衆院内閣委員会は12日、中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」新設を柱とした国家公務員法改正案を賛成多数で可決した。13日の本会議でも可決され、衆院を通過する見通し。

 採決前の質疑で自民党の小泉進次郎氏は「議論が尽くされていない」と審議続行を要求。同党議員らも「天下り根絶をなぜやらない」などと書かれた紙を掲げ、民主党の田中慶秋委員長に詰め寄り抗議した。採決時には、混乱の中で民主党の三宅雪子氏が転倒する場面もあった。

【関連記事】
民主、参院選2人目は「若さ」と「女性」 2匹目のドジョウは?
美絵子センセイ資産0円、裸一貫のチャレンジ証明
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…
高級官僚“保護政策”判明 公務員改革の理念は?
後半国会は大荒れか 小沢氏2法案の行方は? 
少子化を止めろ!

沖縄県民大会「9万人」に疑問も、県警把握せず(読売新聞)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
AD