SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



アルコールランプの炎を見ると、子供の頃の理科の実験を思い出しませんか?

でもここは、SWLの工房。

実験をしているわけではなく、こちらはレザーアイテム製作の一コマです。

アルコールランプの炎で何かを熱していますねぇ ↓



熱しているのは、フチネンという名前の道具。

手で温度を確かめながら、金属部分をほどよい温度に熱します。

それを革のパーツの端に当てていきます。



この作業は、コバ(革の裁断面)を仕上げる工程の一部なんです。

コバは、そのまま切りっぱなしだと↓写真のように肌色でザラつきがある状態です。

このコバを、SWLではツルっと手触りの良い状態まで仕上げています。

その工程の一部で、コバに熱したコテを当てて、熱を入れているんです。

こうする事で革の繊維が締まるんだそうですよ。



コバを仕上げる工程には、この熱入れの前後に様々な作業があります。

まずは縁(へり)の角を落とし、そしてヤスリで形を整え、染色をし、磨き、

必要であればまたヤスリ・染色・磨きを繰り返し、

熱を入れて、さらに磨いて仕上げます。



こうしてコバを仕上げたパーツは、縫い合わされ形になります。

縫い合わされた後も、何枚も重なったコバを仕上げる工程があります。

実は、トータルで最も時間を要するのが、このコバを仕上げる工程なんですよね。

でもそのコバの表情一つで、レザーアイテム全体の雰囲気も変わってくるので、

この作業は、仕上がりにとって大切な工程なんです。

以上、工房レポートでした! ^^ /~~~



SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLの製作手法




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント