安保せんせ

テーマ:
 きのう、注目の新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(…肩書きが長すぎる)の安保徹(あぼ とおる)先生の講演会に行ってきたんです。

 免疫の自律神経支配の法則を通して、病気(特に慢性疾患)を自然治癒させようとする考え方(いわゆる安保理論)を提唱してしまったばっかりに、医師会からバッシングを受けてしまったりして、いまだに異端扱いされていたりするんですけれども、いやまあ、おもろい講演会でした。

 慢性疾患といえば、適当な病名がつけられて、実際治療方法もないまま対症療法が続けられていたりするのはご存知のとおりかと思いますけれども、それらの発病までのプロセスを免疫を通して解明したのが安保先生なんですねぇ。しかも、対症療法は治療とは逆向きの方向に進んでいることも指摘されています。

 講演会では無理すれば交感神経が刺激されて血管が細くなって血流が悪くなったり、顆粒球が増えて炎症を起こしたり潰瘍やガンになる、楽をしすぎれば副交感神経が過剰に優位になって、血管が広がりすぎて血流が悪くなったり、リンパ球が増えてアレルギー症状がでたり。血流の悪化は免疫システムのバランスを崩したり、「冷え」を起こしたり、結局は身体を悪くしてしまうんですね。

 つまりは、昼間はしっかり活動して、夜はゆっくり休養し、自律神経のバランスを整えてあげれば、病気になんかならないし、根本的な治癒にもなるんだよというお話でした。

 で、青森出身ということで、”つんがるべぇん”なまりが入っていて、またーりとしたいい感じしゃべり方の先生で、独特な雰囲気のある方です。これまでも著書などを拝見させておりましたので、これといって目新しい発見はありませんでしたけれども、やっぱり提唱元なので知識が豊富で説明もわかりやすかったです。

 先日のNK-T細胞の記事にもありましたように、ガンの免疫療法についてはだいぶ実績も上がってきましたし、あとは、安保理論に付きまとっている胡散臭さの払拭とか、どこまで安全性が確認されているとか、自力ではどこまで応用できるかとか、まだまだ考えなくてはいけないことは多そうです。
AD

再検査

テーマ:
 きのう再検査に行ってきました。HDLコレステロール、中性脂肪、ALPが再検査。

 去年とは違う病院に行ったんですけど、なんか、ALPは、お医者さんには同じくO型の人に多くなる性質の人がいるってことで、あっさりスルーされてしまいました。

 中性脂肪は10時間以内に食べたものがでてくるのだそうで、たしかに検診前日は夕飯も9時過ぎだったかと思いますので、この辺りが怪しいですね。

 そうそう、また検査用に血を1本とられたんですけど、このところ検診だとか検査だとかで血管の上の皮膚がぽこぽこへこんでいましたので、きのうは違う血管に刺していました。これって何か基準みたいのってあるのかなぁ?

 ほいで、やっぱり超音波エコーでおなかの中を見て、はい、終了。今回の先生は、おなかの中のいろいろなところを見せてくれて、おもろかったです。これが脾臓だとか腎臓だとか、あの画像って、素人が見ても、いったいどうなっているのかさっぱりわかりませんけれども、お医者さんはしっかりわかっているようです。(あたりまえか)

 きょうには結果が出ているはずですので、気が向いたら取りに行こうかと思います。
AD

低コレステロール血症

テーマ:
 今回の健康診断ではHDLコレステロールが足りなくて、基準値40mg/dl以上のところが36mg/dlしかありませんでした。ってことは、

 もっと肉食えゴルァ!

ってことなのかなぁ。

 ま、そりはさておき、ぐぐって一番上の『コレステロールについて』の一番下の「HDLが少ないとき」を見てみますと、

---
ビタミンCを毎食後1000mg程度づつ摂取、レバーや納豆に多く含まれる、パントテン酸を摂取、糖尿病でなければ、ナイアシンを多く摂取、青魚(EPA、DHA)を摂取、シソ油(α-リノレン酸)を摂取
--

 となっています。う~ん、一応、気にしている部分ですので多く摂取するようには心がけているんですけどねぇ。

 時期的に秋刀魚がおいちぃ~季節ですから青魚は問題ありませんし、普段からアジなんかも好きなんですよねぇ。で、ビタミンCはドリンク剤や飴、生野菜や果物で足りているはずですし、ナイアシンはカツオのたたきなんか結構食べますし。

 あ、納豆やレバーはあまり食べませんね。あと、α-リノレン酸も、あまり意識していませんのでちょっと自信がありません。えごま油、しそ油、なたね油、大豆油ですかぁ。う~ん、うちにそんなのなさそうですねぇ。

 ま、まったりと再検査に行ってみますか。ヽ(´ー`)ノ
AD

新潟にお越しの際は

テーマ:
 ぜひお声をかけてください。良い整体師紹介しますぜぇ~。

 というのは置いといて、このところ体重が減りっぱなしです。なんか、食べても太らない。

 BMI 19、肥満度-13%、体脂肪率11%…。

 元々太っているほうではありませんけど、中年オヤジにしてこの指数となりますと、さすがに疲れやすさが身にしみてきますねぇ。血圧も低くて 110/69 だし…。

 ああ、それなのにそれなのに、この夏の健康診断でHDLコレステロールとALPが引っかかってしまった。昨年同様、要精密検査。これで初診料\3000くらいと検査費用取られるんだから、医療業界マジックにかかっているみたいでなんか嫌だなぁ。

 健康的に体重を増やすには…、あ、たんぱく質やアミノ酸をたくさんとって、もっと運動して筋肉つけろってことかな。それはそれで大変そうだ。

ホスピタルダイエット

テーマ:
「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例について

 ということで、また犠牲者と思しき若き乙女がひとり。

 読売の記事によれば、まだ10代だっていうじゃないですか。10代女性なんて、成長過程の都合上、そもそもぶんぶくりんのぱんぱんが普通なんですから、なんで身体を壊してまで「楽して」やせたいかなぁ。

 食べたいやせたいって乙女心がわからないわけでもないけど、まずは自分の食生活を見直すって考えは働かないものなんでしょうかねぇ。

 これって、前も一度、神奈川県でホスピタルダイエットが原因と疑われる死亡者発生ということでここでも書きましたけど、こう続いているのを見ていますと、なかなか凶悪な毒薬ですねぇ。

 冒頭の厚労省の注意喚起文にもありますけれども、『個人輸入であっても、麻薬及び向精神薬取締法で禁じられております。 』ということですので、すでにアレな世界にいっちゃって無い人は絶対に手を出してはいけません。所持だけでしょっぴかれますので注意しましょう。そして、すでにヤバげなご友人を見かけたら、こっちの世界へ引き戻してあげましょう。ヽ(´ー`)ノ

厚労省、必死だなぁ…。

テーマ:
高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食品の食品健康影響評価依頼に係るQ&A

 ま、要するに健康エコナの話ですね。
 わざわざ読むのにワンアクション余計に必要なPDFにしているのがコンチキショーな感じです。

 きっと公然の秘密の要求のために花王を締め付けてやろうとちょっと意地悪してみたら、トクホの承認だとかなんだとかで、逆に自分のところがたたかれまくってしまったので、取り繕いに必死なんでしょうねぇ。

 で、そのQ&Aを見ると、一応安全性についての検証はできているから、いますぐどうこうということはない…から、安心して死んでくれと書いてあるんですよね。

 実際、遺伝子操作で発ガンしやすいように改良したラットを使った試験では、オスの舌で発ガンプロモーション作用が示唆されているということです。そしたら、遺伝的にガン家系の男の人なんかは怖くて食べられないじゃないですかぁ。(T∀T)

 というわけで、疑わしいなら検証結果がでるまで販売停止にするとか、せめて危険性に関する注意書きや広告の禁止なんて策は取れないものなんでしょうかねぇ。

NKT細胞

テーマ:
特殊な免疫細胞で末期がん患者延命…理研・千葉大

 なんだそうで、えぇ~、免疫療法にもちょびっと芽が出始めたかな?というニュース。

 免疫革命などの著書で知られる安保先生あたりのいわゆる安保理論っていうのがあるんですけど、まあ、免疫バランスを整えてあげるとほとんどの病気は治っちゃうよってものなんですね。

 その理屈は適当に免疫関係のウェブを見てもらえれば概ね理解できると思いますけれども、確かに理屈ではわかっていても、治療成績がまるっとあがらず、巷ではオカルト療法呼ばわりされていたりするんですよね。

 ま、今回のは患者のNKT細胞を拾ってきて増殖させてから患者に戻すなんてことをしますので、安保理論とはやや違いますけれども、その働きでガンが克服できるかもしれないということで、ひょっとすると理論の正しさを科学的に証明できる可能性が出てきましたね。

 まだ被験者が少なすぎてエビデンスとしてはいかほどのものかわかりませんが、今後治療実績が増えるにしたがって解明されてくるんでしょうねぇ。

 それでも生活習慣を見直さない限り、最後にはまたガンが再発してしまうんですよね…。

ホメオパシー

テーマ:
ホメオパシーの効果はプラセボ効果と同一

 ってことで、思いっきりレメディの効果が否定されちゃっておりますけれども、実際のところ、レメディに使われているものって、薬草だったりもいたしますので、そうそう否定されるものでもないと思うんですけどねぇ。

 で、そもそもホメオパシーってのがなんなのかってのは、素人の私が語るより、森本先生のページあたりを見ていただければ理解できるんじゃないかと思いますので多くは語りませんけれども、まあ、実際セミナーを見に行ったりもしましたので、素人なりにある程度の怪しさは理解しているつもりです。

 西洋医学のお医者さんたちからすれば、お薬に相当するレメディを作るときに、「波動が!」とか「パワーが!」とか、なにやら「薄めれば薄めるほど効果が高い」なんてことを言いますので、臨床研究によって科学的根拠に基いて治療している(と思っている)お医者さんからすれば、理解不能でしょうし、そんなの思い込みだよと考えたくなることも理解できます。ま、実際のところはホメオパシーにも新しいレメディを作るときはプルービングっていう臨床実験をしたりするみたいですけどね。

 個人的にはプラシーボ効果でもなんでも、「治ればおっけ」みたいな感じなので、冒頭のニュースにはなんら価値は見出せないんですけれども、確かにお医者さんには説明責任がありますので、科学的根拠が薄いとか患者に理解を得られにくいなんてこともあるんでしょうね。

 で、話のネタとはまったく関係ありませんけど、森本先生へ。柏崎へお越しの際はぜひお声をかけていただければと思います。ダッシュで馳せ参じますよ!ははは。

オゾンホール

テーマ:
 今年は最大規模かちょっと下回るくらいだそうです。

 もっとも、海岸沿いに住んでいると、紫外線なんてトモダチさっ!みたいな感じなんですけど、南米の端っことかオーストラリアあたりではすでにしゃれにならないくらい紫外線が強くなっちゃっているみたいですよね。

 まあ、オゾンホールのエリアであるかどうかにかかわらず、赤道周辺以外は軒並みオゾン層は薄くなっちゃっているみたいなので、ニポーンでもそれなりに紫外線量は増えているんでしょうえねぇ。

 ま、まだまだ紫外線の強いシーズンは続きますから、一日中外で釣りをしていたりするワタクシといたしましては、まだしばらくはSPF54と麦わら帽子は欠かせませんね。

エキノコックス

テーマ:
犬のエキノコックス(寄生虫)の実態調査結果について - 埼玉県 -

 いやぁ~、こわいっすねぇ~。エキノコックスですよ?エキノコックス。何が怖いって、治療方法がないってのもアレですけど、潜伏期間が無症状ってのがやっぱり怖いですね。10年位したら突然あぼーんですよ?こわひこわひ。

 ニポーンでは北海道でしかみられなかったのが、一足飛びに埼玉県ですよ、ええ。まあ、野ネズミを食べまくるようなキタキツネがいませんので感染拡大はちょっと考えにくいのは確かですけど、あくまで偶発的に移入された感染であったことが条件ですよね。

 野良犬がたくさんいて、ドブネズミが走り回っているような地域では拡大が起こらないともいえませんから、ある程度の警戒は必要なんじゃないかなぁ。

 ちなみにエキノコックスは虫卵~幼虫期を中間宿主のなかで過ごして成虫記を最終宿主で過ごすようです。ネズミが中間宿主でキツネや犬が最終宿主なんですね。人は中間宿主なので、卵からしか感染しなくて、感染しても成虫にはならないみたいです。ですから、ヒト―ヒト感染はしないんだそうです。

 で、最終宿主であるキツネや犬は、感染した野ネズミを食べると、体内に取り込まれた幼虫があっという間に成虫になって、4ヶ月くらい糞とともに卵を排出し続けるんだそうです。最後は6ヶ月程度で成虫ごと排泄されてしまうみたいですけどね。

 ま、なんにしても、手洗いなどの基本的な衛生管理を怠ってjはいけないなぁ~と思う今日この頃でした。