SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんは。

SWL(エスダブルエル)leather & silver

スタッフのYOMEです。


昨日、製作風景をご紹介したオーダーバッグ。



オーダーしてくださったのは、三重県のD様。

SWLBAGの発表会を兼ねて7月に開催した「OPEN工房」の時に、

ご夫婦で工房を訪ねてくださいました。


そこでD様から、

「形と大きさが、とても気に入ってるナイロン製のバッグがありまして、

同じような革のバッグが欲しくて探しているのですが、なかなか無くて、、」


というお話を聞き、

「ではそのバッグを、SWLなりに革でおつくりましょう!」と、

新たなオーダーバッグの打ち合わせが始まりました。


それから図面を起こし、メールでやり取りを重ねながら、

先日ようやくそのバッグが完成したので、ご紹介させていただきます。


写真の左が、D様のお気に入りのナイロン製のバッグ。

そして右が、今回おつくりしたオーダーバッグです。




「このくらいの容量がちょうどいい」とか、「バッグはこうやって持ちたい」とか、

好みは人それぞれありますよね。

今回おつくりしたバッグは、このようなサイズ感です。



確かに、このくらいのバッグを一つ持ってると良さそうですね♪


バッグのつくりは、SWLBAGと同じです。

本体の革がエルバマット、持ち手と底の革は手染めのSベンズレザーを使っています。

強度が増しながら、フォルムが崩れないようにするためにたどり着いた

2種類の革の組み合わせ です。



革がダルンと垂れてきてフォルムが崩れてくる事がないよう、

強度を持ったSベンズレザーの底。



Sベンズレザーの持ち手。



D様のご要望で、口はパチンとジャンパーホックで留める仕様。

シルバーコンチョをあしらって、黒いシンプルなボディのアクセントに。




コンパクトなバッグですが、

最高のレザーを使用し、時間と手間を惜しまないつくり込みにより、

高級感と重厚感のあるバッグに仕上がりました。

受け取ってくださったD様からは、こんなご感想をいただきました。

「ビジネスバッグにも合う落ち着いたデザインで、

これから毎日愛用させていただこうと思っています。

経年変化も楽しみなバッグですね。」




D様ありがとうございました!

このご感想と一緒に、また新たなフルオーダーアイテムのご相談もいただき、

またどのようなアイテムを生み出すことができるのか、私自身も楽しみにしています♪


このようにSWLでは、定番以外のアイテムもおつくりしていますので、

「こんなアイテムはできる?」「いくらぐらいになる?」など、

気軽にご相談いただければと思います。



▶︎▶︎▶︎ このオーダーの元となった SWLBAGについて、詳しくはこちら

トートバッグもショルダーバッグも、東京個展で展示いたします!

ぜひこの機会に手にとって、背負って、試してみてくださいね♪



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


SWL exhibition in TOKYO

2016.10.14Fri - 10.16Sun

10:00-19:00

@ギャラリー イロ
(吉祥寺駅から徒歩7分)

▼▼▼ 詳細はバナーをクリック ▼▼▼


SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント