SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフYOMEがお届けするブログです。

NEW !
テーマ:
こんばんは。

SWL(エスダブルエル)leather & silver

スタッフのYOMEです。



この写真でクラフトマンが広げている革が、

SWLのレザーアイテムに、メインで使用している「Sベンズレザー」という革です。



「Sベンズレザー」は、国内最高峰のタンナー 昭南皮革工業所 が、

つくり上げる最高級の牛革です。

タンナーとは、皮から革を作る業者さんのこと。

動物の「皮」を腐ったり固くなったりしないように加工して、

製品として使える「革」にするのがタンナーさんの仕事です。

皮を革に加工する事を “なめす(鞣す)”といい、英語で tan というんです。

なめす方法は多種多様で、それぞれの革やタンナーによって異なります。



この「Sベンズレザー」は、手間と時間をかけてなめされる革で、高品質で高値な革です。

使う皮(原皮)にもこだわっていて、9~11月に入る北米産の上質な皮のみを使っています。

そして、その原皮を一般的なタンニンなめしの革よりも、長い時間をかけてなめすのです。

時間をかけてなめされることで生まれる「コシの強さ」があり、

オイルをたっぷり含ませた独特の「モッチリ感」があるのが魅力です。



要は、ヘニャヘニャしないコシのある革なんですが、

カチカチではなく、しなやかでモッチリとした質感なんです。(余計分かりにくい?^^;)

こればかりは触っていただかないと正確には伝わらないんですが、

もしかすると、あなたが今まで感じたことのない質感の革かもしれません。

私が最初触った時は、初めての質感で驚きました。



すぐにヘタレないタフな製品に必要な「強靭さ」と、

使い勝手の良さに必要な「しなやかさ」を兼ね備え、

使い込むほどに深い味わさをかもし出す

SWLのレザーアイテムには欠かせない革「Sベンズレザー」

その革を、今日も切り出し、染めて、形にしていきます。




「使う革が変われば、例え同じつくり方で、同じものをつくっても、

全く違うものになる」と、クラフトマンは言います。


この「Sベンズレザー」自体が高価な革で、

さらにオールハンドメイドにこだわって製作するため、

SWLのレザーアイテムは、それなりの金額になってしまいます。


でも使う革にも、つくり方にも、どちらも妥協せず、

これからもつくり続けていきたいと思っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

SWL(エスダブルエル)leather & silver

スタッフのYOMEです。


先日、約4年前につくらせていただいたメディスンバッグの、

メンテナンスと補修をさせていただきました。

ご愛用くださっているのは岡山県E様。


ベルトを通すループ部分の鹿紐が切れてしまったという事で、

修理のご依頼をいただきました。



全ての鹿紐を一旦ほどき、切れた分の鹿紐を新たに用意して、

長年の使用でカサついていた鹿紐には、オイルを補充して、



もう一度、編みなおします。



本体の革にも、オイルを塗布し、しっかりと磨きます。



「ええ表情になってきたなー♪」と、クラフトマンも嬉しそう。^^

乾燥気味だった革もしっとりとし、

こんな凛々しい姿によみがえりました。



少し伸びていたループ部分の鹿紐は全て編み直し、

ご希望の長さに調整させていただきました。



受け取ってくださったE様からは、メッセージと写真が届きました。

「しっかりと蘇ってきて嬉しいです。
オイルもしっとりと触ってて気持ちがいいもんですね。
ありがとうございました。」





こうして修理を依頼してもらえるのは、

壊れても直して使い続けたい!と思っていただけているという事。

修理を依頼してくださったE様、ありがとうございました!

見せていただく度に風格を増しているメディスンバッグ、

またこうして姿を見られた事にも、感激しました。

ほんとドンドンかっこよく育っていってますね♪

これからもガンガン使ってやってください。




とても気に入っていたのに、壊れて使えなくなってしまった。

という経験、多くの方がお持ちだと思います。

愛着のあるものを使い続けられないのは悲しいですよね。

だから、「壊れても直して使い続けたい!」そう思っていただけた時に、

製作者の手でちゃんと直すことのできるつくり、

壊れても使い続けることのできるレザーアイテムをつくっていく事を、

SWLではとても大切にしています。



また、SWLのレザーアイテムを使ってくださっている方には、

使っていて何かあったらいつでもご連絡くださるよう、

いつも呼びかけています。

そういった時に、声をかけていただきやすい製作者でありたいとも思っています。

不具合や汚れや傷など、もし何か些細な事でも気になっている事がありましたら、

遠慮なく、お気軽に、ご連絡くださいね。




今回のブログ記事のように、使い手それぞれの経年変化や、
オーダーメイドに込められた製作秘話などの記事をまとめた「オーダーメイド物語」
現在、約180記事を掲載しています。ぜひ一度ご覧くだい!

▶︎▶︎▶︎ SWLのオーダーメイド物語




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

SWL(エスダブルエル)leather & silver

スタッフのYOMEです。



なんと!

この度!

SWLクラフトマン田島隆治、

初めてトークゲストとして講演をすることになりました!





京都市産業観光局が主催する

茶論案庵(さろんあんあん)プロジェクト という、

京都市が商業者の交流の場づくりを行うプロジェクトがありまして、

そこに関わっている、私YOMEの大学時代の先輩が声をかけてくださり、

茶論案庵ミーティング「作り手 × 売り手 × 支え手 交流会」

というイベントのゲストとして、講演を依頼されました。σ ( ´Д` )ワテ?






このイベントの趣旨は、

ハンドメイド商品等のものづくり活動を行っている作り手と、

ショップやデザイナーなど作り手の支援につながる活動を行っている方との交流会
だそうで、

京都市内でハンドメイド商品等のものづくり活動を行っている方、

京都市内でハンドメイド商品等の販売や作り手の活動を支援されている方、

又は地域の商業の活性化に関心のある方であれば、無料で参加する事ができ、

ゲストの講演を聞き、グループセッション(質疑応答)をし、交流会などで

様々な方との交流ができる!

という素敵なイベントなのであります。





開催日時は、ちょうど一週間後 12/12(月)の19:00〜21:00

開催場所は、京都市四条烏丸にある oinai karasuma という

カフェのようなコワーキングスペース。

内容は、

・ゲストによるトーク

・グループセッション

・フリー交流会


その中の「ゲストによるトーク」で、この3名のゲストが講演するのです。

[ 作り手 ] 田島隆治 氏(SWL leather & silver 代表・革製品作家)

[ 売り手 ] 田中健一 氏(株式会社コミュースタイル手作市場プロジェクトディレクター)

[ 支え手 ] 山崎伸吾 氏(京都職人工房ディレクター)






という事で、ものづくりを生業にしていきたい!という方

に向けて、SWLが試行錯誤してきたこれまでの道のりを、

何か参考になればと、語らせていただく事になりました。

これは初めての体験で、ドキドキ・ワクワクしておりますが、

自分たちがもがき苦しんでいる時に知りたかった事、何か気づきになる事を、

お話できればと思っています。






京都市の主催で参加費無料! 色々な話を聞けたり、意見を交換したり、

新しいつながりをつくれるかもしれないこの機会。

京都市でものづくりをされている方、その支援を考えてらっしゃる方が、

このブログを読んでくださっていたら、ぜひご参加ください。

お知り合いにそのような方がいらっしゃる方は、

ぜひ教えてあげてください。

こちらの京都市のウェブサイトからお申し込みいただます。

詳しい事もこちらのページに載っていますので、

こちらにアクセスしてみてください▼▼▼

http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000209121.html



私YOMEも当日会場に行き、

クラフトマンが講演している様子を、撮影などしながら見たいと思っています。

ちゃんと喋れるかな〜と、子供の発表会を見るような気持ちですが、笑

楽しみです!またその様子、ブログでもアップしますね!

では!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

SWL leather&silver
Ryuji Tashima leather works


■ official website ▶︎▶︎▶︎ http://www.swl-web.com

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ フォローお待ちしています!
   



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)