「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」(会長・石原慎太郎東京都知事)のメンバーの泉田裕彦・新潟、平井伸治・鳥取両県知事らは2日、内閣府で中井洽拉致問題担当相と会談し、拉致問題の早期解決を要請した。両知事によると、中井担当相は「重要なタイミングに来ている」との認識を示し、「全力を尽くしたい」などと応じた。
 会談の冒頭、泉田知事は「一日も早い全員帰国を実現してほしい」と要望。これに対し中井担当相は拉致問題対策の専従班を30人超の体制にしたことを説明し、「半年間でいろんな情報が集まってきている。いざというときの協力をお願いしたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、三男を後継者扱い~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
「拉致把握していた」=日韓協調し北朝鮮に圧力を

<スギ花粉症>地域差20倍、有病率の最高は山梨の44%(毎日新聞)
田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
歌舞伎座で最後の興行始まる=東京(時事通信)
財政と国民生活「両立が課題」と首相=連合会長、現実的な参院選公約を(時事通信)
AD