SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



今日は工房から製作風景をお届けします。

この、フェザー&唐草カービングが生まれる様子を見ていきましょう!



まずは革に写した図柄のアウトラインを

専用ナイフを使って革を切り込むように刻みます。

ちなみに全てのカービングの図柄は、クラフトマンが描いたものです。



次に刻印(金属製のスタンプ)を革に叩き、革を凹ませることで、

図柄に立体感をつけていきます。

革が凹んでいる様子が分かりますか?



もう少し近寄ってみましょう。

刻印の形状に、革が凹んでいるのがお分かりいただけるかと思います。

葉の形に合っていますよね。



革に叩く刻印には、様々な形状があります。

たくさんの刻印を使い分けて、図柄の各部分に合った刻印で革を叩いていくんですね。



こうして何度も刻印を打刻し、立体感がついたら

最後の仕上げは、専用ナイフによるカットワークをほどこします。

ナイフで革を切り込み、ラインを彫る手法です。

この図柄では最後にフェザーのラインをカットしていきます。



こうして彫られた図柄を、今度は染色していきます。

必ずカービングをほどこした後に、染色します。

写真は別のアイテムになりますが、全体を染めた後に、

さらにこうして細い筆で、明暗をつけていきます。



こうして染色で、さらに立体感や表情を加えていくんですね。



手彫りと、手染め、どちらもクラフトマン田島隆治の手で、

一点一点、神経を集中させながら革にほどこされていきます。

これが魂を込めるという事なのかな、というような表情で取り組んでいます。

だからこそ、仕上がったものには力強さや存在感、そして温かみを感じます。

使う人にもパワーを感じていただけているんじゃないかな、と思います。

そうであり続けたいですね。

ではまた ^^ /~~~


SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLの製作手法


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>