オゾン層回復傾向!

テーマ:
記事:フロンガス規制が効果を発揮――オゾン層が回復中

いやぁ~、めでてぇ~。

これで思う存分、超便利なフロンが使えるぜ!(違

なんか、オゾン層の回復はもちょっと先だったような気がしますけど、そうですかぁ。意外と早く効果が出てきたんですねぇ。

普通に考えると紫外線対策にかかる費用が結構負担だったりしますけど、このフロン対策にも国家予算が投じられてますし、業者では代替フロンの開発や設備の準備、交換、処理費用なんかがかかってきて、それが回りまわって自分たちの負担になりますし、直接的にもエアコン買い替えや処分費用の負担、単価の上昇なんかの負担も考えると、なにかと出費は大きかったんですよね。

ま、効果が出始めたということで、この出費が無駄にならなくてよかったよかった。

これからオゾンホールの縮小が始まるようですけれども、記事によれば80年代のレベルに戻るのにまだ半世紀ほどかかるみたいですから、私なんぞは生きてるかどうかもわかりませんけどね。ドクロ




桐生 広人, 山岡 寛人, 多田 ヒロシ, 村沢 英治
オゾンホールのなぞ―大気汚染がわかる本
AD

人用鳥フルワクチン試験結果

テーマ:
記事:ヒト用鳥インフルワクチン、1期臨床試験の結果発表

そうかぁ。

78.3%

は、抗体ができるんだねぇ。

残り

21.7%

は、予防についてはあきらめるしかないのかな。

罹らないように注意しなくちゃね。
普通のインフルエンザワクチンって、どのくらいの割合で抗体ができるのかなぁ?

記事には“全身および局部への副作用の監察結果などに基づき、人体に対するワクチンの安全性・有効性が基本的に証明された”って書いてあるけど、局部ってどこだろ。

アレか?

ま、そんなことはどうでもいいけど、被験者120人って、なかなかチャレンジャーだよね。

ちうごく様だから、ひょっとしたら一般の人ではないかもね。

これ、売り出したら大もうけだな。

ま、こういうのを邪推というわけだけど。ヽ(;´Д`)ノ

なにはさておき、予防だけでは心もとない。
タミフルみたいな治療薬で、もう少し鳥フルに対抗できて、より安全なものができるといいね。
AD
記事:戦時中のウラン化合物か、新潟・柏崎高で見つかる

こえぇ~。

これ、どういう状態で見つかったのかわからないけど、見つけた業者さん、ぶったまげたろうなぁ。

ちなみに、柏崎高校ってのは、このあたりでは一番レベルの高い高校でつ。

まあ、とりあえず人体や周囲への影響はないってことらしいですけど、見た目でわかるわけもなし。

ちょっと怖いですね。
AD

6年振りに出生数増加

テーマ:
 厚労省の発表した『人口動態調査』によりますと、今年の上半期は昨年上半期と比べてなんと!出生数11,628人が増えたんだそうです。ついでと言ってはなんですが、死亡数も4,589人減りましたので、あわせて16,207人の自然増加となりました。

 いやぁ~、去年は減少に転じたなんてニュースがありましたけど、さすがに多少の危機感はあったのかなぁ。

 まあ、私も個人的には現在の人口は少々多すぎかなぁ~なんてなことは思うわけですけれども、現役世代の急激な減少は国家の存続そのものを直撃してしまいそうですからね。

 ま、とりあえず、めでたいです。

 読売さんの記事をみてみますと、改善理由に“「20代の初婚率が下げ止まるとともに30代の初婚率が上昇傾向にある」”ということで、個人的な感想としては、だいたい自由に行動できる年齢幅というのが歴史的に明らかになってきて、ここらでいっぱいという条件が固定されてきたということでしょうか。時代に乗せられて行き遅れちゃった方なんかは、歴史の残酷さをヒシヒシと感じていらっしゃるかもしれません…なんて、全部オレの思い込み!(by長井秀和)

 とはいえ、団塊の世代も今後20~30年で順次パタパタとお迎えがきますから、大きな流れとしては人口減少へ向かっているわけですけれども、これからの出生数はさておきまして、一時的に高齢者が多くて現役世代の少ない時代が発生しますから、いかにして国を支えていくか考えないといけませんね。

腹減った

テーマ:
あのさー!

休むとさー!

腹減るんだよねぇ~!

やっぱりストレスは想像以上に身体に悪いようです。

でも、反動でお腹が空きすぎるのもどうかと思う。

メシ食いまくり…orz

あとで体重が心配だ。
鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新24

西ジャワの16才の男の子で、8月4日に入院し、8月7日に死亡だそうです。

これで死亡合計

43人

で、WHOによる公式発表されたなかでは、かつてのベトナムの42人を超えて、ついに最悪の死亡者数となってしまいました。ちなみに、ベトナムは、2006年度は患者、死亡者ともに報告はありません。

報告には

家で弱ったり死んだりしていた鶏への接触

と書いてありますけど、そゆのには触ってはいけませんという御触れが隅々まで届くのに、そんなに時間がかかるものなんでしょうか。とても残念です。

ま、これはあくまで公式発表の数値ですので、中国の件のような事例はまだまだたくさんあるでしょうし、人知れずお亡くなりになっている方も多いでしょうから、ぼちぼち実態が知りたいですねぇ。

台風きたー!

テーマ:
なんかさ、梅雨明けが遅くなったからって、なにもまとめてこなくても…って感じですよねぇ。

7号
8号
9号

7号は本州上陸っぽいね。

というわけで、

Yahoo!災害情報の

台風に備える

でもみて、予習しておきましょう。

あと、台風の通貨経路に入っているみなさまは、今後の気象情報に十分ご注意を。

ま、これから台風シーズンになりますし、みなさまお気をつけくらさいませぇ~。

ドリンク剤からもベンゼン

テーマ:
このあいだDHCのアロエベラからベンゼンが検出されたことを書きましたけど、安息香酸とアスコルビン酸ならドリンク剤が怪しいよなぁ~なんて思っていたら、国立医薬品食品衛生研究所一応検査をしていたようです。

その結果、21品目中1品目、

小林薬学工業株式会社



新ベッセンアイ

から

15.4ppb

のベンゼンが検出されたようです。

さすがそれなりの薬効を標榜しているだけあって、その他の製品は3.1ppbを筆頭に、少ないものでは検出限界未満だそうです。

ダメじゃん、小林薬学工業。

ま、それでもDHCの73.6ppbには遠くおよびませんが…。ヽ(;´Д`)ノ

投薬生活2

テーマ:
先々週、お医者さんが言っていた。

「えぇ~っと、2週間たったら一度お薬飲むのやめてみてください」



2週間たった。



お薬やめてみた。



メシ食った。



痛い…ヽ(;´Д`)ノ



さっぱり治る気配なし…orz

ま、ちぼち悪くなるのはなくなったし。

しばらく様子みてみるか…。