2007-05-21 15:40:34

パッチギを見ました

テーマ:雑談

気になる映画ではあったものの子育て中の私には映画館へ

行くことはままならず、先週の金曜日TVでやっと見ることができました。


パッチギの時代設定はちょうど私が生まれた頃。


ということは私があと15~6年早く生まれていたら、

そして朝鮮部落のあるようなところで育ったら

こんな経験をしていたのでしょうか。


つくづく私は育った場所に恵まれていたのだと思います。

パッチギのように喧嘩が日常茶飯事で行われているのが

悪いと言うわけではないけれど

差別や陰口、いじめや喧嘩などとは無縁でした。


先日も同窓会で私の国籍を話すようなことがありましたが

「そうなんだあ~」と言うことです(^_^;)


だからなに!?ってことなのでしょう(^_^;)


選挙権がないので友達に「○○党よろしく」などと言われた時には

「申し訳ないのだけど…」って言うことになってしまいますが(^_^;)


映画のメッセージを受け取るのは得意ではないのですが

せっかくなのでラヴ&ピースも見たいのです。

しかしながら子育て継続中!(>_<)

なので地上波で放送するのを待つとします(^_^)



追伸


日本人でありながら在日女性に一目ぼれ、そしてアプローチ。

在日でありながら日本人男性とお付き合いをするようになったヒロイン。

この時代にしてはチャレンジャーだったのでしょうか。

それとも何%かの人たちはごく自然にこういう交際をしていたのでしょうか。

ちなみにうちは両親とも韓国籍、在日です。




AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

KIMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

13 ■toratora2721さんこんにちわ

本当におめでとうございます。
辛さを乗り切った後の幸せは順調にたどり着くよりもっと深みを増す幸福なのでしょうね。

同じ国同士でも結婚生活は難しいものです。
思いやりと尊敬の精神でお互い幸せになりましょう。

12 ■けろちゃんこんにちわ

伸助さんとご主人が同い年!
伸助さんの言うことがそのままご主人も経験していることなんですね。

まったく関係ありませんが私は結構伸助ファンだったりします(^_^;)

ラブピの感想待っていますね(~o~)

11 ■スジャータさんこんにちわ

やはり親御さんの世代は日本、在日間の恋愛や結婚は想像できないご苦労もあったのでしょうね。
しかしながら恋する気持ちに国籍は関係ないのかもと改めて感じました(^_^)

10 ■campaneraさんこんにちわ

たまたまパッチギを見た感想を書きましたが
このブログでは主に恋愛や結婚で困っていたり
悩んでいる方に役立ちたいと考えています。

申し訳ありませんがコメントの方は削除させていただきますね。

9 ■パッチギ

もちろん観ました。
恐らくウチの親世代のお話だと思われます。
そして、この映画と同じように(男女逆ですが)、在日の父が、日本人の母に恋をしました。
それはそれは、大変なことだったんだなと改めて両親の結婚を考えさせられました。

8 ■コメントありがとうございます

ありがとうございます。
長い道のりでしたが、これからが大変です。
その節はお世話になりありがとうございました。

7 ■主人の話では…

実は主人は伸助と同い年なんですけど、京都の朝咬も大阪のもけんかっぱやくて有名だったと伸助もテレビで言っていたそうで、主人も「集団で来るので、すごかった」と言っていました。もちろん、他の高校生もけんかっぱやくて、ああいう時代だったのですね。もう、「こんなかんじ~!」の連呼!でした。LOVE &PEACEどうでしょうかねー芸能界のこととかでるみたいで、また違う感じなのかも。早く見れるとよいですね!!

6 ■けろちゃんこんにちわ

見たんですね(^_^)
泣いたんですね。
「こんなやった」という方がいるということは本当に
この時代はこんな感じだったんですね。
私には想像もつかない世界です。

ラジオ局のシーン。ちょっと笑えました(~o~)
大友康平が鼻血を出していたので(^_^;)
そんなキャラじゃないと思っていたので。

ギターを叩き壊すシーンはメイキングで何度も
やったようなことを知っていたので「この感じを出すのに
何テイクもやったんだ」なんて違う目線で見てしまいました。
6月にはラヴ&ピースですね。
ぜひぜひ楽しんでください。
二年後くらいには私もTVで見られるかもしれません。

5 ■泣くわ~

今晩は! ついに、パッチギの録画見ました!私は夜中に一度見て、さらに主人と翌朝もう一度。いや~良かったです~! イムジン河の流れる場所では本当に感動したし、大友康平がでてきたラジオ局の場面も笑ったり泣いたり忙しいぞ! 主人は案の定、がびがびに泣いていました。(しかもこっそりと)まさに、主人の育った時代で、県も隣だし、(出身は奈良ですが育ったのは東大阪)もう、「そうや~こんなんやった、なつかしいなあ!」の嵐でした。もう、ほとんど自分の物語(笑)。昔はこんな風にふつうにつきあったりしたん?ときいてみたら、「いやあ、双方の家族が猛反対やな。」だって。でも、主人の言うには「でも男と女のことだから、まあ、できちゃったとか、にげちゃったとか、いろいろやな」だそう。確かに…。結局、押し切るか押し切られるか、みたいなところもあったとか。でも、韓国籍の人は日本籍の人より、目上に対する尊敬が儒教の関係もあって、強いから、押し切りにくいのもあるみたい。まあ、主人の意見ですけど。でも、私の結婚に反対した友人の親はもう70代だし、いろいろですよね。まあ、結婚してみてわかったのは、教科書でしか知らなかったことが日常になるびっくり、と、日本からも韓国からも私達のケースの結婚が気に障る人がいるんや、ということ。いろんな事情のもとで。それはそれで仕方のないことなのでしょう。私の場合は、結婚するまでわからなかったけど、私の親戚筋にも主人の方にも言い方が悪いけど「北」にからむ物語があって、これが事態を複雑にしました。でも、お互いを守れるのはお互いだけ。これからもおそらくこの状態はかわらないし、戦って行くのみです。「パッチギ」じゃないけど、ギターを橋の欄干でたたき割りたいような、そんなことはこれからもきっとある。あとは決意だけですかね。(うちの場合)日本にも差別が本当にある、と結婚してはじめて知りましたが、いや、カンボジアでもイスラエルでも南アフリカでも戦っていますよ!がんばりましょう。

4 ■右派さんはじめまして

奥さんが出て行ってしまったご友人はさぞ悲しい思いをしているのでしょうね。
歴史問題、謝罪…
そういうことになると私はもうよく分からないです。
戦争は罪のない人たちを罪びとにしてしまったりもしました。
今でも【誰が悪い】と責任の追及をしなくてはいけないのかどうかも…。
日本が住みにくいかそうでないかは私のような立場ではまったくわからないでしょう。
在日でしかも韓国の人たちとの交流もない人間ですから。
なかなか昔の出来事を許せない方々の気持ちを察することは難しいです。
時間が解決してくれたら…。
そんな風に考えてしまうこともしばしばです。

3 ■現実

私は家紋も菊で純粋に・・とは行きません、祖父がドイツ人なので、でも一応日本人です(笑)
内政干渉が嫌で現在のポジションは右派なんですが、同級生に在日韓国人、在日中国人が数人居ます。 今でも仲の良い同級生の在日韓国の家庭崩壊してしまったんです・・・。 歴史問題と謝罪を迫る身内と、家庭を持ったら家庭が第一という同級生と、意見が割れてしまい、彼の日本人の奥さんは子供を連れて家出してしまったんですよ(汗) 一昨日にその同級生がいきなり訪ねて来て涙ぐんで様子がおかしいと思ったら、そういうコトだったんです。 自分だけでは対応不可能と思ったので在日中国人の同級生に電話をして来てもらったんですが、今でも日本は住み難いですか?自分的には海外の犬にならず、国力を上げて、諸外国からの移民を受け入れてもドッシリと構えていられる日本を作りたいと思っていますが、 実際は未だに住み難い国なんですか?

2 ■けろちゃんこんにちわ

今晩パッチギを見るんですね。
ぜひ感想などもコメントしてください(^_^)

同じ在日でもとても気にして生活してきた方と私のように、気にしなくとも何の不便もなく過ぎてきた人間がいるのでしょうね。

それぞれが自分の幸せを求めているのでしょうけれど、できればあまり考えなくても普通に過ごせるととても楽に生活できるようにも思います。

いずれにしても30年前とはずいぶん違っているようですね。

1 ■パッチギ!

おはようございます~! うちも金曜日の録画しましたが、主人が今晩まで出張なので、帰ってきたら見るつもりです。タオルを用意して。でもでも、私の同級生には結構、在日じゃなくて、本国韓国の女性と結婚した子とか、いろいろなんですが、同級生の仲良しに、日本人のお父さんと韓国からのお母さんの子がいて、私の結婚の時には、すんごい反対されちゃった。「子供、かわいそうやろ」って。私はほとんど考えなくて、勢いで嫁にきたけど、ううむ、彼女は色々大変だった話をしてくれて、人にはそれぞれの立場や考えがあるんだな…と。でも、あちこちの国で、私のように深く考えずに結婚する人もいて、それで結構成り立つような気もしたり…?しています。要は、納得していく人生か、ってことのようにも思います。まあ、理不尽ですが。いろいろと。

コメント投稿

AD

Powered by ミセつく

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。