SWL leather&silver's BLOG

ウォレット(財布)、マネークリップ、キーケース、名刺入れ、ベルト、メディスンバッグなど、つくり手の魂を宿すレザーアイテム(革製品)を妥協なきハンドメイドでつくり届けるレザーブランドSWL、クラフトマン田島隆治とスタッフYOMEがお届けするブログです。

NEW !
テーマ:
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)スタッフのYOMEです。



先日遊びに行った、神奈川県湯河原町の友人K氏宅。

そこでK氏が管理している “あるもの” を見せてもらいました。

ヒントはこのK氏のマネークリップに有り。



それを見るには、こんな格好をします。

白い服がいいらしい。

オモチャの鉄砲は関係ありません。^^;



向かったのは庭にある、この謎の箱。



箱を開けると、、



もうお判りですね!

この箱は、K氏が管理しているミツバチの巣箱です。



ミツバチたちがミツロウでつくった美しい六角形の巣には、

たっぷりの蜜がつまっています。



この蜂蜜をいただくわけです。

上の白くフタがされているところは、

蜜の濃縮が進んで蝋でフタされたところだそうです。

ここの蜜は特別濃厚なんですよ!(以前味わったことがあります)

ミツバチから搾取するだけではなく、

外敵から守ってやったり、花が咲いていない時期は砂糖水を与えたり、

実は、人間とミツバチの間には、ギブアンドテイクが成立していて、、


蜂蜜は自然のサイクルの中から生まれる、自然の恵みなんだそうです。



しかし、見ている間もひっきりなしに、

出入りを繰り返すミツバチ達。

とにかく働き者!

その健気な姿を見ていると、可愛くて仕方がありません。



このミツバチ達は、どこから蜜や花粉を運んでくるかと言うと、、

目を向けると、その辺りにはミカンなど柑橘の畑がたくさん。

そこから運んでくるんです。

実際に、花の甘い香りがどこからともなく漂ってくる町なんです。



K氏の畑にて、レモンを採らせてもらいました。



こちらは夏ミカン。



この湯河原町の自然からいただいた恵みは、

その現場を見ているとなおさら、大切にいただきたいと思いました。

京都に帰って、K氏の畑で採らせてもらったレモンは、

K氏のミツバチ達が採取したハチミツに漬けることにしました。



炭酸で割って、天然のはちみつレモンいただいます!

科学の味がしない、自然の味わい。

シンプルなんだけど、贅沢な楽しみです。



私たちがものづくりの材料としている革も、

元来、動物と人間の共存の産物だったのかもしれません。

今も、命をいただいていることに変わりはありません。

無駄なものはつくらない、長く特別に愛していただけるものだけに革を使う意識を大切に、

自然にできるだけ敬意を払った仕事をしたいなと思っています。

こういった体験は、生き方・在り方・仕事の仕方にも影響を与えるもの。

貴重な体験をさせてくれたK氏、ありがとう!

皆様とも共有したいと思って、記事にさせてもらいました。

では、良い週末をお過ごしください!






最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver


■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!


いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)スタッフのYOMEです。


一昨日に発表しました「SWLOneOff(ワンオフ)」第二弾。

ご覧になっていただきましたか?

なかなか攻めたアグレッシブな作品たちでしたでしょ?





ただこれを製作している時のクラフトマン田島隆治は、

取り込むと決めたものの、この技法に苦しみ、

もうちょっとで理想の表現にたどり着ける、

もうちょっと、もうちょっとの繰り返しで、、

工房からは「くそっ」という声が何回も漏れ聞こえてきました。

私に当たることは無いクラフトマン田島隆治ですが、

この時ばかりは私も声をかけるのを遠慮するような

ピリピリとした雰囲気を放っていました。

軽くノイローゼになりそうな寸前のところで何とか完成に至るわけですが、

生みの苦しみは相当なものだったようです。





でもつくるのに苦しんだかどうかなんて、

受け取り手には関係がないのが「芸術の世界」だと私は思います。

でも一方で、苦しんだり、何かを投げ打ったり、全身全霊をかけて生み出されたものには、

やっぱり迫力があるし、そのパワーに圧倒されたり、感動したりすることがあります。

現物を目の前にして、強く心を揺さぶられて、胸が熱くなって、涙が出ることだってある。

その感動は、次の日からの自分を変えることだってあるし、

もっと大きなものを動かすこともある。

それが芸術の持っている力。





芸術と触れ合うことで、何か心が動く。

このクラフトマン隆治、渾身の作を見ていただいて、

そんな何かを感じていただければ、それはとても価値のある仕事です。





もちろん商品であり、財布としての使い勝手も考慮されたものづくり。

ですが、売るためというよりは (いや、売れたらめっちゃ嬉しい!笑)

クラフトマン隆治の、表現したい事だったり、挑戦したい事だったり、

最も純粋なものづくりだったり、、

定番アイテムやオーダーアイテムとは、また一味違ったものを “発表” する場として

「SWLOneOff」をつくりました。

「SWLOneOff」が、今後どのような展開を見せていくのか、自分たちでも分かりません。

でも、SWLの芸術性や世界感を、純粋に発信する場として、

また、メインのものづくりとはまた違う何かに取り組むキッカケとして、

それをSWLのものづくりの進化につなげていく成長の場として、

「SWLOneOff」 という場を、大事に育てていきたいと思っています。

大切な事を忘れないために。



「SWLOneOffまだ見てない!」という方はこちらから、ぜひ覗いてみてください。
掲載している写真は私が撮影したものなのですが、
いつもとか違った背景やライティングに挑戦しています。
SWLOneOffは、私YOMEにとっても刺激的な場なのです。

▶︎▶︎▶︎ SWLOneOff




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver

■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!


いいね!(24)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都のハンドメイド革工房、SWL(エスダブルエル)
クラフトマンの田島隆治(たしまりゅうじ)です。

本日は、こちらのウォレットの持ち主であるK様からいただいた、

新たなオーダーのご紹介を。



お仕事の際、作業着のポケットに入れておくために、新たにコンパクトウォレットをつくって
欲しいというご依頼をいただきました。

「せっかくなので、ロングウォレットとは雰囲気を変えたいのですが、仕事が荒々しい作業なので
荒々しい染め方などできませんか?
というご要望。

その時、ちょうど試してみたいと思う染色方法があったので、そのサンプルを見ていただき、
出来上がるまではどのようになるか分からない、完成してからのお楽しみという、かなり特殊
な条件でGOサインをいただきました。

SWL史上、最も攻めたコンパクトウォレット がこちら!!











完成品を受け取ったK様は、




かっこよすぎます!荒々しいです!

カービング以外でロングウォレットとまったく別の物にしたい!
仕事財布に使いたい!
仕事が荒々しいから財布も荒々しい財布作ってください!!
と言うムチャ振りからこうなりびっくりしました!

コンパクトなのに収納量がかなりありさっそく入れて出かけてみました!これからは仕事、遊びの相棒にメンテナンスしつつ荒々しく使い込んでいきます!!また宝物増えました!!

カッコよすぎて仕事中に作業着で使うのがもったいなくなっていますが、、、笑

思い描いていた物を形にしていただき本当にありがとうございました


と、写真と一緒に嬉しいご感想を送って下さいました。
(コンパクトウォレットのコンチョは、迷いに迷われた結果、イーグルに変更されました。)



この後にも他のオーダーをいただいたのですが、

「もぅコンパクトウォレットがない生活はありえないぐらい使っています!」

大活躍しているようで、うれしい限りです♪


K様、ありがとうございました!


そして、すでにお気付きの方もいらっしゃると思いますが、

昨日、SWLOneOff (ワンオフ)の第2弾として発表した3作品は、こちらと同じ染色技法でつくった作品なんです。

ただ、この3作品には裏話がありまして、、

K様のコンパクトウォレットが完成した後、同じ技法を使っていろんなアイテムをつくってみたく
なったのですが、実はこの染色技法、狙った通りには表現できないけれど、でも狙わないと表現
できない、というかなり特殊な技法なんですけどね。

結論から言いますと、やればやるほど着地点が見えなくなるという、底なし沼にハマってしまったんです。笑

これ以上やってたらノイローゼになってしまうギリギリのところでなんとか抜け出し、完成させた
のが、今回、表した3作品。

同じものは二度とつくれないし、正直もうやりたくない。笑

というわけで、この技法でつくるのは この3作品が最後となります。
最初で最後、まさにOneOffな3作、

こちらからご覧いただき、何か感じていただければ幸いです。

▶︎▶︎▶︎ SWLOneOff


結果的に、K様のコンパクトウォレットも激レアアイテムとなりました★

そんなこともたまにあったりする、SWLのものづくり♪





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

京都銀閣寺 ハンドメイド革工房 SWL leather & silver




■ SWLのホームページは こちら

■ 些細なご質問だけでもお気軽にどうぞ お問合せはこちら

■ 月刊【SWL通信】読者登録フォームは こちら

■ フォローお待ちしています!
   

■ 応援クリックよろしくお願いします!


いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)