SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは!

SWL leather & silver《 Ryuji Tashima leatherworks》
エスダブルエル

スタッフの田島いづみです。


昨日は「成人の日」でしたね〜。

夜に繁華街をちょっと通りましたが、

初々しい酔っ払い達 = 新成人が闊歩しておりました。

酔っ払っていても、やっぱり眩しいものです!^^

新成人の皆様、おめでとうございます!👏



そんな成人を迎えたある若者に贈るための「名刺入れ」をオーダーいただき、

去年の年末に納品させていただきました。

オーダーしてくださったのは、茨城県のS様。

SWLのアイテムを多数愛用してくださっているS様、

「成人する弟に贈る名刺入れをつくってほしい」 と、

8月にオーダーをしてくださいました。

こんなスケッチを添えて、、



なんて、弟想いのお兄ちゃんなんや!! (T ^ T)

ともうこの時点で、ウルウルと泣きそうになりました。

弟にとびっきりの名刺入れをプレゼントしたい、というS様の想いが、

このスケッチや、打ち合わせのメールから伝わってきました。

その後、観光ついでに京都の工房まで打ち合わせに来てくれて、

東京個展にも来てくれて、、

何度も打ち合わせを重ねて完成した、兄から弟に贈る名刺入れがこちら!



外はシンプルに、手染めのブラック・縫い糸もブラックで。

開けると、S様のスケッチから詰めていった、

唐草のカットワークと、ネーム彫り。



「おとなしい弟なんですよ」という事で、

最終的には唐草も控えめに、ワンポイントとして彫らせていただく事になりました。



名刺がたっぷり入り、サブポケットも付いた「名刺入れ01」を選ばれたのも、

仕事柄、よく名刺交換をされるという弟さんの事を想っての選択。



どこまでも名刺入れを使う弟さんの事を考えているS様。

デザインというのは、使う人の事を想って決めるもの

という、当たり前の事を改めて感じさせてくれました。



年が明けて、名刺入れを弟さんにプレゼントしたというS様から、

こんなご報告と写真が届きました。

「弟に名刺入れを渡したらかっこいいわぁ、明日から使う!とのことでした👍

口数の少ない弟ですが写真の表情で喜びが伝わってきました☺

気に入ってもらえて良かったです☺」



嬉しそうな弟さんと、お父さんとお母さんまで!

いい家族なんやろうなぁ〜、というのが伝わってきます。(T ^ T)

ステキな家族、ステキな兄弟の絆から生まれた、名刺入れ。

S様の想いを形にするお手伝いができて、とても嬉しい気持ちでいます。

弟さん、新成人おめでとうございます
お兄さんの愛情たっぷりの名刺入れで、どんどん未来を切り開いていってくださいね。




S様、ありがとうございました!

S様からはまた新たなオーダーをいただいていて、

どんな出来上がりになるのか、今から楽しみです!

またご紹介できればと思います。



今日ご紹介した名刺入れのもととなった
定番アイテム「名刺入れ01」について詳しくはアイテムページをご覧ください

>> 名刺入れ01


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


ホームページはこちらから ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com



▶︎ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

▶︎ フォローお待ちしています!   




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント