鳩山由紀夫首相は17日夜、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)に追加経済対策を進言されたことについて、首相官邸で記者団に「経済にしっかりと手を打つことは大事だという(亀井氏の)思いは感じたし、私もそのように思っている」と述べ、一定の理解を示した。ただ、亀井氏との間で「補正予算の話は一切していない」と強調した。
 国民新党は7兆円規模の追加経済対策の実行を求めている。平野博文官房長官は同日午後の記者会見で、「デフレ状態が続いていることをしっかりと受け止めた対策が必要ということは、考えられるのではないか」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

検察官が示した衣服の写真に「だいたい同じ」目撃者が証言(産経新聞)
「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断(産経新聞)
たまゆら火災 発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず(毎日新聞)
舛添氏、鳩山氏との連携「具体的なことは決まっていない」(産経新聞)
<会計検査院>公用車車検で農水省に競争入札実施を要請(毎日新聞)
AD