SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


こちらは、昨日ご紹介したハーフウォレットを縫っているところです。



SWLでは《手縫い》といって、機械を使わずに、糸と針だけで革を縫い合わせています。

糸の両端を針にセットし、その2本の針を縫い穴の両サイドから通して、

8の字を描くように縫っていきます。

SWLで使っている縫い糸は、この「シニュー」という糸です。



シニューは、手縫いでしか縫う事のできない、すごく強靭な糸です。

シニューって聞き馴染みのない言葉ですが、英語で「sinew」、腱(けん)という意味です。

その昔、革を縫う糸として動物の腱(けん)が使われていて、

今はそれを人工的に化繊で再現しています。

SWLでは、動物の腱の雰囲気に似せたこの色を、メインで使用しています。




このシニュー、実は、髪の毛よりも細い糸の集合で成り立っています。

ばらけさせてみると、こんな感じに▼

この集合を割いて、太さを調整して使うんです。



割く手間や、縫い目が整いにくかったりと、決して扱いやすい糸ではないそうなんですが、

クラフトマン田島隆治は、丈夫さはもちろん、シニューの縫い目のもつ独特な雰囲気が好きで、

ずっとシニューだけで、革を縫い続けてきました。


縫い目によってレザーアイテム全体の印象も変わります。

シニューという糸は、動物の腱に似せてつくられている事から、

ネイティブな雰囲気というか、ワイルドでタフな雰囲気というか、

独特の印象を与えます。

それがSWLのレザーアイテムの一つのスパイスになっているのかなと思います。

こんなシンプルなウォレットも、上品になり過ぎないタフな雰囲気を感じます。



そして、レザーアイテムを使っていくと、

シニューの縫い目の表情は、変わっていきます。

革と共に、シニューの経年変化も楽しむ事ができるんです。

それも魅力の一つかなと思います。

▼私たちが使っているレザーアイテムの一部



今日は、SWLがこだわって使い続けている縫い糸「シニュー」と、

その縫い目がもつ雰囲気、それがレザーアイテム全体に与える印象について、

お伝えしました。

それぞれのレザーブランドで縫い目に個性がありますから、

縫い目に注目して見比べてみるのも楽しいかもしれません♪

ではまた ^^ /~~~



SWLの製作手法についてまとめたページがあります。
興味のある方はぜひ一度ご覧ください↓↓↓

>> SWLの製作手法


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント