インフルエンザ脳症

テーマ:
インフルエンザ脳症 新型で大阪の6人死亡

 インフルエンザ脳症なんて書かれると、まるでインフルエンザが原因のようですけれども、現在のところ『薬害』が強く疑われています。インフルエンザ脳症が日本で突出して多いということで、日本の薬漬け医療の弊害とも言われています。

 実際、抗ウイルス薬タミフルの場合は、昨年1月頃に「1歳未満には投薬しないよう警告」になっています。

 今回の調査で、新型なんてかかれているものですから、ますますわかりにくくなっていますけれども、要するに「けいれんや意識障害などの症状が出ないまま急死することがある」というのがわかっただけようですね。

 ま、なんにしても死亡率も後遺症発症率も30%程度と極めて危険な症状ですから、早く発症機序が解明されるといいですねぇ。…って、解明されると、いろいろヤバくなる人も出てくるのかなぁ。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
AD

こえぇ~。

テーマ:
“冬眠”3万2000年…細菌復活

 なんか大昔の細菌を復活させたらしいんですけど、これって現代でも普通にいる既知の細菌なのかなぁ?

 へんな病原性を持っていたりしたら怖すぎ。(つд`;)

 で、細菌って、ウイルス感染していたりするので、ウイルスまでひっそりと復活していたりしたら、さらに怖すぎですねぇ。

 まあ、きっとレベルなんとかの研究室なんかで復活させたんでしょうけれども、見えない相手にどの程度効果があるのやら。現在の細菌やウイルスなら死滅するような対策でも、そこはかとなく生き残っていたりしたらやばすぎですよね。

 でも、写真はなんだか綺麗です。
AD

タイ産マンゴーに検査命令

テーマ:
輸入食品に対する検査命令の実施について(タイ産マンゴー)

 ということで、タイ産マンゴーやばいみたいです。1月18日に引き続いて2度めですので、『食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令の実施について』によりまして、検査命令がでたようです。

 なんでも419箱のうち、276箱は回収できたようなんですけれども、残りの143箱はすでに消費済みなんてあたりが恐怖感を誘います。

 この『クロルピリホス』というのは、中国産ホウレンソウなんかでも一時期話題になった有機リン酸系殺虫剤の成分なんですけれども、以前は住宅建材やシロアリ防除なんかにも使われていて、結構ポピュラーな殺虫剤だったようなんです。でも、いろいろな健康被害がわかってきて、住宅建材などでは使用禁止になったみたいですね。

 で、この0.15ppmってのがどのくらい危険なの?ってところが一番気になるところですけれども、ppmというのは百万分の一%ですから、

1ppm = 0.0001%

0.15ppm = 0.000015%

マンゴー1個400gくらいとして、

400 * 0.00000015 ですから、0.06mgくらいかな。

 人が一生摂取しても問題が発生しない値をADIというらしいのですが、クロルピリホスの場合は一日に体重1kgあたりの摂取許容量が0.01mgということなので、体重50kgの方なら0.5mgくらい。

 まあ、よほど化学物質に感受性の強い人でなければ、とりあえずは食べちゃっても問題はなさそうですね。
AD

水と安全はタダ

テーマ:
有害物質 水道水に混入、14万人弱に影響 北海道

 水道水も、なかなか侮れませんねぇ。

 今回の件では、すぐにどうこうなるというレベルのものではないようですけれども、調査しないとわからなかったということは、味とか色に違和感が無いってことですよねぇ。

 で、話は変わりますけれども、私の住んでいる地域のお水は、基本的に水源地から直接引いているようですけど、川の途中で引いている水って、下水とかいろいろ混ざっているんですよね。

 まあ、下水処理場でそこそこ綺麗にして、さらに浄水場でぴっかぴかにして出すわけですけれども、基本的にごみを沈殿させて、ろ過して、殺菌するくらいしか頭に浮かびませんけれども、化学物質に対する浄水って、なにかしているのかなぁ?

 工場廃水とかもいろいろ混ざりかねないわけですし、日ごろから水質検査はしているんでしょうけど、考えてみるとなんだか怖いですねぇ。

睡眠不足

テーマ:
健康に関する世論調査(東京都)

 こんなのを見ていると、なんだか気の毒になってしまいますねぇ。平均睡眠時間が6時間25分なんだそうです。40代男性の平均睡眠時間なんて、5時間59分で、6時間未満になってしまっています。

 まあ、そういう私も平日の平均睡眠時間なんて言ったら、恐らく5時間以下ですけどねぇ。(つд`;)

 で、平均6時間以上寝ている人は、概ね睡眠は足りていると感じているようですけれども、やっぱり個人的には7~8時間くらいは寝ていたいなぁ~なんて思います。

 やっぱり、世の中きびちーですねぇ。

う~ん、ジャンルが…

テーマ:
しぼれません。

平成16年末の運転免許保有者数の状況等について(PDF)

 なんと、100才以上の免許保有者が全国で5名、最高齢は105才だそうです。

 運転免許保有者についても高齢化の波が押し寄せてきているようなのですが、でも、今の世の中65才くらいだと元気ですから、高齢者ってひとくくりにするのもどうなのかなぁ?後期高齢者(75才以上)でくくったほうがよさそうな気がしなくもないですけどね。

 で、後期高齢者になりますと、いわゆる枯葉…じゃない、もみじマークをつけて走ることになっているんですけれども、実際のところ道路標識とか見えるのかなぁ?あと、咄嗟の判断や行動、色の識別などについても、かなり微妙なお年頃ですよねぇ。

 まあ、さすがに100才を超えているような方の場合、免許を更新しているだけで乗ってはいないと思いますけれども、65才以上の高齢者ドライバーの数が24才以下の若者より人数が多いっていうのは驚きですね。

 これからは道路標識なんかもぐっと人にやさしい作りにしたり、車自体の安全性を高めるなどの対策が必要なんじゃないかなぁ。道路もうかうか歩けないなんてことにだけはならないようにしたいですね。

牛食えねぇ~!

テーマ:
国内における変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の発生について
牛レバーによるカンピロバクター食中毒予防について(Q&A)

 なんて、私はほとんど口にしませんが、何か?

 ま、カンピロバクターはともかくとして、アメからの牛の輸入再開はやめよーよと思わずにはいられませんよねぇ。

 いま注目キーワードは月齢のようですけれども、これは月齢の若い牛だと異常プリオンが検出できないんだそうです。でも、検出できないから異常プリオンを持っていないかといえばそうではありませんよね。むしろ検出できないことのほうが怖いような気がします。一度入ったら人の神経系へ入り込んで勝手に増殖するんですからね。

 ですから、月齢がわかったところで、なんの解決にもならないわけなので、少なくともアメの牛は食べられませんぜだんな。

○関連
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病とはどのような病気ですか?

インフルエンザの流行状況

テーマ:
 満遍なくいろいろな型が流行っているようです。

 某2ちゃんねるのインフルエンザスレをみてみますと、やっぱり熱が上がりきらない様子で上がったり下がったりを繰り返して長引いている人が多いみたいですね。

 症状ってウイルスの型ごとにちがったりするんでしょうか?

インフルエンザ

テーマ:
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

原因:
1.納期プレッシャー
2.土日も休まずお仕事
3.月曜日は深夜までお仕事&寝不足
4.毎日夜中に帰って冷たくなったお風呂に入っていた
5.寒波・豪雪・雪ホゲ

 このような状況下、やはり免疫力が低下しているところにウイルスキャリアがいると感染してしまうんでしょうねぇ。

 お子様1号がインフルエンザに罹ったときはなんとかやりすごせたんですけど、火曜日だったかなぁ、お子様2号の学校が学級閉鎖になったのに、お子様2号ったらインフルエンザの子と遊んでいたらしく、結局インフルエンザに罹ってしまったようです。

何のための学級閉鎖だよ、おい…。

 というわけで、私もきのうの夕方から徐々に肌の感覚がおかしくなってきて、体温を感じなくなってきたかと思ったら、寝るころには少ししびれたようになっておりまして、夜のあいだは恐らく熱がでていたのでしょう。

 熱を出していたからか、朝にはだいぶ楽になっておりましたが、身体のあちこちがちょびっと痛いです。まあ、会社に行けなくもなかったのですけれども、原因がインフルエンザなのが確定していたため自宅待機することに決めました。

 というわけで、みなさま、無理はいけませんよ、無理は。インフルエンザに気をつけましょう。