SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)スタッフのYOMEです。



「いつも楽しみにしているよ」というお声をいただくことも多い

SWLの人気企画 [ 旅するコンパクトウォレット ]

ご応募いただいた方に、順番にコンパクトウォレットを送り、

3週間お使いいただきご返却、そしてまた次の方へ送って、、

と1つのコンパクトウォレットが、全国を旅する企画です。



6回目の旅先は、クラフトマンのつくり手仲間でもある、

現代アーティスト Kei Arabuna 氏の元へ。

石川県小松氏にアトリエを構え、全国・海外でも活躍するアーティストであり、

バイクでふらっとSWLの工房にも現れては、クラフトマンと熱く語り合う間柄。



そんな彼が、「面白そうな企画ですね。

是非とも参加させていただきたいです。

自分のライフスタイルにどのように馴染むかが興味あります!」


と[ 旅するコンパクトウォレット ] に応募してくれました。



そして、Kei氏の元へ旅に出たコンパクトウォレット。

Kei氏が、旅先での渋い写真を送ってくれました。











バイクで、アトリエで、車で、、いつも一緒に過ごして、

実は途中でSWLの工房にも寄り道したりの3週間、

コンパクトウォレットを使ってくれたKei氏の感想です。

・肉厚でいてしなりのある革は、持った時の存在感がとても際立ちます。

・ポケットの大きさや数が、とても使い易かったです。

・さすがの革の質です。安心して使える感じがした。

・縫製から仕上げまで丁寧でしっかりとしていたので、ラフに使える安心感、
 それでいて美しさと味が、衰えることなく続いていきそう。

・実用性・機能性では申し分ない一品です。






そんな旅するコンパクトウォレットを使ってくれていた3週間の間に、

なんと、Kei氏は になりました。

長女が誕生したんです。

生まれた時、彼は病院のロビーで

コンパクトウォレットと共に寝落ちしていたそうですが、、^^



安産で母子共に健康。



その後、そのまま病院からツーリングに出かけるという

やはりツワモノなKei氏。



とは言え、そのツーリングでSWLに寄ってくれた時、

幸せそうな様子だったな。

おめでとう!

コンパクトウォレットに、そんな体験をさせてくれて

ありがとう!



やっぱり、旅には色々なドラマがありますね。

これまでの旅の記録や、旅先の写真、そしてご感想をまとめたページがこちらです▼



青森・長野・北海道・三重、、

旅した気分になれるかも? お時間あればぜひご覧ください。

そして、あなたも使ってみたくなったらぜひ旅先に立候補してください。

▶︎ 旅するコンパクトウォレット

▶︎ コンパクトウォレットって何?






最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver


■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント