春は来たけれど

テーマ:
先々週の木曜日早朝娘から電話があった。子供が熱を出して保育園に預けられないが、あすの会議の準備で今日は午後からでもなんとか会社に行きたい。応援に来られないか、という。すぐ行くよと答え、9時過ぎに家を出て11時ころ娘の家についた。孫ふたりは思いのほか元気で機嫌も良かったが、下の男の子は40度の熱があった。
翌日もみる予定だったので宿を探したが近場に適当な宿はなく、そうかと言って狭い部屋の中で一緒に寝たら、体が休まらないと思ったので、車で一時間ほどの場所に宿を取った。
家に残っていた妻は、翌金曜日に朝から横浜の義父を見舞い、その足で娘の所に回ってきた。娘夫婦が戻ってきたあと私の車で二人一緒に帰宅した。
土日は自分の家で少しホッとしていたが、夕方気になってこちらから電話をしたら、一旦下がった熱がまた出て、通っている病院が休みだから救急車を呼んだという。
翌日熱が下がる保証などないので月曜の朝から行くといった。ただ夕方私自身の用事が自宅付近であるので、午後は早めに帰らせて欲しいと言ったら、午後は半休を取りますという。火曜日は朝用事があるので、10時過ぎでないといけないと言ったら、旦那が午前中半休を取るという。それで段取りが済んで、電話を切った。
月曜の朝から昼過ぎまでと火曜日の昼前から夜までと二日孫たちを見た。上の娘が早く良くなったので火曜日は下の男の子だけを見た。次第に熱も下がり元気も出て来ていたが、午後医者に見せたら、まだ喉が赤いから普通の生活は無理と言われたので、妻と二人で先日のホテルに泊まり、水曜日も下の子だけ見た。
食欲も戻り元気も良くなったので、水曜夜に帰宅した。
昨年末も同じようなケースで子供から風邪がうつり二日ほど寝込んだので心配だったが、水曜には既に私の喉がいがらっぽくなっていた。
体調が落ちているのは分かっていたが、木曜には遠方から来る友人との一年半振りの飲み会が予定されていた。
3時間飲んで愉快な時間を過ごしたが、酒も食事もいつもほど進まなかった。
金曜日はこれも半年ぶりに、昔のクライアントOIさんとのおしゃべり会があった。ショッピングモールの喫茶店で三時間コーヒー一杯で喋っていたが、鼻づまりと喉の痛みがひどくなり、別れたあと、ぐらりと足元が揺れた気がした。
帰宅して熱を測ったら8度近くあったのですぐに寝た。
土曜日に医者に行った。
もう熱は下がり始めているので快方に向かいそうだと思ったのだが、気分がスッキリせず、喉の痛みは軽減したが、今日はまた熱が出た。
土・日・月と基本的にゴロゴロし、布団の中にいる時間も長いが、いくらでも寝られる感じだ。
体重はこの一週間あまりで二キロ減った。

久しぶりにパソコンに向かってこの記事を書いている。
世間では、花見のニュースや年度末新年度の話が飛び交っているようだが、私はすっかり病人暮らしだ。

昨日娘から電話があって、元気な孫の声も聞けた。何よりだ。
今日一日ほとんど布団の中にいた。あすはなんとが枕が取れて欲しい。

AD

懐古

テーマ:
義父の老衰が進んで、入っている施設の施設長は、意識がしっかりしているのが奇跡のようだ。体はすっかり弱りきっている、といいます。
数日か数週間か、終末は確実に近づいているようです。
2006年秋の義母の逝去の頃の記事を読み返しました。
過ぎた時間が無性に懐かしく感じられました。


AD