[鳥フル] in トルコ周辺

テーマ:
 どうやらイラクはほぼ確定のようですねぇ。14才の女の子だそうです。なんか、WHOによる検査では陰性だったらしいんですけど、再度詳細に検査した結果陽性反応がでたということですので、WHOの検査というのも意外とあてにならないみたいですね。ほいで、この子のおじさん(40才)も、似たような症状でお亡くなりになっているそうですから、ちょっとヤバげな状況のようです。

ネタ元:
イラクで初の鳥インフルエンザ感染死――保健相が会見
鳥インフルエンザ、イラクで初の感染…14歳少女死亡
イラクで鳥インフル感染死 トルコ経由か
初の鳥インフル死者=スレイマニヤで死亡の少女-イラク

 それとトルコの下にちょこんと浮かぶキプロスですけれども、ここでも家きんに鳥インフルエンザ感染が見つかっているようです。トルコで発生したものと同じウイルスなら人への感染も懸念されますね。

ネタ元:
北キプロスで鳥インフルエンザ・EUが確認

 そうそう、トルコ周辺ではありませんけれども、現在のトルコ同様、2003年に人へ感染しやすい高病原性鳥インフルエンザが見つかっている香港でも野鳥への感染が確認されているようです。こちらも要注意ですね。

ネタ元:
野鳥から再びH5N1型 香港



AD

[鳥フル] in アレげネタに参戦

テーマ:
 ここでは基本姿勢として確定していない情報は流さない方向で書いてますけど、uhauhookwwwさんの影響を受けまして、たまにはまあ、いろいろなネタもあった方が変化がありますので、ちょびっとネタ提供などなど。

サウジで鳥インフルか ハヤブサ5羽から
 なんか、「狩りに使っているハヤブサ」って言うから鷹匠に使っているハヤブサが、どうやら鳥インフルエンザにかかってしまったようですね。感染が確認された5羽を含む37羽が廃棄処分ということですから、貴重なハヤブサにとってはかなりの痛手じゃないでしょうか。

茨城で捕獲ウミウ 岐阜県 無料検査 鳥インフルエンザ禍 鶏対策に忙殺
 なんだかさっぱりわからない件名がついておりますけれども、所変わって日本では、同じ狩り(と言ってもお魚ですが)をする鳥として長良川の鵜飼が有名ですね。でも、この鵜を供給しているのって茨城県の日立市なんだそうです。ぜんせん知りませんでした。で、その茨城県は、例の鳥インフルエンザ騒動でそれどころじゃないそうで、家畜伝染病予防法の検査対象外になっている鵜は放置プレイ。それじゃあってんで、岐阜県畜産課が鵜飼を保護するために検査を実施したんだそうです。

 幸い、対象となった51羽については感染は見つからなかったそうです。

 日本にも鷹匠は残っていると思うんですけど、大丈夫なんですかねぇ?

イラクで死亡した男性、鳥インフルエンザ感染有無を検査へ
 ようやく人感染のニュースですけれども、トルコのお隣イラクで疑い例が発生していて、いまWHO関連の研究施設で検査中のようです。

 う~ん、まだ国家がしっかりと成立していないので、ここでの感染はかなりリスキーな気がしなくもないですが…。




岡田 晴恵
鳥インフルエンザの脅威
AD

韓国産パプリカ

テーマ:
 う~ん、このくらい低レベルの検出となると、もうどうでもよさそうな気がしなくもないですけど、違反は違反ですからねぇ。

 というわけで、韓国産生鮮パプリカに、先日の中国産キャベツと同じ残留農薬『クロルピリホス』が検出されたんだそうです。

 今回は基準値0.5ppmに対して0.6ppmですから、人体への影響のほどはたいしたことはないと思われますけれども、問題なのは「措置状況:流通状況調査中」ってところですかねぇ。

 で、参考に載っている前回の違反では、「200カートンは消費済み、9カートンは回収、廃棄済み」となっていますから、普通に市場に出回っちゃっているってことですよね。

 やっぱり特亜産の輸入食材については全量検査を義務付けちゃったほうが結果的に安上がりだったりするかもしれないね。

ネタ元:
輸入食品に対する検査命令の実施について(韓国産パプリカ)




山口 英昌
これでわかる食の安全読本―食品添加物・残留農薬・輸入食品行政はいま
AD

[鳥フル] in きょうのあれこれ

テーマ:
 なんか、アメで鳥インフルエンザワクチンができたらしいですね。まあ、まだ動物実験しかできていないようですけれども、人にも使えるかどうか臨床試験する予定だそうです。

 で、その方法ってのが、風邪のアデノウイルスの表面たんぱくの遺伝子を鳥インフルエンザのものに取り替えちゃうんだそうです。う~ん、一応増殖はないということですけれども、ちょっぴり怖いですねぇ。インフルエンザを超えるなぞのウイルスに変異したりしないんでしょうか。(^^;

 ついでに、新型インフルエンザが発生したときに有効かどうかというのは、これまた別のお話になるかと思いますから困りますね。

ネタ元:
鳥インフルエンザワクチン開発、ニワトリの感染は阻止

 それと、タミフル関係のニュースのタイトルを2つ。

 『タミフルの副作用「懸念なし」 厚労省が調査報告』(朝日)
 『タミフル:服用後死亡42人に 40人は因果関係なし』(毎日)

 …う~ん、同じ記事とは思えない。

 ま、報道発表から考えるとアカピのタイトルが妥当ですね。毎日も間違ってはいないけど、あからさまにタミフルで42人死亡したかのように誤認させるような書き方です。

中国産キャベツ

テーマ:
 中国産キャベツに残留農薬が見つかった…まではよかったんですけれども、2件の違反のうち、1件は全量消費済み…orz

 2件目も1,239カートンのうち、541カートンが追跡中。

 う~ん、ちうごく産の残留農薬の違反はあまりにも多いので、常時全量検査を義務付けないと、健康を害してからでは間に合わないんぢゃないでしょうか?

 ひょっとして、ちうごくはニポーン人殲滅でも狙ってんのかな?

 ま、こういう違反を調べるようになってからは、ツレにもちうごく産の生鮮食料品には手を出さないようにお願いしていますけど、外食したりもしますし、気がつかないうちに結構食べちゃっているかもしれませんねぇ…。

 ちなみに、今回違反のあった クロルピリホスですけど、農業やシロアリ駆除などに広く使われている有機燐系殺虫剤で、頭痛・筋肉の攣縮・衰弱などの急性中毒症状、発赤や浮腫・化学熱傷を生じる皮膚刺激症状など強い毒性があるんだそうです。

 まあ、多少食べたところですぐにどうなるわけではありませんけれども、こうして並べるとなかなかこわひものがありますね。

ネタ元:
輸入食品に対する検査命令の実施について(中国産キャベツ)






増尾 清
毒を落として安心ごはん―食品添加物 ダイオキシン 残留農薬…



米国食品医薬品局, PAM日本語版編集委員会
FDA残留農薬分析マニュアル

[鳥フル] WHOへの通報を勧告

テーマ:
 えぇ~、おそらく特亜とか特亜とか特亜あたりをさしているんだとおもいますけれども、新型インフルエンザの封じ込めにはやっぱり早期発見とばかりに、本来予定されていた鳥インフルエンザ発生の通報を来年から前倒しにして、すぐにはじめんかゴラァ!ということになったようです。

 ま、確かにこの年末年始に急速な感染拡大を見せましたので、予想より早く新型が発生する可能性もあるわけですし、これはもう、国連に加盟しているとかしていないとか、そういう次元の話ではなくなってきているということなんでしょうね。

 日本も後からのんびり疑い例なんて発表していないで、しっかりと確定症例の発表を行っていただきたいと思います。

ネタ元:
鳥インフルの通報を勧告 WHO、新規則前倒し

耐性ウイルス、日本でも…。

テーマ:
 先日アメで使用中止勧告の出ていた「アマンタジンとリマンタジン」ですけれども、日本でも耐性ウイルスが9割ほどになっているんだそうです。ちなみにウイルスはAほんぐこんぐ型(H3N2)。

 いまのところ、どうして急にこれほど大量に耐性ウイルスが発生したのかわかっていないようです。

 ま、前も書きました通り、日本はもっぱらタミフル用のモルモットと化しておりますから、アマンタジンがインフルエンザの治療に使えないからといって急にえらいこっちゃなことにはなりませんけれども、タミフルにも同じ現象が発生しないとも限らない状況や目前に迫ってきた新型インフルエンザのパンデミックのことを考えますと、使用開始を48時間以内に限定したり、医師の許可が下りるまで使用を中止しないなど、使い方にはかなり慎重にならないといけないようですね。

ネタ元:
今冬のインフルエンザ、薬への耐性広がる?
 人口の6割以上が肥満の超でぶ大国アメリカで、ゲームを使った健康プログラムを実施するんだそうです。ゲームは「ダンス・ダンス・レボリューション(DDR)」。でも、アメリカ脳の場合、単純にお腹がすいて余計高カロリー食に走るだけな気がしなくもないですけどね。

 ま、何かとデメリットの強調されることの多いテレビゲームですけれども、今回みたいに子供の興味を引くには良い素材ですし、何より楽しそうです。楽しくなければ続かないですからね。

 こういったゲームの良いところを使って教育に生かすというのはいい傾向ではあると思いますけれども、「うちの子がゲームでダメニンゲンになったのはお前のせいだ!」とか言いがかりを付けられて、訴えられないといいですけどね。

 がんがれおでぶ大国の子供たち。

ネタ元:
ゲームで子どもの肥満対策、米州がダンレボ導入

インフルエンザ包囲網

テーマ:
 山形県、新潟県、富山県、石川県以外は注意報以上。

 うひょぉ~、新潟も徐々に包囲網が迫ってきた感じ。たしか新潟も地域的には注意報が出ていたような気がしたけど、どうだったかな?

 それにしても九州すごいなぁ。全域警報発令中かぁ。今年はほとんどAほんぐこんぐ型(H3N2)なのに、なかなか侮れないなぁ。

 ほいで、某たぬどんは、すっかり風邪ひいちゃったのかな?38度以上のおねちゅがでるなら、お仕事なんてほったらかしてお医者さんへ行ったほうが良いよ。風邪はコンジョーで治しても良いけど、インフルエンザだとまわりまわって高齢者施設で集団感染なんてよそ様にもご迷惑をおかけしてしまうこともあるので。

 普通の成人なら重症化はしないと思うので、自宅待機でも良いかもね。しとり暮らしだと誰にも発見されずに…なんてことがなくもないので気をつけよう。

 お医者さんに行くと鼻をこそこそされるけど、インフルエンザかどうかはすぐにわかるから。タミフル出たらレポよろしくね。

ネタ元:
インフル流行レベルマップ 2006年第2週 (1月9日~1月15日)
某たぬどんち。