桜の花

テーマ:
先週の金曜日に、妻と一緒に彼女の実家から帰ってきたら、居間から庭を見て妻が声を上げた。
驚いて見たら、庭の桜が満開になっていた。
一週間くらい前に、つぼみが膨らんできていることには私も気づいていた。その後の記憶ははっきりしないが、彼女が出かける日にもその翌日私が出かけた日にも、たぶんまだ花は開いていなかったのだろう。
さっき、このブログの記事を確認したら、2009年には3月末に満開の様子だった。しかし10年には3月上旬に桜の花を摘んでいる。そして、11年には桜の記事は無い。
桜の花の塩漬けを作るのが好きで、毎年作っていたが、そのたびに食べた後お腹を痛くしてしまった。
何がいけないのか分からないし、残念だが、今年はあきらめよう。

老人とブログの海-庭の桜

AD

森○蔵を飲んだ

テーマ:
3月中旬の土曜日に、東京・新宿で古い仲間10余人が集まって飲んだ。
平均年齢65歳の男女が和やかに語らい、二次会が終わって解散したのが9時。年寄りにふさわしい時間の早さだ。
麻布十番に宿を取っていた私は、東口でみんなと別れ、地下道を通って西口の「思いで横丁」に一人で紛れ込んだ。
ぷらぷらあるいていたら、もつ焼きの店にプレミア焼酎があると札が出ていたので、入って注文した。
小さなコップに水割り一杯で700円。安いか高いか分からないけど、飲みやすくておいしかった。
一人一杯かぎりということだったので、後はもつ焼きを食べながら何杯か他の焼酎の水割りを飲んでから、地下鉄で宿に帰った。
古い友人たちに会い、懐かしい飲み屋街を歩き、名前ばかり聞いていて口にしたことの無かった幻の焼酎を一口飲めた。
忘れがたい夜になった。


AD