SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


今日はY様よりオーダーいただいた、カスタムをほどこした 札入れ のご紹介です。

実は以前にも、Y様には札入れをつくらせていただきました。

その時は、お札を入れるメインポケットに、カードポケットが付いた定番通りの形で、

染色をブラックで、縫い糸をナチュラルでおつくりしました。(写真右)



「札入れですが、使い勝手がよく気に入っています。
そこで、容量アップしたものをカスタムして注文したいのです。」


と今回は、2つ目の札入れをオーダーいただいたんです。嬉しい事です。^^



Y様のカスタムのご要望は、この定番の形に、カードポケットをもう1つ追加して、

さらにそのカードポケットの高さを、メインポケットに合わせるというものでした。

「高さを統一する事で、シンプルなものになるように感じました」という理由から、

全て同じ高さのご要望、つまり同じ形の3つのポケットが合体したレザーアイテムです。

まずは製作風景からです。



こちら、札入れを縫い合わせているところです。

この札入れは、出し入れをする口部分が1枚の革なので、

ヘニャヘニャにならないよう、ある程度厚みのある革を使っているんですね。

それが4枚縫い合わされていますので、なかなか立派な厚みです。

通常、強度が必要ないところは、部分的に革を薄くする=漉き加工を施すのですが、

今回はデザイン的にあえて漉き加工を施さないとのこと。

これは重厚感のあるアイテムになりそうです!



完成したY様オリジナル札入れがこちらです。



これまでオーダーしてくださった他のアイテムに合わせて、

染色は「ブラック」で、縫い糸は「ナチュラル」です。

持ち物に統一感があるって気持ちがいいですよね。



この厚み、革の迫力と存在感がすごいです!

手に持った時にも、重厚さを感じました。



こちらがお札やカードを出し入れする、3つのポケットの口です。



確かに、3つのポケットの高さを統一する事で、

よりシンプルな印象のレザーアイテムになっています。

この札入れはつくりもシンプルなんですよね。

口以外の3辺を縫い合わせ、口の部分は一枚の革。



出し入れをする時は、こんな風に両サイドに力を入れると、

革が滑らかにしなり、口が開きます。



この革がパシッと自立しながらも、しなやかに動くのは、

コシがありながらもカチカチではなく、しなやかさを合わせ持っている

SWLがメインで使用している「Sベンズレザー」ならではなんです。

この札入れは、「Sベンズレザー」の特性を大いに活かしたアイテムといえます。



Y様のこだわりが詰まった、2つ目の札入れ。

こうして自分好みのレザーアイテムをつくれるのが、オーダーメイドの愉しみ。

それをまた、1つずつ増やしていく事を楽しんでくださっている方が多くて、嬉しいです!

Y様ありがとうございました!



今日ご紹介した札入れについて詳しくは、こちらのページをご覧ください
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

>> 札入れ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント