SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



この度、

太陽の光をイメージしたこの染色表現に、名前をつけることにしました。

その名は、サンバースト sunburst 晴れ



インディアンジュエリーで用いられるモチーフの名前で、

その名の通り太陽の爆発、力強い太陽光線を表したモチーフ です。

実は、この私たちの結婚指輪は、そのサンバーストのものなんです。



ナバホ族の有名ジュエリー作家、Patricia Bedonieのリングです。

彼女の製作するサンバーストモチーフのアクセサリーは、

繊細でありながら力強さがあり、サンバーストといえば名前があがる作家です。

着けているとちょっと強くなれる、そんな気がするお気に入りのリングです。


革の染色の話に戻りますが、



約2年前にお客様のリクエストで初めて挑戦した、太陽光を表現した染色。

そこから、徐々にカスタムの一つとして定着してきて、

これまでに様々なアイテムにこの太陽光染めを施してきました。

太陽なしでは生きられない私たち人間、太陽はあらゆるエネルギーの源ですよね。

だからか、この光の染めを手に取るとふっと力が湧くような気がするような、

レザーアイテムに力強さを与えるような、そんな染色なんですね。



手染めでしかできないこの表情。

ほんとに少しずつ染料を重ねて、太陽光を表現します。

染料は革に染み込みますから、光の部分を染めているのではなく、

光の部分を残しながら、周りに少しずつ色を入れている、

やり直しのきかない、息を飲むような職人技なんですよね。



SWLならではの表現手法として定着してきた、この太陽光染め。

だったらその表現手法に名前がほしいなと思い、

この度、サンバーストと名付けました。

気軽に呼んでくださいね ♪ 笑

4月の定番アイテムページのリニューアル時から、

ホームページでのその名前がばんばん登場する事になります。

リニューアルもご期待ください!



SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLの製作手法



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com


■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント