日々の雑感 12/30

テーマ:

 年の瀬です。
 今年は東京の自宅でひっそり過ごす年末年始です。
 
 個人的なこの一年の回顧を書いていきます。

 ■トピ1:結婚
 思えば昨年の今頃から動き出した結婚。
 何度仙台と東京を行き来したかわかりません。
 
 どちらかというと「結婚した」という事実より「結婚式をやってのけた」という実感が強い感じです。


 ■トピ2:北海道でのイベント
 車のイベントもそういや昨年の今頃から本格化したのでした。
 それ以来、5、6回は北海道に行きました。
 さらにイベント間近には1週間の札幌滞在。
 なんとなく、札幌に詳しくなったのでした。

 個人的にはこの一年の仕事はこの車のイベントに没頭した一年だったと思っております。
 これ以外の仕事はすべてサイドワーク=副業、的に「こなしていた」んだと。
 来年はこのイベントがないので、新しく没頭するものを見つけなければならないと思っております。
 (というか、ルーチンワークに精をだせ、というのはわかってるんですが)


 ■トピ3:長年愛用のPCが故障→ニューマシンへ
 大学時代より愛用していたVAIOくんが先日ついにデッド。
 さすがに2000年問題をもクリアしてきた名機も寿命なのだと悟り、新たに買い換えました。
 買い換えてみての感想は、たかだか10年でここまでITは進んだという実感。
 20万のVAIOくんは、私が今使っている5万のPCの足元にもおよばないスペックに。
 時代の波は早いものです。
 さまざまな創作活動を支えてくれたVAIOに感謝。


 ■トピ4:バンド
 テレキャスを買ってますます力の入るバンド活動。
 8月には千葉でプチ合宿、そして来年は待望の初ライブ。
 「バッテリーはビンビンだぜ!」と。


 とまぁ、例年以上に今年は仕事に没頭したんじゃないかなぁと思っております。
 評価はどうあれ、自分が正しいことを一生懸命にやっているという実感が持てるのであれば、その仕事はやり遂げるべきだ、と一年間念じてきました。

 最後になりますが、いろいろと相談乗ってくれた皆さんに感謝します。

 来年もいろいろとややこしい相談とかいっぱいするから、覚悟しとけ。


 ということで、皆様よいお年を。
AD

日々の雑感 12/15

テーマ:

 ども。
 ボーナスシーズンですが、やはり世界不況の影響を受けてか世間は暗い感じがしますね。

 そんなときは!ってんで、古文探訪です。
 といっても、硬いものではありません。
 自分が昔書いた文章などを読み返してみる企画です。

 今日は、私の所属しております「デジムック」HP(遠くの昔に閉鎖)にて私が連載しておりましたコラム『いや、そうじゃなくて』の中からひとつ。

 題して、サシミストです。
 2001年ごろ(21才くらいか?)の文章だと思いますが、まだいけるとおもいます。
 世の中そんなに変わらないこともある。
 なお、原文ママです。
 多少の無理はご勘弁を。

 
 ■いや、そうじゃなくて③

「サシミスト」

 私、元来刺身に目がありません。朝、昼、晩と刺身でかまいません。幼いころはマグロだのイカだのカツオだのといったメジャーどころ一辺倒でしたが、最近はカンパチ、エンガワなんかが好きで、デジムックみんなで飲むときは大抵閉店間際のスーパーに行っては刺身を漁るしだいであります。ちなみにデジムック刺身事情を考えてみると、工藤君が手早いんです。食べようと思うと、なくなってるんです。えげつない食い方をするんです。くれぐれも「今日は刺身だ」っていうときに工藤君を誘わないように。ちなみに麻地さんはツマばかり食べるよい人です。渋谷君は礼儀をわきまえています。刺身っていうものを知っています。工藤君はその点、サシミストとしては失格です。

 デジムックとは別に、私、最近よくスーパーに行くのですが、特に休日の夕方時にはよく熟年カップルを見かけます。たぶん「あんた、買い物に行きたいんだけど乗せてってよ!!」とコタツでゴロゴロゴルフを見ていた旦那は一喝されたのでしょう、明らかにスーパーで活気がありません。逆におばはんの方はやる気満々です。夜の方もそのくらいがんばってよ、奥さん。まぁそれはさておき、熟年カップルがいっしょにカートを押しながら買い物をしている風景がめったに見られないのも頷けますね。

 さてそこで疑問が生まれます。おっさんはいったい妻が買い物をしているときに何をしているのか?という疑問です。まぁそのスーパーが気の利いたところでTVのひとつも置いてあり、相撲なんかがやっていればおっさんも時間がつぶせます。ちなみに相撲放映をしているスーパーで、かつ休日の夕方時となるとTVのあたりはおっさんたちで埋め尽くされます。勝敗にみんな一喜一憂。まるで風呂に入ったときのように「おおぉぉぅ」「あぁぁぅ」「よしっ!」と嗚咽が漏れます。何が「よし」なのか、よくわかりません。また相撲がやってないときでも心得たおっさんはいたもんで、いきなりチャンネルをNHKから「笑点」に変えたりします。小遊佐(水色)のブラックなネタはどうもおっさんには受けが悪いようです。個人的に喜久蔵はどうかと思います。

 では、TVもない、休憩所もないようなスーパー(僕がよく行くスーパー)でおっさんは何をしているのか。なんと刺身コーナーにべったりなんですよ、これが。普通に考えて奥さんは大体「あれが足りない」「これがなくなってる」といった家事に必要なものや、それから野菜だとか、調味料といった料理に必要なものをカートに放り込むわけです。ところが料理もしない、家事もしないおっさんにとってはシャンプーにしろレタスにしろどうでもいいわけです。おっさんにとってキューティクルはどうでもいいし、むしろ気になるのは抜け毛の方ですし、レタスなんて横文字は聞く耳持たずなわけですよ。しかし、買い物に来た以上何か買いたい、育毛剤は人の目が気になるから買えない、すると次に浮かぶのは「今夜のオカズ」なわけです。「よっしゃ、休みだし今日は豪華にいくか!!」若いセクシー娘のあられもない姿を今夜はオカズに、なんて考えるほど元気ではないお父さん、豪華=刺身、という公式に基づいて刺身コーナー一直線なわけです。

 コーナーで腕組をし睨みつけること2~3分、さまざまな思考が頭を巡るわけです。「たまにはタイにしようかぁ」「いや、そんなにめでたくないぞ、まぁカズミ(娘・26歳)の結婚式のときまでお預けにしよう」「じゃあ、マグロかぁ」「しかしトロは高いなぁ」「赤身もいいが…いやいや、俺は一家の大黒柱なんだ、赤身なんか食えるかっ!第一カズキ(息子・18歳)に男としての示しがつかん」「しかしイカ刺も捨てがたいなぁ…」「おっ、今日はカンパチもあるのか」「あぁ、そういや死んだ親父はタコが好きだったなぁ」「カツオっていうのもいいなあ…あ!『お父さん、今日はサザエさんのひと食べちゃうぞぅ』なんていったらうけるかなぁ」「いや、しかしトロも捨てがたいなぁ…」

 思考の末選んだ思い思いの品を手に持って、おっさんたちは次なる関門に挑戦します。そう、ここが勝負どころ、カートに入れるという行為=妻という難関です。刺身パックのみを手に持って移動するとき、にわかにおっさんの気迫が感じ取れます。ちなみにおっさんはよくスーパーでキョロキョロしますよね?あれはほんとに迷ったか、あるいは奥さんを探しているんです。刺身パックのみを片手に持ってスーパーでキョロつくおっさん、「嗚呼、彼らのおかげで日本は今日の繁栄を築くことができたんだなぁ」、そう考えると何か心動かされる気持ちになると同時に、いたたまれない気持ちになります。どうでもいいですが。

 おっさんとおばはんの交渉シーンは一見の価値があります。必死に刺身の必要性を訴える旦那の一生懸命な顔と妻の眉間に小じわの寄った苦々しい顔、こういった関係はたぶん付き合い始めたころから変わらないんでしょうね。「今日は俺んちこない?俺ステレオ買ったんだよ。一緒に若大将聞こうぜ」「え~っ、どうしようかなぁ」「大丈夫だって、何もしないってば」「ほんとに~」なんて会話が浮かんできます。そこで何かされたからいま夫婦っていうのもあるかもしれませんね。夫婦サミットは買い物も終盤に差し掛かったお惣菜コーナーで繰り広げられることが多いので、そのあたりでボーっと立っていれば出くわすことができます。注意深く観察しましょう。

 さて、難関を乗り越えて帰路(レジ)につくおっさんの顔には、心なしか笑顔があります。おばはんは不満げです。しかし、これこそサシミストのあるべき姿だと思います。よく聞け工藤君、刺身とは、こういった苦難を乗り越え、多少無理してでも突き通すべき茨の道であり、そして何より、男のロマンなのです。苦渋の道を乗り越えてビールとともにつまむ一切れの刺身、これが明日の活力となり、日本はさらなる繁栄を遂げていくこととなるでしょう。私も同じサシミストとして彼らを誇りに思います。何でもかんでも醤油つけて食えばいいってもんじゃないんだよ。葛藤があるんだよ。ドラマがあるんだよ。わさびは醤油に溶くなっ!って言ってるだろ。面倒になって鍋に放り込むなっ!って言ってるだろ。巨乳にも限度があるって何度言ったらわかるんだ。

嗚呼、サシミストよ、永遠なれ。
AD

日々の雑感 12/6

テーマ:

 ども。
 結局そんなに更新できてねぇなぁ。。と思いつつ毎日過ごしている私です。

 季節はもはや12月、忘年会シーズンです。
 早速二日酔いと毎日格闘しております。
 既にリバースを2回体験いたしました。
 くれぐれも体調管理には気をつけたい今日この頃です。

 
 ■ホンダ、F1撤退について
 昨日、衝撃的なニュースがあったのはご存知の通り。
 ホンダ=F1、いやF1=ホンダ、の我々世代にとっては寂しいやね。。。
 
 男の子が誰もが一度は憧れを抱いたことのある音速の貴公子、
 アイルトン・セナを支え続けたV12エンジンを生んだホンダ。
 ウィリアムズ・ルノーやベネトン、フェラーリと死闘を演じながら、
 「日本メーカーの意地はここにあり」と頑張り続けたホンダが撤退するなんて。。。
 
 そりゃあ、世界的な不況で苦しいだろうさ。
 リストラしたって追いつかないだろうさ。
 わかってる。わかってるが、F1はホンダのアイデンティティじゃないのか、と。
 
 F1、いやモータースポーツという欧米中心のメーカー社会において、
 俺たち日本の意地を見せ続けてくれたホンダに本当に感謝してます。心から。 


 でも、でもね、寂しさを伴いつつ、あえて書かしてもらいます。
 
 「F1に参加してないホンダなど、ホンダではない」

 日本のモータースポーツ人気が凋落しないことを心から祈ってます。
 頑張れ、メイド・イン・ジャパン!

 
 ■shine a light
 いよいよ12/5より公開中!
 http://www.rrm.co.jp/gs/Shine-A-Light-Pre.htm

 このプレビューだけで、興奮できます。
 さすがマーティン・スコセッシ、映像がとてもいきいきしてます。
 ロニーがやたら元気そうなのとチャーチーのハニカミ笑顔も必見。
 
 前売り券を買ったんで近々見に行ってきます。
 (ていうかDVDも早く出して。劇場見たらすぐ買うからさ)


 ■アイロン
 結婚のお祝いでアイロンをもらった。
 これまでは無印のしょぼいアイロンを使ってましたが、今回のは蒸気が吹き出るタイプのやつ。
 これ、すごく気に入ってます。ワイシャツのアイロン掛けが楽しくなりました。
 ティファールとかだとデザインというか配色が甘すぎるので、
 硬派だが機能にもこだわりあるジェントルメンにはこれをオススメします。
 

 SANYO スチームアイロン「co:ron Ag」 (シルバー) A-AG100(S)

¥12,800
Amazon.co.jp


 ■最近のお気に入り
 あ、いつも音楽紹介しているんだったらYOUTUBE埋め込んじゃえばいいじゃん。
 てなことに最近気付きました。
 ブルータスでも特集してたし。

 で、最近のお気に入りをいくつか紹介。
 
 ☆椎名林檎/丸の内サディスティック
 とてもジャジーなバージョンです。

 
 

 てなところで。
AD