過剰反応

テーマ:
野生の鳥を殺しても鳥インフルエンザの感染防止にならず=国連

 ま、気持ちはわからないでもないけど、野鳥内で循環している間は低病原性なので、意味ねーじゃん。つわけで、家きん類を如何に野生の鳥と分離するかってのが問題になりますな。もちろん、飼育鶏舎ばかりではなく、えさやヒトの出入りなどもしっかりと管理しないといけないのは言うまでもありませんが…。
AD

微妙にネタずれ

テーマ:
細木数子さんの発言、養鶏協会が抗議 フジテレビに

 ということで、なにもこの時期にこんな発言しなくても…という記事でした。

 実際のところどうなんでしょうねぇ?一応、鳥インフルエンザは鶏肉や鶏卵を経由した感染は今のところないんですけれども、やっぱり不安に思う方も多いのでしょうか。

 基本的なところでは、鳥への感染初期は呼吸器系で増殖しますから、このあたりはグレーゾーンでしょうか。ほいで、ウイルスは免疫によって粘膜上へ排出されますから消化管やフンはブラックゾーンですね。しかも、現在の高病原性鳥インフルエンザは、基本的にヒト感染できるタイプではありませんから、相当量の摂取が必要になります。また、ヒトに対しても肺などに入り込まないと増殖しませんから、食べることによる感染リスクはかなり低いです。ほいで、基本的なところでは鶏肉の場合加熱調理をして食べますから、ウイルスは死滅してしまいます。さらに、現時点では大変かわいそうではありますが、発生鶏舎のすべてを処分ということになっています。従いまして、鳥インフルエンザ発生に関わる検査や消毒をする方や従業員、直接食肉処理をする方以外の感染は、現時点ではほとんど考えられないわけです。

 ま、時期が時期だけに不安を煽って注目でも集めたかったのかな?こうして前振りでもしておけば、パンデミックが始まったときに「それみたことか」といえますからね。あ、これは微妙に話が違うか。
AD

禁煙っすか。

テーマ:
とらばステーション

 喫煙の発がん性はひとまずおいといて、健康によくないのは間違いねっすね。

 私は恥ずかしながら喫煙者なんですけれども、一日10本程度のライトスモカです。吸うなといわれりゃ何時間吸わなくても平気ですし、もちろん、吸ってはいけないところで吸うこともありませn。家でも換気扇の真下で吸ってます。おそらくお医者さんでテストをしてもニコチン依存性はほとんど見られないことでしょう。

 ですので、禁煙をしようという気がさらさらありません。ま、こういう状態が一番の落とし穴でもあって、きっと禁煙を始めても完全にはやめられないのでしょうね。

 ま、インフルエンザも呼吸器に取り付いて増殖しますから、のどの粘膜が弱っていたりすると感染しやすいですからね。もう少し意識的にセーブしとこかな。
AD

をを、遺伝子変異

テーマ:
【中国】鳥インフルエンザ拡大、農業部「遺伝子変異している」

 元々カモの中で循環していた低病原性のH5N1鳥インフルエンザがニワトリの中で増殖しているうちに高病原性鳥インフルエンザに変異したってことなんですけれども、さらに斜め上に変異したものが見つかったのかな?こわひ…。

他にもいろいろ感染症

テーマ:
感染症週報 2005年45週

咽頭結膜熱が平年に比べてかなり多いということなんですけれども、これは夏になると「プール入っちゃいけません」病ですよねぇ。なんかアデノウイルスによる感染症だそうです。夏にピークがあるんですけれども、12月にもプチピークがあるみたいで不思議ですね。

あと、平年どおりの遂行ですけれども、ノロウイルスによる感染性胃腸炎も増加傾向のようです。

どちらも基本的な衛生管理をしっかりすれば防ぐことができるとされているんですけど、インフルエンザなどで対策が叫ばれるこの時期になぜか発生数が多いんですよねぇ。

きょうの鳥フル

テーマ:
アジアでの鳥インフルエンザ流行状況-更新42

 ベトナムの独走態勢が続いていますね、まあ、ダークホースとしては、これからの中国の動向を見守る必要はあるかと思いますけれども、感染するヒトが多ければ多いほどヒトーヒト感染の亜型発生のリスクは高まるわけですから、なかなか目が話せませんねぇ。

きょうの鳥フル

テーマ:
【インドネシア】ロシュ、抗流感タミフルのイ製造を許可

 インドネシアとタイ、フィリピン政府にはタミフルの製造をそれぞれの国内向けに限って許可するようです。フィリピンはともかく、他は現時点ですでに高リスク地域でもありますし、それぞれの国内ではいくらか流行が緩和できるのではないかなぁ~と思います。でも、台湾とか中国とか、どうするんでしょうねぇ。やっぱり暴挙に出るほかないのかなぁ。それで粗悪品や似非タミフルが出回っても困りますしねぇ。中国なんか、「八角売ってやんね」なんてことになったらそれこそ一大事ですね。

<取材ファイル> タミフル備蓄もいいけれど…

 で、加熱するタミフル備蓄ブームに警鐘を鳴らす記者さんです。うん、まあ、その通りです。リレンザ。タミフル2500万人分に対してリレンザ75万人分は少ないですか…。ま、確かに少ないですね。リレンザ安心ですか。う~ん、これはタミフル並に使いまくってみないと、実際のところ副作用ってわからないですよねぇ。逆にタミフルはこれだけ使いまくってこの程度(って副作用疑いの方には大変申し訳ないんですけれども)なので、安全性はかなり証明されているような気がしなくもないです。お薬なんて、結局毒物ですからね。
 でも、心配なのはスペイン風邪の時のように若年層にたくさん死者が発生するようなケースかなぁ。それでなくても、これから人口減少で労働者人口が極端に減少していく時期に入るのに、新型インフルエンザで若い世代ばかりがパタパタ逝ってしまったら、もう日本を支えることが不可能になってしまいますよね。ま、気ぃ~つけてくらさいませ。

ロシュも大変だな。

テーマ:
台湾も「タミフル」独自生産・インフルエンザ対策「見切り発車」
インドネシア、3─5カ月以内にタミフル製造開始へ

 ま、アメも緊急時には暴挙に出ることを表明していますし、今後、こんな動きが広まってくるのかもしれませんね。インドネシアでは、製造を容認する形になるようです。

中国、鳥インフルエンザ感染23例目を確認

 ちうごくでは、着々と報告があがってきているようです。鳥の分だけですけど。ヒト感染はどうなんでしょうねぇ?比較的管理体制の整っているニポーンですら感染者は発生していたのですから、中国なら鳥インフルエンザ発生農場や周辺関係者等、全員検査しまくったほうがいいような気がするんですけどねぇ。

きのうの一日

テーマ:
06:30 起床
08:00 通勤
 ~出稼ぎ先でお仕事~
19:30 移動
 ~自分の会社でお仕事~
21:15 退社
21:45 ご飯
22:10 お風呂
22:45 インタネッツ徘徊
23:15 ビールのみのみ、ちくしさんとごろちゃん見る。
00:30 就寝

 きのうは結構早く寝たんですけど、いろいろなところに無理がありますなぁ…。ご飯食べた後すぐにお風呂に入っているし、寝るのは0時を回っているし。強いて言えば就寝2時間前にはご飯を食べ終えているところくらいかなぁ。先日『人は何時間残業できるか?』で書いた健康的なすちぇじゅれとは程遠い現実ですねぇ…。