SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



今日は工房から製作風景をお届けします。

この写真の一番手前の、フェザーカービングがほどこされたパーツは、

ここから裁断・仕立てを待つキーケースのパーツです。



全てのパーツは、生成り(肌色)の状態の革からクラフトマンの手で染められます。

フェザーをカービング(彫刻)する場合は、カービングが仕上がってから染色をします。

まずは全体を染めます。

一発で染めるのではなく、染料の濃度を変えながら、染めては乾かしを繰り返し、

少しずつ理想の色になるまで、染め重ねていきます。

全体が良い感じに染まったら、

その最後の仕上げとして、フェザーにさらに染色で表情を加えます。

その作業がこの写真です ▼



のっぺりと一様に染めるのではなく、

フェザーカービングの立体感が、より引き立つように、

細い筆を使い、陰影をつけるように染めているんですね。

このように革に刻む事で生まれるフェザー。( >> カービング風景はこちらのブログで )



この刻んだフェザーが、より生き生きと輝くように、

より強い生命力が感じられるように、、

そんな気持ちで、染色までこだわって製作しています。

こちらが完成したキーケースです。

平坦な革だったとは思えない、命を持ったものになりました。



きっと使う方にも、それを感じていただけると信じて、

取り組んでいます。



SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLの製作手法


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>