「それは違うだろ」と唯一わかるのは、前述の“この程度”で・・」の言い様だ。

 

自力で歩けない、運べない要介護者が、身体の不調(胸の痛み)を訴え、家族では手の施しようが無いって時でも、救急車呼んじゃいけないの?

 

結局時間外で対応出来ないのなら、要請があった時点で断るか、後日改めてにするか、他の病院へ回してもらうかするもんじゃないの?

 

・・と思ってしまうんだが、

“何も知らん素人の癖に”とでも言われてしまうんだろうな。

 

 

そして昨晩、我慢の限界を超えた父の訴えで救急搬送された大学病院での精密検査の結果「左肺全てと右肺の2/3」陰影が見付かり、運良く無事に(ああ皮肉だよw)緊急入院となった次第。

 

大分楽になったみたいで良かった良かった♪

 

「あと少しで手遅れ

だったそうですよ?D病院様。

 

でもそちらでは

“この程度”なんですよね?

 

良かったですよ、

突き放してくれて(笑)

 

 

搬送当初は「水が溜まってる」疑い。

その後誤嚥性肺炎の疑いが濃厚となる。

※より精密な検査は明日以降

 

何しろ全肺の3/4は潰れていたのだ。

一体どんだけ苦しかったんだろう・・・

 

明日から始まる専門医治療。

全治一ヶ月予定。

 

ゆっくり休んで、しっかり治療。

 

J病院様

何卒よろしく頼みます!!

(。-人-。)

 

 

※フォロー不要&しない

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。