睡眠時間:7時間台…精神状態が最も健康的 日大調査結果

ということで、まあ、いまさらなんだよという系統のものですが、今回は“20歳以上の男女約2万5000人のデータを解析”したんだそうです。すごい大人数を調べたんですね。

ショートスリーパーやロングスリーパーはどうなん?というのはおいといて、一般的には7時間くらいの睡眠をとっているひとはうつ症状が少ないということのようです。

睡眠というのは体力の回復もそうですけれども、体力だけなら単純に身体を休めるだけでもある程度回復しますよねぇ。それ以上に、記憶の整理や脳の活動を休めたりするなど寝ないとどうにもならないものがあるわけですから、脳を休めるという意味が大きいんですよね。寝ている最中も脳はいろいろ動いていますけど、それでも日中活動しているときよりは負担は軽くなりますね。

ま、そんなわけで昔から言われていますけど、だいたい7時間は妥当なところでしょうか。

でも、そんなことはわかっちゃいても、世の中なかなか7時間も寝ていられないのが現実ですね。

まだ失業中なので職安には毎日通っておりますけれども、1日8時間で1ヶ月12~13万円にしかならない仕事なんてざらにあるんですよねぇ。

これではとても暮らしてなんかできませんから、まじめな方なら当然睡眠時間を削ってかけもちでいくつも仕事をして生活するわけです。ま、一方で定職持たず、上に書いたような給与より高額な生活保護をもらい、さらに生活保護かに入ることによってさまざまな免除などの保護をもらってぶらぶらしている人もいるのでまじめに仕事をするのがばからしくなっちゃいますよねぇ。

生活保護のシステムが悪いとは言いませんけど、まじめに働いている人より収入が多いってのはどうかと思いますよね。

まあ、個人的に給与格差はあって当然だと思いますけど、最低限まじめに働いてさえいれば、贅沢はできなくても普通に暮らしていけるような世の中であって欲しいとは思いますね。

実際に時間がない人、時間があってもさまざまな要因によって睡眠障害に陥る人などいろいろですけど、睡眠ももっとも基本的な健康法と捉えることができるんじゃないかと思います。大切にしたいですね。



井上 昌次郎
「快眠」最強の知恵―ぐっすり眠ってスッキリ起きる 気持ちよーく眠れる幸せ!
AD

[BSE問題] 一発目到着

テーマ:
1.品   名:米国産冷蔵牛肉及び内臓

2.数量・重量:牛肉 4.3トン
  内臓(舌、横隔膜) 0.3トン

3.到着年月日:平成17年12月16日

4.輸 入 者:丸大食品株式会社

5.製 造 者:HARRIS RANCH BEEF CO. (施設番号:783)

6.検 疫 所:成田空港検疫所(連絡先:総務課0476-34-2301)

動物検疫所成田支所
(連絡先:検疫第1課貨物合庁0476-32-6655

 当該貨物については、両検疫所の担当官が、米国政府発行の輸出証明書の内容を確認し、日米で合意した輸出プログラムに基づき認定を受けた施設において認定日以降に処理されたものであるか、また、特定危険部位(SRM)の混入がないかなどを検査することとしています。

-----
だそうです。
えぇ~、テーマを変更し、コメントは控えさせていただきまつ。

ネタ元:
米国産牛肉等の到着について
AD

人は何時間残業できるか?

テーマ:
 えぇ~、なんだか夜更かししておりますけれども、今の世の中、なかなか定時でお帰りなんてことはできなくて、やっぱり残業をせざるを得ない方も多くいらっしゃることと思います。

 ところで、インフルエンザシーズン到来ということで、予防には手洗い・うがいの基本的な衛生管理休養ですね。特に夜はリンパ球が元気になる時間帯でもありますし、しっかりと身体を休める時間をとりたいところです。

 ということで、健康な暮らしをするには、人は何時間くらい残業できるのかな?と、ふと思ったんですけれども、健康に気をつけるなら睡眠時間を7時間程度は確保したいところですね。

 私の場合、朝の06:30には目覚ましがなりますから、その7時間前というと前日の23:30です。就寝の2時間前には食事を済ませる必要がありますから、21:30までにはお風呂とかお夕食とかをいただかないといけません。食べてすぐにお風呂に入るのはよろしくないようですから、お風呂で30分、お食事で30分とすると、その間に1時間の食休みを加えて約2時間。すると、開始時刻は19:30になります。通勤で30分とすると、19:00にはお仕事を切り上げなくてはいけないんですねぇ。ということは、残業って実は1~2時間程度しかできないということになりますね。

 そんなことを考えてみますと、健康的な暮らしって、現実的にはものすごぉ~く難しいようです。そうは言ってもやっぱり身体が資本にかわりはありません。今年もインフルエンザや風邪にかからないように、手洗い・うがいはもとより、1~2時間で残業を切り上げられるように、しっかりとお仕事をしたいですねぇ。
AD

ホメオパシー

テーマ:
ホメオパシーの効果はプラセボ効果と同一

 ってことで、思いっきりレメディの効果が否定されちゃっておりますけれども、実際のところ、レメディに使われているものって、薬草だったりもいたしますので、そうそう否定されるものでもないと思うんですけどねぇ。

 で、そもそもホメオパシーってのがなんなのかってのは、素人の私が語るより、森本先生のページあたりを見ていただければ理解できるんじゃないかと思いますので多くは語りませんけれども、まあ、実際セミナーを見に行ったりもしましたので、素人なりにある程度の怪しさは理解しているつもりです。

 西洋医学のお医者さんたちからすれば、お薬に相当するレメディを作るときに、「波動が!」とか「パワーが!」とか、なにやら「薄めれば薄めるほど効果が高い」なんてことを言いますので、臨床研究によって科学的根拠に基いて治療している(と思っている)お医者さんからすれば、理解不能でしょうし、そんなの思い込みだよと考えたくなることも理解できます。ま、実際のところはホメオパシーにも新しいレメディを作るときはプルービングっていう臨床実験をしたりするみたいですけどね。

 個人的にはプラシーボ効果でもなんでも、「治ればおっけ」みたいな感じなので、冒頭のニュースにはなんら価値は見出せないんですけれども、確かにお医者さんには説明責任がありますので、科学的根拠が薄いとか患者に理解を得られにくいなんてこともあるんでしょうね。

 で、話のネタとはまったく関係ありませんけど、森本先生へ。柏崎へお越しの際はぜひお声をかけていただければと思います。ダッシュで馳せ参じますよ!ははは。

免疫って何さ(おまけ2)

テーマ:
 こんなときお医者さんでしたら「除菌療法をつかって細菌をやっつけてしまいましょう」というお話になりますけれども、素人の私たちには当然できません。それに、この肝心のストレスがなくならない限りは再発の可能性を否定できませんよね。もちろん、ピロリ菌もいろいろな感染ルートがあるようですので、除菌で綺麗にしても、またいつ入ってくるかわかりませんよね。

 で、従来の予防医療の考え方からすれば、早期発見で早期治療となるわけですけれども、ここではもう一歩踏み込んで、病気にならないための本来の意味での予防医療を考えてみたいと思います。

 日常生活において病気にならないような工夫をするには、まず自分で予防医療を実践することができなくてはいけません。というわけで、原因になっている炎症とピロリ菌対策を考えてみます。

 まず炎症は交感神経緊張による顆粒球増多から起きるわけですから、普段からストレスを回避するのが大切なんじゃないかなと思います。生活をする上で、日常からストレスをなくすことはほぼ不可能ですから、せめてお休みの日はしっかりと休んだり、お仕事を忘れられるような趣味に没頭したり、ご飯を少しゆっくり食べたりなんてことが考えられますね。また、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって身体をぽかぽかにしてからお布団に入るなんてことがすぐにできそうな対策ではないかと思います。

 次にピロリ菌対策ですけれども、海草のにゅるにゅる成分に含まれるフコイダンにはピロリ菌を減少させる効果が認められていますから、食生活の中にモズクやメカブなどのにゅるにゅる系海藻類を取り入れて食べたりするのも効果があるんぢゃないでしょうか。あとは手洗いうがいの基本的な衛生対策ですね。

 これだけで、きっと胃潰瘍や十二指腸潰瘍のリスクはぐっと低くなるんじゃないかと思いますけれども、どうでしょうか。免疫って何さで書き綴った自然治癒の基礎だけでも、ちょっとした工夫で結構応用範囲は広そうですよね。

免疫って何さ(12)

テーマ:
 さて、適当に頭の中にあるものを書き綴った「免疫って何さ」シリーズは一応今日で終わりますけれども、免疫機能と自律神経の関係は今後とても重要なキーワードなんじゃないかなぁなんて思っています。

 ほいで、自律神経のバランスを保つというのは、お医者さんにはなかなか難しいですよね。お薬を使って一時的に治療することはできますけれども、本質的には自分のライフサイクルや個人の性格などを見直さないと、また同じことの繰り返しになってしまいます。結果的に、日常の生活の中において、本当の原因を見つけ出し、それを改善していくことが健康にとって一番大切なことなんじゃないかなぁ~。そして、それが人本来の治す力、自然治癒力を呼び覚ますことにつながってくるものなんだと思います。

 さてさて、以上で免疫って何さは終わりますけれども、こうやって見てきますと心と身体の結びつきに対する理解がぐっと深まってきますよね。これは従来の西洋医学ではなかなか触れてこられなかった部分ではないかと思います。

 インドの伝承医学であるアーユルヴェーダでは、その人となりや背後関係を把握した上で、例えば暴走しがちなヴァータ体質の患者さんにはオイルマッサージのようなリラックスを促す治療を施しますけれども、このような治療も実は理にかなっていることがよくわかってきます。

 このあたりに免疫学の魅力があるわけですけれども、安保さん免疫革命では、免疫についてはそのとおりだと思いますけど、確かにそこから医療への応用や臨床研究について詰めの甘さが見てとれますね。ま、もっともお医者さんとして常に患者さんと接しているわけでもないのでしょうから、効果の程についてはきっと他のお医者さんたちからの伝聞に頼ったところが大きいのでしょう。同著書の新刊で実践編というのも出ておりますけれども、免疫革命についての意見に対して、いろいろとフォローが載っていました。

 まあ、何と言っても、免疫学なんてぇ~のはまだまだ未開の分野の話ですから、これからも新しい発見や研究成果から、ますます発展してくるものと思われますので、これからもぼちぼちと追いかけてみたいと思っています。

免疫って何さ(11)

テーマ:
 えぇ~、これまでの「免疫って何さ(1~10)までで自律神経のバランスが健康に与える影響を延々と書いてきましたけれども、そしたらどうしたらいいの?ってことになってきます。生きていくには勉強をしたりお仕事をしたり、自分以外のたくさんの人との関係を構築・維持したりしなくてはいけませんので、どちらかというとどうしてもストレスによって交感神経が緊張しがちになってしまいますね。一方で、食事は身体をリラックスさせ副交感神経を優位にする働きがありますから、ストレスによってかえって過食に走ってしまい、結果として副交感神経を優位にしすぎてしまうことも考えられます。どちらにしても身体にとっていい影響はありません。

 ストレスに打ち勝つひとつの方法には、まずストレス耐性を身に付けてしまうことが考えられます。いまの現役世代は、戦争中や戦後の復興時代の高ストレス時代を経験している人も少なくなってきましたし、経済が豊かで便利な世の中になってきて、贅沢三昧に暮らしてきた方も多くなっていますからストレス耐性が低いといわれてます。お仕事が苦しいなら期待されるお仕事に順応できるように、自発的にお勉強や人脈構築をしたり、業務改善をすればいいですし、それらのことを楽しんで行えるような心のもち方を考えるのもいいでしょう。ま、それでもどぉ~しても耐えがたいストレスに襲われるのでしたら、思い切って逃げてしまうのもひとつの手かもしれません。生きるために仕事をする」のであって、「仕事のために生きている」わけではありませんからね。命を賭してまでしなくてはいけないお仕事なんて、そんなにあるわけではないと思います。

免疫って何さ(10)

テーマ:
 さて、ここまでは顆粒球が増えちゃったことによる病気プロセスでしたけど、こんどは副交感神経優位によるリンパ球の問題。りらぁ~っくすして副交感神経が優位になってきますと、アセチルコリンという物質がどんどん供給されて、アセチルコリン受容体を持つリンパ球が活性化してきます。適度に副交感神経が働きますと、交感神経とのバランスから血流も促され新陳代謝も活発になりますから身体にとてもいい影響を及ぼします。

 ところがリンパ球には身体の中に取り込んだ化学物質やウイルスなどの微細な異物を処理する機能を持っていますから、リンパ球が活性化しすぎた状態では反応しなくても良いものに反応してしまうことが出てきます。これがいわゆるアレルギーです。通常花粉などは反応するまでもない物質なのですけれども、ひたすら降りつづける花粉にまで反応してしまいますと、あの苦しい花粉症をひきおこしてしまいます。他にもアトピー性皮膚炎や気管支喘息などが免疫疾患として数えられています。

免疫って何さ(9)

テーマ:
 ガン細胞が発生したときリンパ球が元気なら、NK細胞の働きによりガン化した細胞も死滅させられてすぐに消え去ってしまいますけれども、交感神経の緊張状態では当然のように副交感神経が弱くなっていますから、リンパ球であるNK細胞の働きは弱くなっていますので、歯止めがかからなくなっています。

 この他交感神経緊張状態では、心臓や血管の収縮を促しまして、ほどよく緊張しているときには血流が促進されてとってもいいのですけれども、過度に緊張してしまうと血管が収縮したままになりまして血流が滞って血行が悪くなったりいたします。血行が悪くなりますと老廃物もたまりますし、肩も懲りますし、いろいろな問題が起きてきます。

免疫って何さ(8)

テーマ:
 さてお立会い。ストレスで交感神経が刺激されますと、アドレナリンが放出されます。当然のごとくアドレナリン受容体を持つ顆粒球が活性化しますよね。前述の通り顆粒球は細菌などのある程度大きな微生物を処理する白血球ですけれども、他にも老化した細胞を処理する能力も持っています。この処理をするときに使われるのが顆粒球の中にある活性酸素です。

 アドレナリンの刺激により大量発生した顆粒球は、これまた前述の通り寿命の短い細胞で、どんどん粘膜へ出て死んでしまいますけれども、なんとこのときに細胞内の活性酸素も撒き散らして死んでいくって言うからさあたいへん。通常体内の様々な組織はリンパ球の働きや粘膜によって保護されていますけれども、活性化した顆粒球の数には対応し切れませんので、粘膜層を破壊して下の組織まで活性酸素が到達してしまいます。

 そもそも細胞膜を破壊するために顆粒球の仲に蓄えられていた活性酸素ですから、当然活性酸素にさらされた各組織は炎症をおこしまして、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などをひきおこします。他にも腸内で活躍する善玉菌などの常在菌をも死滅させてしまうこともわかっています。場合によっては遺伝子を傷つけガン細胞さえ発生させてしまうというから怖いですね。