睡眠時間:7時間台…精神状態が最も健康的 日大調査結果

ということで、まあ、いまさらなんだよという系統のものですが、今回は“20歳以上の男女約2万5000人のデータを解析”したんだそうです。すごい大人数を調べたんですね。

ショートスリーパーやロングスリーパーはどうなん?というのはおいといて、一般的には7時間くらいの睡眠をとっているひとはうつ症状が少ないということのようです。

睡眠というのは体力の回復もそうですけれども、体力だけなら単純に身体を休めるだけでもある程度回復しますよねぇ。それ以上に、記憶の整理や脳の活動を休めたりするなど寝ないとどうにもならないものがあるわけですから、脳を休めるという意味が大きいんですよね。寝ている最中も脳はいろいろ動いていますけど、それでも日中活動しているときよりは負担は軽くなりますね。

ま、そんなわけで昔から言われていますけど、だいたい7時間は妥当なところでしょうか。

でも、そんなことはわかっちゃいても、世の中なかなか7時間も寝ていられないのが現実ですね。

まだ失業中なので職安には毎日通っておりますけれども、1日8時間で1ヶ月12~13万円にしかならない仕事なんてざらにあるんですよねぇ。

これではとても暮らしてなんかできませんから、まじめな方なら当然睡眠時間を削ってかけもちでいくつも仕事をして生活するわけです。ま、一方で定職持たず、上に書いたような給与より高額な生活保護をもらい、さらに生活保護かに入ることによってさまざまな免除などの保護をもらってぶらぶらしている人もいるのでまじめに仕事をするのがばからしくなっちゃいますよねぇ。

生活保護のシステムが悪いとは言いませんけど、まじめに働いている人より収入が多いってのはどうかと思いますよね。

まあ、個人的に給与格差はあって当然だと思いますけど、最低限まじめに働いてさえいれば、贅沢はできなくても普通に暮らしていけるような世の中であって欲しいとは思いますね。

実際に時間がない人、時間があってもさまざまな要因によって睡眠障害に陥る人などいろいろですけど、睡眠ももっとも基本的な健康法と捉えることができるんじゃないかと思います。大切にしたいですね。



井上 昌次郎
「快眠」最強の知恵―ぐっすり眠ってスッキリ起きる 気持ちよーく眠れる幸せ!
AD
なんか、韓国で鳥インフルエンザ発生だそうです。
また、そんな季節が巡ってきたんですね。

調査の結果、H5N1型ということが判明したそうです。

記事:韓国の鳥インフルエンザ、強毒性と確認

まあ、今回が初めてというわけでもありませんから大事には至らないとは思いますけれども、すでに空港などでは韓国からの渡航客に対して鳥フルぽいぽい実施中だそうです。

どちらかというと、H5N1型を判定するよりも、香港や現在のインドネシアで発生している人にやや感染しやすくなるような変異が見られるかどうかが重要なんですけどね。

また、家きん肉等の輸入停止措置もとられているようです。

記事:韓国からの家きん肉等の輸入一時停止措置について

そういえば、先日新聞を読んでいたら、まだタミフルなど新型インフルエンザ用のお薬の備蓄状況って、まだ予定の半分程度ということですから、あまり早くパンデミックが起こってもこまりますねぇ。
AD
フィリピンからの帰国後に狂犬病を発症した患者(輸入感染症例)について

フィリピンから帰国した60代の男性が狂犬病を発症、現在治療中なんだそうです。

狂犬病なんて過去のもの…と思うなかれ、国内では先人たちの努力により封じ込め、1957年以降は発生していないわけですが、なくなったわけではないことには注意が必要ですね。
※元ネタには、1970年にも一度同様の症例があることが書かれていますね。

尤も、国内でも野良犬や野生化したアライグマなどにも感染しているものがいると言いますし、基本的に脳裏から消えうせていると言うわけでもないと思いますけれども、やはり感染リスクはかなり低いですし、油断はしていたのでしょう。

ちなみに、狂犬病については有効な治療方法はなく、発症すれば 100% 死に至るという話です。みなさまも、海外等見知らぬ土地へ移動した際は感染症にはくれぐれもご注意を。

関連情報: 狂犬病
AD
つかさ、本読んでその通りやって儲かるならなんの苦労もいらないよね。
そもそも、そんな書籍を発行するころには、その手法はすでに過去のものであるわけだし。

つことで、単なるマニュアル本だったら意味がない。

失業中でもどっさり時間をもてあましているわけではないけれど、自由になる時間がまったくないわけでもないので、空いた時間を使ってちょこっと本屋さんで探してみた。

ほいで選んだのが

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

です。

内容はアフィリエイターの現状から始まって、心構えやテーマ選択、そのほかの細かなテクニックなどの解説などがありますが、私が買ってみたのは、この方がアフィリエイトを始める前に“独立、ビジネスを始めるが1年で失敗”して、“貧乏生活から這い上がってきた”人の書いた本だからです。

こういう方の書いている本は、内容よりも書いた人のマインドやモノの考え方、志向などがはっきりしていますし、実際、この本にはそうした実体験が随所に盛り込まれていました。

もちろん、貧乏生活を経験されておりますから、お金をかけずに情報を収集してネタにするなど、ワタクシのおかれている環境に合致したあたりも参考になりますしね(笑)

そんなわけで、この本を読んでもう少しおべんきょしてみますです。

本文とはまったく関係ありませんが、最初から帯のあることが前提になっている表紙デザインがわろてしまいますた。



伊藤 哲哉
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法