SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフ田島いづみがお届けするブログです。


テーマ:
こんばんわ。
SWL(エスダブルエル)クラフトマンの田島隆治です。

今日から数回に分けて、

「ある青年とクラフトマンの話」を書いてみようと思います。


私が全国のイベントをまわりながら、自分の作品を販売していた頃、
山口県で行われた「アーツ&クラフツ」というクラフトイベントで、

ある青年と出会った。



その名はT君。

当時高校生だったT君は、私の作品にとても興味を持ってくれて、
何度もSWLのブースに遊びに来てくれた。

年上、年下関係なく、自分の作品を通していろんな人と話すことができるのは、
とても楽しいし、うれしいことだ。

アンディ・ウォーホル が、作品はコミュ二ケーションツールだ
みたいなことを言ってたが、なるほどええこと言うなと思う。

T君ともワイワイ盛り上がり、
そして帰り際、レザーストラップを買ってくれた。



当時、端革でつくっていたストラップ。
その名も「マッキー」

数日後、T君がメールをくれて、
そこからいろんなやりとりがはじまった。

そんな中、実はT君は熱血ラガーマンで、今度花園に行くということを知り、

「マジかっ?!すげぇーな!!頑張れよっ!!!」なんて盛り上がりながら
ふと思った。

とてもノリがいいT君。
でもそれは若人にありがちな、オジサンをいらっとさせるノリではなく(笑)、
話をしていて、とても気持ちがいい。

それはご両親の育て方が良かったことはもちろんあるのだろうが、
若いうちに、何かひとつのことにトコトン打ち込んでいるということも
大きいんだろうなと。。



しかしその後、
それだけではなかったんだな ということに気付く。

第二話につづく。



お読みいただき、ありがとうございました。
いつも応援いただき、ありがとうごさいます!


■新作の特設サイトです
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

SWL leather&silverさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント