SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)スタッフのYOMEです。



少し前になりますが、美容室の開店お祝い にとオーダーいただいた

マネートレイ(お支払いの時にお金を置くトレイ)

今日はご紹介したいと思います。



オーダーいただいた贈り主のO様からは、

美容室さんの店名 Hair - Make Palette の、

「Paletteが目立つように彫ってほしい」というご依頼をいただきました。

そこで Hair - Makeは、専用ナイフを使い筆記体で彫り、

そしてPaletteは対照的に、こんな方法でカービング(彫刻)させていただく事になりました。



まずは、Paletteの輪郭線を専用ナイフで切り込みます。



そしてその内側を、様々な刻印を使って

凹ませ立体感を出したり、テクスチャーをつけて表現します。



とても手間のかかる手法ですが、

機械による型押しでは真似できない 深い彫りと表情で、

手彫りならではの、迫力と温かみが感じられます。



次に、カービングをほどこした革を染めていきます。

染料の濃度を調節しながら、染めては乾かしを何度も繰り返し

少しずつ濃い色に染めていきます。

SWLのマネートレイは「ブラウン・ダークブラウン・ブラック」の3色をご用意していますが、

今回はお店のオーナー様の雰囲気に合わせてと、ダークブラウンのご依頼です。



染まりあがった革の裏に、もう一枚革を張り合わせます。

ここで、先日紹介したクラフトツール「トコ磨キノコ」が活躍します。

革と革の間の空気をうまく抜きながら

キレイに貼り合わせることができるんだそうです。


こうして裏に革を貼る「両面貼り仕様」にすることで、

見た目の高級感や手触り、丈夫さが格段にアップします。



その後いくつもの工程を経て、

Paletteさまのマネートレイが完成しました。

渋い雰囲気のある仕上がりになりました。









オーダーしてくださったO様から、嬉しいご感想をいただきました。



「とても素晴らしいマネートレイに仕上がっていますね!(*^^*)

ずっとお店で使ってもらえると思うと贈る私も嬉しいです。

高級感もあり、お店のオーナーのイメージ通りかと思います(*^^*)

良い物をつくっていただき本当にありがとうございます。

渡すのが楽しみです(^ ^)」



Palette様の一員として、末長く活躍し愛されてくれたら嬉しいですね!

O様、ありがとうございました!



去年の初夏から定番となった「SWLのマネートレイ」

近頃では常に複数のオーダーをいただくほど、人気モノに育ってきています。

まだご紹介できていない製作実例がありますので、またご紹介したいと思います。

▼ ▼ ▼

その他の製作事例や詳細については、こちらの

マネートレイのページ をご覧ください。

専用メールフォームもあるので、簡単にご相談・ご注文いただけますよ。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。
京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver


■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント