SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


今日は、SWLの工房から、レザートレイの製作過程の一部をレポートします。

SWLのレザートレイ(マネートレイ)は、お店のロゴマークをカービング(彫刻)したり、

メッセージや店名を文字彫りしておつくりする、オーダーメイドのトレイです。



まずは、SWLがメインで使用している牛革「Sベンズレザー」に、

カービングや文字彫りをほどこします。そして、それを染色し、

もう一枚染色した革を背中合わせに貼り合わせて、このようになります↓ 。

しっかりしたと自立する板のような状態です。



↑この肌色の裁断面の事を、コバといいます。

そのコバにヤスリがけや染色をし、ある程度なめらかな状態に整えたら、



この革を に浸します。

そして、水を含ませた革を、手で少しずつ曲げていきます。

機械でガシャンではなく、本当に少しずつ、手の感覚だけでトレイの形にしていきます。

板状のものが、だんだん立体的になっていく様子は面白いものです。



水を含んだ状態で形をつけた後、

しっかりと自然乾燥させて水分が抜けると、もう元の形には戻りません。



そこから、もう一度コバ(裁断面)を整えていきます。

目の荒いヤスリで形を整え、



目の細かなヤスリで表面を整え、



色を入れて、



磨きます。



その他熱入れなども経て、トレイが完成します。



最初から最後まで、自分たちの手で、革に手を加えながら、

新たに物としての命を与える。

できあがった革製品は、手仕事ならではの力強さや温もりが宿っていると、

感じてもらえると思います。

その手仕事への愛着みたいなものが、暮しを豊かにすると信じて、

今日も製作に励んでいます。


以上、工房レポートでした! ^^ /~~~

今日登場したレザートレイについて詳しくは、こちらのページをご覧ください
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

>> レザートレイ(マネートレイ)




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



アルコールランプの炎を見ると、子供の頃の理科の実験を思い出しませんか?

でもここは、SWLの工房。

実験をしているわけではなく、こちらはレザーアイテム製作の一コマです。

アルコールランプの炎で何かを熱していますねぇ ↓



熱しているのは、フチネンという名前の道具。

手で温度を確かめながら、金属部分をほどよい温度に熱します。

それを革のパーツの端に当てていきます。



この作業は、コバ(革の裁断面)を仕上げる工程の一部なんです。

コバは、そのまま切りっぱなしだと↓写真のように肌色でザラつきがある状態です。

このコバを、SWLではツルっと手触りの良い状態まで仕上げています。

その工程の一部で、コバに熱したコテを当てて、熱を入れているんです。

こうする事で革の繊維が締まるんだそうですよ。



コバを仕上げる工程には、この熱入れの前後に様々な作業があります。

まずは縁(へり)の角を落とし、そしてヤスリで形を整え、染色をし、磨き、

必要であればまたヤスリ・染色・磨きを繰り返し、

熱を入れて、さらに磨いて仕上げます。



こうしてコバを仕上げたパーツは、縫い合わされ形になります。

縫い合わされた後も、何枚も重なったコバを仕上げる工程があります。

実は、トータルで最も時間を要するのが、このコバを仕上げる工程なんですよね。

でもそのコバの表情一つで、レザーアイテム全体の雰囲気も変わってくるので、

この作業は、仕上がりにとって大切な工程なんです。

以上、工房レポートでした! ^^ /~~~



SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLの製作手法




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


SWLでは、全てのアイテムを「手縫い」で仕立ててます。

手縫いとはミシンを使わずに、縫い穴にひたすら糸を通していく、

アナログな縫い方なんですね。

こちらはショルダーバッグを仕立てているところです。



糸の両端にそれぞれ針をつけて、

縫い穴の両側から1本ずつ針を通します。

そうすると糸が8の字に交差するんですね。

こんな風に↓



通した糸をピーンと引っ張って締め、また次の穴の両側から糸を通す。

ひたすらこの動作を繰り返します。



手縫いによる仕立てにこだわるのは、

長く愛用してもらいたいという理由と(丈夫な上、縫い直しができる)、

その縫い目に、独特の力強さや温かみがあり、

そういった手縫いならではの雰囲気を大切にしているからです。


ただ、上の写真で縫っていた部分は表に縫い目が出ません。(゚д゚;)

縫った後に、こうして表裏を返すからです。

今のところバッグだけですが、こういった縫い方をする事もあるんです。



縫い目の見えない側面と、縫い目の見えている底と、

その表情の違いもこのバッグのポイントになってます。



そんなショルダーバッグについて詳しくは
こちらのページをご覧ください▼▼▼
>> ショルダーバッグ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)