セミナーのご案内

テーマ:
NPO法人ワールドホリスティックアソシエーションでは、毎月第一金曜日に「柏崎患者塾連続講座」を開催します。

インチキ療法や金儲け至上主義のお医者さんにだまされないように、患者も賢くなりましょう。

場所:新潟県柏崎市鯨波1-3-1
時間:18:00~20:00
受講料:WHA会員 \100、非会員 \500

H17年11月04日「世界のホリスティック医療の現状」
~「食事学と栄養学の違い」本当に豊かな食事とは何か考えてみましょう。

H17年12月02日「カウンセリング講座」
~聞く、話すという本当の意味を理解して理論的、経験的に学ぼう。医師と話すときの裏技教えます!

H18年01月13日「世界でたった一つの花」
~自分の個性とミッションを考えてホントの自分を見つめてみよう。

H18年02月03日「オーダーメイドメディスン」
~自分の医療は自分で創ろう!保健医療の裏側。

H18年03月10日「これからの歯科医療について」
~歯医者さんの中に色んな科があるの知ってます?歯科、矯正歯科、歯周病科、口腔外科…。

H18年04月14日「これからのことをみんなで話そう!」

1話完結なので、どこから参加してもOK。お気軽にご参加ください。

申し込み、問い合わせは

ワールドホリスティックアソシエーション みずき野事務局
http://www.wha-japan.com/
TEL: 025-239-0211 FAX: 025-239-0212

または

主催: ナチュラルメディカル
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/3207/index.html
ssto@sannet.ne.jp
TEL/FAX: 0257-21-1625
WHA 理事長 下條 穣瑠 (しもじょうしげる)

お気軽にご参加ください。
AD

セアカゴケグモ

京都府内のセアカゴケグモの生息確認について

 う~ん、どこから紛れ込んできたのかわかりませんけど、もともと大阪など近畿地方で多く見つかっているセアカゴケグモですけれども、ちょっと前には群馬県でも見つかっていますし、着々と全国制覇を狙ってますね。

 一応毒グモで、大阪では命に別状はありませんでしたけど、かまれる被害が発生していますし、あまり侮ってはいられないようです。もっとも、死亡事故となるとアナフィラキシーショックによるものでしょうから、めったにおきないんでしょうけどね。

 なにぶん、小さい上に生息域が側溝のふたの裏とか目立たないところにいますから完全駆除が難しく、暖かい国のクモなのに、日本の冬も越してしっかりと繁殖もしているようなので、気をつけるしかないようですね。

 件の報告でも踏みつけるか殺虫剤で駆除って書いてありますから、ま、直接触るようなことだけは避けていただきたいと思います。あと、かまれたら、できるだけかんだクモを探してやっつけて、お医者さんに持ち込むと治療方針の決定が早いようです。…って、お医者さんが知らなかったら困るなぁ~。保健所の方が早いかな。
AD

森林浴で元気になろう

テーマ:
森林浴が抗がんタンパク質を増加させること等について

 ということで、以前から森林セラピーによる効果の科学的知見やらなにやらの調査を推し進めていた農水省の研究プロジェクトの一環で、こんなことを調べていたようなんですけれども、とにかく森林浴には抗がん作用があるってことのようです。

 で、その仕組みが詳しく書かれていないんですけれども、おそらくフィトンチット(森の香りっす)によって副交感神経が優位になって、リンパ球の一種であるNK細胞が増殖し、抗がんたんぱく質をたくさん作ったからNK活性が増強みたいな感じなんですかねぇ。

 それにしても、高ストレスのヒトをアンケートや血液検査で12人抽出って書いてありましたけど、選抜されてしまった方は「ヤバゲ」の烙印を押されたようで、ちょっとお気の毒ですね。ま、実験への協力名目で2泊3日でいい休養が出来たのではないでしょうか。よかったですね。

 何はともあれ、森林がなければ森林浴はできませんので、環境破壊にはやっぱり注意を払っていかないといけないんですね。

 ところで、フィトンチット浴びまくりのでーくさんとか林業のおじさんにはガン患者さんって少ないのかなぁ?
AD

アメこえぇ~(4)

テーマ:
BSE問題で批判噴出、FDAの飼料規制めぐり=米国
FDAの修正飼料規制を厳しく批判、「BSE汚染拡大は必至」=米消費者同盟(CU)

 ニポーンには圧力をかけておきながら、自分のところの規制は甘くする一方ってんだから困りますなぁ。

 たしかアメはアルツハマーと診断される患者が異様に多いんですよね。で、その一部を見直したら変異型クロイツフエルトヤコブ病だったなんてにうすがあったように記憶しておりますので、怖すぎますな。

 このままでは変異型ヤコブ病天国の汚名を着せられるのは必至ですので、いまのうちに他国にも移出してしまいたいとでも考えているんでしょうか。コワス!

アメこえぇ~(2)

テーマ:
輸入牛肉にBSE感染牛、食品安全委が「可能性低い」
 圧力ですよ、ええ。アメ牛輸入再開ほぼ決定っすよ。世界貿易なんちゃらに提訴されていて、輸入停止にはそれなりの科学的根拠が必要ってことらしいですけど、全頭検査には科学的根拠なんてものはありませんから、ぼちぼち暫定措置をといて輸入しないとけないらしいんです。

 でも、アメはいまだに全頭検査してるニポーン産の牛は輸入再開していないんですよねぇ…。

 怖いのは、輸入再開すると、どこから入ってくるかわからないってことかなぁ。インスタントラーメンのスープとか、外食とか、ポタージュスープや調味料にも牛肉エキスとか書いてありますよね。ってか、正直避けようがありません。_| ̄|○

ウエストナイル熱

テーマ:
西ナイル熱が国内初の発症

 ってなことで、国内初ですよ、国内初。一応、ロサンゼルスに滞在していたのでアメで感染したんじゃね?ということらしいです。

 アメでは毎年何十人も亡くなられていて、今年もすでに52人。カナダも含めると61人の方が亡くなられています。患者さんが1804人で52人ってことは、えぇ~っと、致死率およそ3%。なかなか凶悪ですね。

 つか、蚊に刺されるだけで感染しますから、毎年何人がアメに言っているのかわかりませんけれども、これまでなかったということのほうが不思議ですよねぇ。

 去年はたしか沖縄県の女性で疑い例があったけど、抗体がなかったから白判定ってのがありましたね、

 ま、よっぽどのことがない限りはヒトーヒト感染はありませんので、川崎市民のみなさまはひとまずご安心いただきたいと思いますけれども、蚊の一匹や二匹、どこから侵入してくるかわかったもんぢゃありませんからねぇ。

 ちなみに対策は長袖長ズボン、虫除け剤なんだそうです。普通の虫除け対策ですね。

参考:米国から帰国したウエストナイル熱患者の輸入感染例について