SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)
クラフトマンの田島隆治(たしまりゅうじ)です。


以前このブログで、5話に渡って紹介させてもらったT君。

1話「ある青年との出会い」
2話「ラガーマンとロックンロール★」
3話「直球勝負★」
4話「Good Times, Bad Times」
最終話「SWL x Les Paul 」



もうかれこれ6年前くらいかな、

山口のクラフトイベントで出会った、その当時高校生だったT君。

そんなT君が社会人となり、初めてのボーナスでキーケースをオーダーしてくれて、

その時は、嬉しくて涙が出ました。(T ^ T)

こちらがそのキーケースです。






それからまた数年が経ち、交流は続きながら、

去年、こんなメールをもらいました。


「田島さん!

来る1月11日、とうとう成人式です!

成人式の夜の中学校の宴会で、担任の先生に感謝の言葉と成長した姿を見せよう

ということになりました!

そこで、お世話になった担任の先生にプレゼントをしたいと思います!!

たくさんの意見が出て、あれがいい、これがいい

スマホの画面の中で熱い論争が繰り広げられました。笑

そして!!

僕の提案、田島さんに作成していただいたオーダーのキーケース

担任の先生のイメージぴったり

(渋いおっちゃんで、肌の色がダークブラウンなんです。。笑)

で、即採用でした!!!

作成お願いできますでしょうか?

担任の先生には中学校でかなりお世話になったので、

やっぱり特別なものをプレゼントしたいです!



まったくT君は、何度泣かせてくれるのでしょう?笑




いえいえ、もう二十歳になったのだから、今後はT様と書かないとね!


もちろん、心を込めてつくらせていただきますよ!と、

T様経由で元3年3組の方々と打ち合わせを開始!!

「先生の名前をカッコよく彫って欲しい!」

「先生が好きなコーヒーを、ワンポイントで彫れませんか?」

「車の鍵用のリングを、追加で取り付けることはできますか?」


など、いろんなご要望を聞きながらデザインを詰めていきました。



次回は、その完成したキーケースをご紹介します★







最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver


■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント