時間割

テーマ:
本日、唐突に打ち合わせてんこ盛り。

14:00~18:00、一時間刻みでところ変え話題変え打ち合わせ。

大概の打ち合わせは「小一時間」=45分くらいで終わるので、次までの合間に喫煙とメールチェック、電話チェック。

まるで高校の時間割みたいな一日だった。

打ち合わせ、ってのはとにかく、無益になることが多い。
結局、結論とか課題とか、お互いに言い合って、なんとなく「時間切れ」とか「お互い考えておきましょう」みたいな、お見合い状態のまま終わって何も決まらず、結果的に「あの打ち合わせは何だったんだろう」となることが多い。

だから、俺は最近、極力打ち合わせをしないことにしてる。

打ち合わせる必要性を感じるまでは、ひたすら個人の作業、アイデアづくりや資料制作に時間を費やすことにしている。

自分の考えや方針がまとまる前に打ち合わせに出るのはあまりに無防備だ。
コテンパンに打ち負かされることがほとんどだと思う。


$Swing-Zzja-swinG-将棋


大概の打ち合わせってのは将棋の対局と同じなので、人数がいっぱいいてもいなくても主体的なのは2人に限定されている。その他は「棋譜読み」(単なる事実の確認者)、「時間読み」(スケジュールをなぞるだけ)、傍観(任せときゃいいや、的な人)、解説者(本筋じゃないけど言いたいことだけ言って何も産まない)、に大別できると思う。

この場合、当然ながら主役は対局している棋士二人、なわけで、その棋士役でないのであれば、打ち合わせなど殆ど出ても無意味だと思う。

今日はそういった意味で、4人と一時間一本勝負で将棋を打ったような形なので、非常に充実しつつ、大まか結果も見据えられたのでよし、と思う。

今日のような効率的な業務を実施するためにも、会社に「時間割」の概念を導入したらいいんじゃないか?とふと思った。


AD