SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは。

SWL(エスダブルエル)leather & silver

スタッフのYOMEです。



今日は、女性のベルト事情のお話を。

女性用として販売されている革のベルトはたくさんありますが、

どちらかというと繊細で女性らしいつくりのものが多いんですよね。

それはそれでステキなんですが、、

革の存在感があって、重厚感があって、長く使えて経年変化も楽しめるような、、

しっかりとした革のベルトが欲しい!

けど、男性用ばかりで女性用が売っていない!! > <


そう思われている女性の方は、結構いらっしゃると思います。



そんな女性の中のお一人、クラフトマン田島隆治の中学時代の同級生の I 様。

I様も、しっかりとしたいいベルトをずっと探していたらしいのですが、

なかなかいいものが見つからず、、

そんな時にFacebookで同級生の田島のつくるSWLのベルトを見てくださって、

あっ、これいいかも!!

と思って、8月に開催した熊本での展示会場に来てくださいました。



サンプルで持って行ったベルトを試しに巻いてもらい、

ベルトの幅や、色味や、カスタムを打ち合わせて、

腰回りのサイズを測らせていただき、

工房にもどりオーダーメイドでつくらせていただきました。

そのベルトがこちら!



どうでしょう、この革の存在感!

女性用で、この感じは既製品にはなかなか無いんですよね。



ベルトの幅は、かなり存在感のある40mm。

バックルは真鍮無垢で、メッキみたいに剥がれず、革とともに経年変化を楽しめます。



革の染色は、ダークブラウンをベースに、

特別な手染めでしかできない、外側にいくほど暗くなるグラデーションをほどこした

SWLならではの色。



そしてこの厚み。

約4.5mmの厚みを持つ、最高級牛革「Sベンズレザー」を一枚革で使用しています。

この「Sベンズレザー」、

繊維が密に詰まっていてコシがあり、硬いなと感じる革ですが、

手間暇かけてつくられた革だからこその「しなやかさ」が同時に存在しているんです。

だからカチカチではなく、コシがあるけどしなやか なんです!

そして使い込んでいくと、ヘタらずに柔らかくなっていく。

一枚革のベルトは、その質感や経年変化を、

最も楽しむことができるアイテムと言っていいかもしれませんね。




SWLのベルトは、その「Sベンズレザー」の一枚革を、

クラフトマンによる手染めで染め上げたベルト。

それをオーダーをいただいてからおつくりする、オーダーメイドベルトなんです。

腰回りのサイズもお伺いし、それに合わせておつくりしています。

だから、男性であろうと、女性であろうと、、

お一人お一人に合わせて、その人だけの為におつくりするベルトなんです。



幅や、染色や、バックルも、お好みに応じて選んでいただけます。

スーツスタイルも、ジーンズスタイルも、様々なシーンで、

革を楽しんでいただけるベルトをつくる事ができます。

受け取ってくださったI 様からは、

「すごい(*^^*)ベルトかっこいい〜〜

この硬さから自分に馴染んでいくんですね〜(*^^*)

楽しみです。」


と喜んでいただけました。

このベルトをして、身も心も引き締まるなと感じていただけたら嬉しいです。

そして、柔らかくなって馴染んでいく事を楽しんでもらえたらと思います。

I様、ありがとうございました!!



本日ご紹介したオーダーメイド・ベルトについて、

詳しくはこちらからご覧ください。

☛☛☛ オーダーメイドの一枚革ベルト


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント