東北(岩手)へのたび②

テーマ:
先日の東北、岩手の旅…

仙台から、東北新幹線で盛岡入り。

けっこう早いもので、夕方には到着しました。

すでに盛岡入りしていたからすちゃんと無事に合流。

初の岩手です~

どうやらからすちゃんは、移動日に大雪で、到着までにほぼ一日かかったようです。

今年は、例年に比べても、寒い冬を迎えている岩手だそうです。

到着した夜、からすちゃんの知人のママ&パパに、色彩心理のセミナーをお受けいただきました。

会場は盛岡の中心部から車で30分ほどの住宅地の集会場。

この辺りは、積雪40cmほどはありそうです。





10名程の皆さんにご参加いただきました。

セミナーの間、子供達はお隣の部屋で、からすちゃんの講座…

なので、じっくり聞いていただけました。

ただ、60分はあっという間ですね。

いつも、限られた時間でどうお伝えしたらいいものか…模索しながらの活動です。

ご協力いただいたアンケートには、「楽しかった」のお言葉。

ほっと一息です。

ご協力いただいた、お母様方、からすちゃんに感謝です。

講座終了後は、お世話役のお母様方と、からすちゃんと4人で、親睦会。



煮物がとっても美味でした!

さー、翌日は、これまた盛岡の方のお力をお借りして、陸前高田へ!

盛岡からは、車で90分ほど。

この雪道で、もう少しかかったかもしれません。

陸前高田までは、津波で復旧していないところもあり、公共の交通機関を使って行くとなると、
とっても大変な状況。

で、車を出してわざわざ送っていただけることになりました。

こういった、現地の方の労力が、有難いし、活動するにはとっても必要だと改めて感じます。

アイスバーンの山路を抜け、無事に陸前高田市に入ると、スーパーで現地のママと合流。

スーパーには、福岡では見慣れない魚が並んでいました。

そうそう。

福岡の海でいつも釣れる、アジやイワシって、岩手の海では釣れないんですね~。





陸前高田では、海岸から15~16kmのところまで津波が来たそうで、それよりも遠いところの小学校や中学校の校庭などに仮設住宅が造られています。

仮設住宅だけでなく、同じくプレハブで造られた仮説の店舗もポツポツと建てられています。

100円ショップは、早い段階から営業されたと聞きました。



そんな中の一角にある、子育てサロン、「きらりんきっず」さんにお邪魔して、活動させていただきました。



きらりんきっずは、震災前から開業されていたそうすが、津波によってサロンがなくなり、その後も必要を感じたオーナーが活動再開に向け、動かれたそうで、初めは学校の廊下の一部を使っての活動だったそうです。

仮設店舗の一角のきらりんきっずは、訪問時には、とってもカラフルな空間で、土の色と雪の白とがメインな町のオアシスみたいに感じられる場所でした。


そのもようは、次回にご報告いたします。

AD

東北、岩手訪問のたび

テーマ:
福岡空港から、まずは仙台へ。
このところの悪天候が心配でしたが、今日は飛んでくれました。

仙台へは、2時間ちょっとで、無事に到着です。


一昨年の11月に続き、2回目の仙台。
空からの景色は、雪に覆われていましたが、緑や新しい家が増えたみたいです。
とはいえ、海に近いところはまだまだ工事中のようです。

仙台駅から東北新幹線で盛岡へ。

仙台駅のみどりの窓口で、前でチケットのやり取りをしている黒づくめの男性が、なにやら駅員さんを怒鳴り付け…
後ろの3人の子供連れのママは、子供に凄い剣幕でのダメだし…

おやおや。
そんなに勇気くじきをしなくっても…

波乱の幕開けになりました(・・;)

とはいえ、無事に予定通り、盛岡へは行けそうです。

これから、先に盛岡入りしている、からすちゃんと合流します。

3日間、がんばってきます!


Android携帯からの投稿
AD