SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


今日は、SWLの工房から、レザートレイの製作過程の一部をレポートします。

SWLのレザートレイ(マネートレイ)は、お店のロゴマークをカービング(彫刻)したり、

メッセージや店名を文字彫りしておつくりする、オーダーメイドのトレイです。



まずは、SWLがメインで使用している牛革「Sベンズレザー」に、

カービングや文字彫りをほどこします。そして、それを染色し、

もう一枚染色した革を背中合わせに貼り合わせて、このようになります↓ 。

しっかりしたと自立する板のような状態です。



↑この肌色の裁断面の事を、コバといいます。

そのコバにヤスリがけや染色をし、ある程度なめらかな状態に整えたら、



この革を に浸します。

そして、水を含ませた革を、手で少しずつ曲げていきます。

機械でガシャンではなく、本当に少しずつ、手の感覚だけでトレイの形にしていきます。

板状のものが、だんだん立体的になっていく様子は面白いものです。



水を含んだ状態で形をつけた後、

しっかりと自然乾燥させて水分が抜けると、もう元の形には戻りません。



そこから、もう一度コバ(裁断面)を整えていきます。

目の荒いヤスリで形を整え、



目の細かなヤスリで表面を整え、



色を入れて、



磨きます。



その他熱入れなども経て、トレイが完成します。



最初から最後まで、自分たちの手で、革に手を加えながら、

新たに物としての命を与える。

できあがった革製品は、手仕事ならではの力強さや温もりが宿っていると、

感じてもらえると思います。

その手仕事への愛着みたいなものが、暮しを豊かにすると信じて、

今日も製作に励んでいます。


以上、工房レポートでした! ^^ /~~~

今日登場したレザートレイについて詳しくは、こちらのページをご覧ください
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

>> レザートレイ(マネートレイ)




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント