うひょ~(T∀T)

テーマ:
「ブタから人工インフルエンザ・ウイルス発見」の謎

 これは忌々しき問題ですぞ、みなさま。といっても、まだ一部の科学者さんが見つけて騒ぎ立てているだけのようですけれども、その他の機関も追跡調査をしているようですから、いずれ公式見解も出てくることでしょう。

 ほいでも、これが本当だとして、いつ頃から流出したことになるんでしょうねぇ。件のウイルスが感染する可能性があるレベルだとして、そこから猛烈に感染力の高いものへ変異する可能性ってないのかなぁ?鳥インフルエンザでも、それが最も懸念されてるところですよねぇ…。

 ま、なんにしても対策は早いほうがいいような気がしますから、世界中のえらい人。がんがってくらさい。
AD

筋肉2

テーマ:
 きのう会社で配置換えしたんですけど、いやぁ~、付帯作業があんまりにもすんごくて、きょうは全身強烈な筋肉痛。周りの人から見ると、歩く姿はまるでアシモプロメテか…といった感じかな。

 一応お風呂でマッサージなんかもやってみたんですけど、ほとんど効果なし。そもそも握力が十分に出せなくて、ご飯を食べるときも、箸をうまく使えないくらいの状態でしたから、マッサージしたところでほとんど力も入らず。(T-T)
AD

セルフ人体実験後日談

テーマ:
 先日、対象プロジェクトの高負荷状態がひとしきり落ち着きまして、関係者の方々へご挨拶まわりに行ったんです。で、とある整体院のセンセーのところへ行ったとき、このセルフ人体実験の話をしていたんですけれども、そのセンセーも、うちのしゃっちょさんも結構な体調不良話を隠し持っておりまして、結局みんなで不健康自慢の話で盛り上がってしまいました。

 しゃっちょさんも、うっかり私のようなぼんくらに仕事を任せてしまいましたから、この2年というもの、いろいろ大変だったのでしょう。

 で、その整体のセンセーもお医者さんから各種代替医療関係者まで幅広くお付き合いのある方で、派閥やら宗派やら魑魅魍魎のうごめく世界で、患者さんのためになんとかうまく調和させようと努力されておりまして、心労が絶えなかったのでしょう。

 やっぱり高ストレスは、身体に毒ですね。
AD

セルフ人体実験

テーマ:
高ストレス下の体調の変化
※危険ですので、マネしないで下さい。(^^;

期間:
1月~2月

生活:
06:30 起床
~07:45頃お出かけ
~08:15頃までに出社
~21:00頃までお仕事
~23:00頃までにお風呂/お食事
~00:00頃までインターネット徘徊
~01:00頃までビールのみのみテレビを見たあと就寝

天候はほぼ雪。気圧低し。
路面には圧雪、やや凍結の日もあり。

残業:
21:00がデフォルト。
ときどき22:00~23:00。
深夜02:00が1回
ときどき土曜日出社
土日出社が1回

ストレス要因:
納期…ヽ(`Д´)ノ
プレジデントプレッシャー…( ゚д゚)
通勤時の悪路(でこぼこや凍結など)…(T∀T)
残業過多…_| ̄|○
雪ホゲ…(つд`;)

日常の回避策:
おそくなってもお風呂にゆっくり入る。(およそ30分程度)
ヤバげなときは、早めに帰る。
とりあえず休める土曜日は寝る。
※実験のため、それ以外はあまり積極的にしない。

期間中の病気:
01月20日~26日頃まで、風邪をひく。のど痛い。
02月03日~08日頃まで、インフルエンザによる発熱
02月08日~13日頃まで、インフルエンザの残りの症状(クシャミ鼻水鼻詰まり)

その他の症状:
・お肌の血色が悪くなって、かさかさしてくる。
・唇があちこち切れる。
・抜ける。(^^;
・肌荒れ。1月中旬から頬のあちこちが赤くなったり皮膚が硬くなったり。
・インフルエンザ後の16日頃からずぅ~っと青っ洟。
・17日頃から血痰。のどの奥に張り付いて異常な不快感。
・ぶつけたわけでもないのに、足の親指の爪に血豆。内蔵にできたら多分ポリープだねぇ。
・ときどき目が回る。
・ときどき頭痛がする。
・ときどき目がしょぼしょぼする。
・ときどき涙が止まらなくなる。(かなしいわけじゃない)
・考えがまとまらなくなる。
・言葉が出にくくなったり舌がもつれる。
・ときどきありがちな胃の不快感
・顔がむくんで、目が腫れぼったくなってくる。
・顎関節症が顔を出す。痛くはないけど、ポキポキ音がする。
・体重は変わらず。
・血圧はやや高め。
・体脂肪率もやや高め。

一応の結論:
継続する高ストレス状態は、3ヶ月続いたら病気になります。
気をつけましょう。

雑感:
 この2ヶ月間は、かなりハードなスケジュールとなりまして、えぇ~、死ぬかと思いました。積極的にストレスを解消しなかったのと、免疫力が低下していたのか風邪をニ連発でひいてしまいましたので、かなり精神的ダメージが大きかったように思います。

 そのため、鼻詰まりや血痰が治らず、精神的ダメージがさらに上積み。会社も行きたくないと思わせるほどの倦怠感。やや鬱症状が出ていたかもしれません。

 インフルエンザの時は、熱が上がりきらずにだらだらと38度前後が続いて、免疫力の低下が見てとれます。

 ついでに、今年は雪が多くて、通勤の運転で神経をすり減らしている上に、でこぼこで腹筋が痛かったりして、たかが通勤でえらく疲労してしまいました。

 03月01日リリースにあわせて新サーバーへのお引越しが完了したのが02月25日。この時点で空が拓けたような軽快感につつまれました。すっきり気分で土日をゆっくりと休んだところ、血痰や鼻水が軽快。メンタル面がしっかりしてくると免疫力も高まるのか、治りが早くなりますね。

 あたりまえといえばあたりまえなのですが、一番最初に出てきた症状は肌荒れで、一番治りがおそいのも肌荒れのようです。まだ少し荒れてます。

 いま積極的な休養(20:00頃には退社)とサプリで完全回復に向けがんばってます。