白熱するアメリカ大統領選。

 

クリントン氏が勝って女性初の大統領が誕生するか、

トランプ氏が勝って・・・う〜ん どうなるだろう。。。

 

どちらにせよ、注目が高まっているようですが。

 

昨夜、TV討論会が開催されたとのこと。

 

アメリカの大統領選の討論会と言えば、

古くはケネディの際に、見た目的な戦略を立て、

「若くて、いかにもやってくれそうな大統領」をイメージつけて逆転勝利に導かれた

大きなきっかけだったことは、パーソナルカラーの世界で語り継がれています。

 

「見た目戦略」の最先端であるアメリカ、大統領が各国を訪問する際には、

相手国を意識したファッションにするのは、今や常識ですね。

 

たとえば、日本では青。翌日の中国では赤・・・なんて、わかりやすい!

 

そんなことですから、大統領選の討論会ともなれば、

カラリストとしては、大注目です!

 

・・・で、お二人のファッションをチェックしてみました!

クリントン氏といったら、トップもボトムスも真っ赤な真っ赤なパンツスーツ!!

 

しえ〜〜! わかりやすい! 

パワフルモード全開ですね!!

先日の体調不良のイメージも払拭の真っ赤!ですもん!

 

対するトランプ氏・・・ネイビーのスーツにロイヤルブルーのネクタイ。

今までのやんちゃ感を出さず、しっかり誠実感で勝負といった感じでしょうか。

 

う〜〜ん。

 

好みもあるでしょうが、目立っているのはあきらかにクリントン氏ではないかな。

 

会場のセットはネイビーで、そこに映える真っ赤なスーツですもん。。。

考えたら、女性って、こんな時、全身をイメージカラーにできちゃうという

メリットがあるんですね!

日本でも、先日の都知事選の小池さんも、イメージカラーのグリーンを

全身に使って、見事勝利したのは記憶に新しいところ。

 

男性だと、いくらブルーや赤のイメージをつけても、

スーツが赤、青というわけにはいかなさそう。

ネクタイに使うくらいですもの。

イメージカラーの分量は圧倒的に少なくなっちゃいますね。

 

アメリカ国民の反応もクリントン氏有利に出ているそうです。

 

まあ、まだまだわかりませんが、討論会のカラーイメージ戦略としては、

クリントン氏に軍配が上がったようです?

 

今後、どんなカラーイメージを打ち出されるか、政治家のファッションも

注目してみては?

 

 

 

 

AD