SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。



昨年10月に、東京・吉祥寺で個展を行った時、

「車で前を通って、新しいお店ができたと思って、車停めて来ました」

個展会場に入ってきてくださったE様。

会場ではスリムキーケースを購入してくださり、

こんな偶然で、新しい出会いがあるなんて嬉しいなぁと思っていました。



個展が終わってしばらくしてから、

「長く使ってきた財布を再現してもらえませんか?」

と、そのE様からご連絡がありました。

メールしてくださったその財布の写真を拝見すると、

本当に長く愛用されていた事が伝わる、すごく使い込んだ姿でした。

それだけ愛用されてきた財布の二代目をご依頼いただけるなんて、ほんと光栄ですね。



SWLの定番ハーフウォレットをもとに、その財布のデザインなどを反映して、

完成した、E様の二代目ハーフウォレットがこちら。



革の染色は、E様がお使いだった財布にできるだけ近づけながら、

オイルをたっぷり含んだSWLがメインで使用している革「Sベンズレザー」

の特性が活きるよう染め上げました。



E様のご要望で、縫い糸「シニュー」の色は、革の色に合わせたブラウンで。

通常のナチュラルの縫い糸よりも、縫い目が目立たず、革と一体化しています。

この雰囲気もいいなぁ。



内部にも、E様が使ってこられた財布のデザインを反映。

カードポケットと、小銭入れのフタ部分、

SWLの定番は、カーブをつけたデザインですが、

今回はそこを真っ直ぐ、ストレートに。



受け取ってくださったE様からは、

「完成度が高く、大変満足しています。」

とご感想をいただきました。


何年も毎日使ってこられたお財布のデザイン、

きっと愛着のある、慣れ親しんだ形なんですよね。

SWLには、SWLならではの製作手法やこだわりがありますので、

全てを丸っきり再現する事はできませんが、

今回のように、自信を持っておすすめできる定番の形に

カスタムとして、E様の愛着ある形を反映する事ができて、

喜んでいただけた事は、とても良かったです。



E様、ありがとうございました。

また次の10年、愛用していただけると嬉しいです。



今日ご紹介したハーフウォレットについて詳しくは
こちらのページをご覧ください▼▼▼

>> ハーフウォレット01



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント