SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)スタッフのYOMEです。



SWLの中でも、

スマートなサイズ感や、使い勝手が人気のアイテム

マネークリップ(札挟み)



そのマネークリップを先日、

カスタムオーダーでつくらせていただいたものがこちら。

シルバーコンチョが付いた、存在感のある一品。



受け取ってくださったオーダー主のM様、

こんなご感想を送ってくださいました。



「手に取っての感想ですが、

想像以上にスタイリッシュ!

でありながら無骨さもあり、

フォーマルにもカジュアルにもマッチしそうですね。



革の質感や臭いも素晴らしく、

何とも言えない所有感があり、経年変化が楽しみです。

また、機能面では小銭入れの部分がとても使い易く、今のところ不満はありません。

他の作品にも、興味深い物が幾つかありますので、またお願いすると思います。

対応も丁寧で、本当にありがとうございました。」




M様、ありがとうございました!

ご感想の「想像以上にスタイリッシュ!でありながら無骨さもあり、、」

のところを読ませていただいた時、

私YOMEが感じてきたSWLの魅力はそこだなと、再認識しました。



あくまで私YOMEの個人的な意見ですが、

ハンドメイド品に欠けがちな スタイリッシュさ。

デパートで売っている所謂ブランド物の革製品にはない 無骨さ。


SWL・クラフトマン田島のつくるものは、

そのどちらも感じていただけるレザーアイテムであり、

そこを、SWL特有の魅力として感じていただけるのかなと思っています。



M様にそういう風に感じていただけて、

さらにそのレザーアイテムの経年変化も楽しんでいただける事を、

とても嬉しく思いました。



一方でそれは、なかなか手にとってみないと感じられない事でもあり、、

だからこそ、

ブログやホームページに掲載する写真や言葉の精度や、

実際に手にとっていただける機会を設けていくことなど、

知っていただくだけではなく、

感じていただける工夫をしていきたいなと思いました。




このM様オーダーの元となったマネークリップを、

これまでのマネークリップとは別に、新たに定番に追加しました。

▼▼▼詳しくは、こちらからご覧ください。▼▼▼
マネークリップ02




▼このマネークリップ01との違いは、
主に、小銭入れの向き・内部のカードポケットです。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver


■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント