横浜市鶴見区鶴見中央の鶴見川で10日、袋に入れられた女性の遺体が見つかった事件で、袋に取り付けられていた重りは船のいかりだったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警横浜水上署は身元の確認を急ぐとともに、同日午後、遺体を司法解剖して死因を調べる。

 同署によると、遺体はポリ袋のようなものに入れられ、袋の外側はロープが何重にも巻き付けられていた。いかりは袋の外側に結びつけられていたという。

 遺体の発見時は、袋から顔だけが外部に出ている状態だった。年齢は50歳代とみられ、死後数週間が経過しており腐敗が進んでいた。目立った外傷はなく、着衣はほとんど身に着けていなかった。

【関連記事】
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工
福岡の女性切断遺体 バラバラにつきまとう“誤算”
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明
利根川の水上バイク事故 女性の遺体発見
車内で見つかった乳児遺体、外因死の疑い

普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
奄美群島首長も出席へ=徳之島3町長と鳩山首相の会談に(時事通信)
豊川一家殺傷 父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
首相動静(5月10日)(時事通信)
AD