SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみ たしまいづみ です。

今日は、約1年前に補修作業をさせていただいたロングウォレットの
リペアの模様と、経年変化の様子をお届けしますね。

ロングウォレットを1年半ほどご愛用くださっているK様から、

「先日道路に落としてしまいコバ?断面部分が削れてしまったのですが、
気になりだしたら止まらなくなってしまい、、、補修可能でしょうか?」


とメールが届きました。

すぐにウォレットをお送りいただき、補修をさせてもらいました。

こちらが補修前。
手前の角のコバ(裁断面)が、削れてしまっています。
BEFORE[補修前]


複数枚の革が重なっている部分ですから、
削れて重なりが少し剥がれてしまっていますね。


この削れてしまったコバを補修していきます。
まずは、削れてしまった部分にヤスリがけをして、表面を整えていきます。


削れてしまった部分だけを削りなおすと微妙な段差ができてしまう事もあり、
コバ全周を削り直し、ヤスリがけ・染色・磨きをかけました。


こうして、できる限り当初の状態に近くなるように仕上げていきます。


補修が完了したロングウォレットがこちらです。
削れた部分(右の角)は、ほとんど目立たなく補修することができました。
AFTER[改修後]


せっかくの機会ですから、K様がどのようにウォレットを育ててくださったのか、
その経年変化を見せていただきましょう。

こちらが完成直後の写真です。(>> その時のブログ記事)


▼▼▼ そしてこちらが、1年半 K様にご愛用いただいた姿です。


色艶に深みが増して、ずいぶんいい顔になっています。
フォルムも馴染んで、ふっくらと変化していますね。

こうして並べて見ると、完成直後の写真は「若い」ですよね。
1年半しか経っていませんが、貫禄や風格が増しているように感じます。


こうしてご愛用くださっているアイテムの姿を見せてもらうと、
いつも完成直後よりも魅力が増しているんですよね。

使い込むほどに魅力が増していく、それが革製品の醍醐味だなぁと、改めて感じます。

こうして補修やメンテナンスや修理をしながら、
長く使ってその変化を楽しんでもらえたら、嬉しいですし、
それが革製品を使う愉しみなんだと思います。



受け取ってくださったK様は、

「新品みたいです 笑
今度は落とさないように、綺麗に長い時間かけて汚したいと思います!」


と喜んでいただけた様で、良かったです。

これからも末長くご愛用いただけると嬉しいです。
K様、ありがとうございました!




みんさんがお使いいただいているレザーアイテムの状態はいかがですか?
K様のように落として付いてしまった気になる傷などがあれば、一度ご相談ください。
>> メールフォーム

SWLで製作させていただいたレザーアイテムは、
以下のアフターメンテナンスを承っています。

・補修(断面の磨き直し、色入れ etc)
・修理(縫い直し、部品の交換 etc)
・改造(パーツの追加・変更、ベルト穴の追加 etc)

気になることがありましたら、下記のページからお気軽にご相談ください。
▼▼▼こちらのページにアフターメンテナンスについてまとめています。
☛☛ アフターメンテナンスのページ

▼▼▼ロングウォレットについて気になる方はこちらをご覧ください。
☛☛ ロングウォレットのアイテムページ




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レザーアイテムについての詳細・お問合せ・ご注文は、
SWLホームページをご覧ください。こちらをクリック▼▼▼

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント