ごぶさたしています

テーマ:
ご無沙汰していますが、とりあえず元気です。

酒をのんで全裸になったりもしていません。

家の中でならよかったのにと思います。そんな話は、前に読んだり書いたりした気がします。

彼のやったことは褒められませんが、私の身の回りには酒にまつわる奇癖悪癖を持った連中がゴマンといました。

たしなめたり止めたりすることは結構ですが、よってたかって鬼の首を採ったみたいに騒ぎたてるのはどうかと思いました。
女性や子どもを追いかけて露出したり盗撮したりするのとは、ちょっと違うかなと思いました。

誰にでもありがちな、人の過ちや弱みを罵ったり謗ったりすることが多すぎるような気がしてなりません。
なんだか時代閉塞のきわみのような気がします。
そんなところに怒りをぶつけて鬱憤晴らしをしたくないと思うのです。

甘いかな。

AD

温泉に行ったことなど ②

テーマ:
映画を見終わってから、温泉に向かいました。昔からとても有名な温泉地でしたが、月曜日ということもあってか、なんだか町は少し沈んでいました。
安い公共の宿に入って、とりあえず温泉に浸かり、大きな食堂で夕食を採りました。生ビールをジョッキに1杯半飲んだら、どっと眠気が襲ってきて、いつもならもう一度入る温泉に入らず早々と寝てしまいました。
そのせいで午前三時に目が覚めました。
すぐに大浴場に行き一人でゆっくりと温泉に浸かりました。
浴場に隣接した休憩室で時間を過ごしてから、部屋に戻りまた寝ました。

朝食の後、もう一度温泉に入り、九時過ぎに宿を出ました。
漬物やとか「お菓子の城」とかを見た後、「相田みつお」の作品を陳列してある料亭に行き、展示を見て喫茶室でコーヒーを飲みました。
それから、この料亭と同じ旅館経営者が開いている「竹久夢二美術館」に行きました。
彼の年賦を読みその女性遍歴を見るたびに、なんだか侘しく悲しい気持ちになってしまいます。
妻は「あなたはこんな人生にあこがれていたんでしょう」と揶揄します。

美術館に付属したレストランで昼食をとり、帰路につきました。
真っ直ぐ帰るには少し早いので、今市で日本酒の入ったケーキを買いました。「十数年前に職場旅行でこちらに来たとき、バスが止まっておいしい酒ケーキを買ったのよ」と妻が何度も言い、途端に酒ケーキの看板が目に入ったので、ふるびた店構えの酒屋の前に急停車しました。
(これは帰宅後食べたら、とてもおいしかったです。
十数年前には食べた記憶がないので、その時のケーキはどうなったのかなと思いました。)
その後、大谷川のほとりを少し走って、広い自然公園に車を止め、売店で巨大なソフトクリームを食べてから東京に戻りました。

一度も渋滞らしいものにはぶつからず、快適なドライブでした。

家に近いスーパーで妻が買い物をしている間、車の中で前日に買った小説『ファイアボール・ブルース2』を読み進み、読み終わりました。


AD

温泉に行ったことなど ①

テーマ:
先日北関東の温泉地に一泊で出かけました。
途中、宇都宮に立ち寄りました。
8・9年前に妻と二人で一度餃子を食べに行きました。
そのときネットで調べたら「み○みん」が一番に有名でしたが、あるサイトには、宇都宮餃子愛好家には「み○みん」派と「まさ○」派がある、と書いてありました。
「まさ○」には駐車場が無いと書いてありましたから、駅の近くのホテルに宿を取って、歩いてまず「まさ○」に行って見ました。細い路地の中に殺風景で小さな餃子だけの店がありました。妻と一人前ずつ食べて、今度は少し離れた「み○みん」に歩いていきました。こちらは有名店だけあって店舗も大きくにぎやかでした。 両方食べ較べて、私と妻は「まさ○」派になりました。
しかしその後宇都宮に餃子を食べに行く機会はありませんでした。
今回、まだ「まさ○」があるかどうかネットで調べました。「宇都宮 餃子」の検索ではうまく見つかりませんでしたが、「正○」と漢字で入れたらたくさん記事が出てきました。
昔ながらの商売をしていることが分かりましたので、数店舗あるうちの車で行きやすいという店舗に狙いを定めていきました。 期待にたがわず、思い出どおりのおいしさでした。
例によって、アルコールもご飯も他の料理も何にもない店でした。私は焼き餃子二人前と水餃子一人前を食べました。

老人とブログの海-餃子店
その後、巨大ショッピングモールに隣接したシネコンで『米沢守の事件簿』を観ました。 映画が始まるまでに少し時間があったので、モールをぶらついて、妻は洋服屋に行き、何着か季節の洋服を買いました。私は書店で桐野夏生の『ファイアボール・ブルース2』を見つけて購入しました。 これは二人にとってそれぞれとても満足した買い物でした。
(続く)
AD

帰宅したら

四月に入って、あわただしく過ごしていました。その合間を縫って一泊で妻と北関東の温泉場に出かけました。
昨日、夜になって帰宅したら、留守電に友人から別の友人の死を知らせる伝言が入っていました。

数日前に亡くなっていたのだそうです。
通夜・葬儀は身内でそっと済まして、今日親しい人だけで「お別れの会」をするのだそうです。
招かれたわけではないのですが、顔を出してこようと思います。