ゆめ

テーマ:

この手


視界を埋め尽くす白

細い背中

いつもの寄り道

開けた蒼


さよなら


さよなら


振り返らないで歩くとしたら

あなたは光の方

わたしは闇の方


すくわれなくていいよ


きっと全てはかない


ぽたりぽたり


影が揺れたよ

喉を攫って

忘れそうになったのは笑うことじゃない

涙の在りか


ゆるやかな坂を

ずっとずっと

たとえ足が動かなくなっても


あなたはしあわせ?



AD

浅はかな願い

テーマ:
目を閉じてる間に全てが嘘になればいいのに

出会ったことも
愛したことも

思い出は十字架になり少しずつ蝕まれていく光
幸せの残骸が甘い毒の様に私を部屋に張り付ける

もうどこにも行けないの

約束は鎖となり空白を潰していく日々
遺された言葉が偽り真実狂わせて自らすら危うくさせる


数える指など要らない
言葉など要らない
躰など要らない

あなたが必要としないなら

全てが嘘に全てが夢になれば
何度も微かな光に祈った

でも出会ってしまったから
でも愛してしまったから

もう私はあなたから離れられない

何の確証もない
だけどそれがあなたの言葉だから
私はただ盲目に受け入れるしかない

そのドアが再び開くその日まで
この狭い部屋で
AD

2007/06/20

テーマ:
僕と初めて出会った時
貴方は少し疲れているみたいだった
少し背伸びをしても
僕を頼ってはくれない

僕だってもう子供じゃないのに
AD

2007/06/04

テーマ:
好きだよ

好き

優しい雨の様にぽたぽたと溢れる君の言葉を
ただ聞くことしかできなかった
抱き締めれば壊れてしまう脆弱さ
其れを守るのは僕じゃないと思う

どうして君は僕なんて好きになったの

僕らは擦れ違ってばかりいるね
傘ひとつ差さずにこの世界で
上手くいかないのはいつもの事だけれど

傷ついて
それで
また臆病になって

いつ晴れた空に目を向けられるんだろう

永遠

テーマ:

 この恋は叶わない

 叶うはずなどない

 口には出せない


 きっとそれは永遠に私の中へ残る


 例えこの身が朽ちても

 透明な重みのように


 どうしてこんなにも苦しい道ばかり選んでしまうのだろう

 傷つけるための言葉なら捨てられたのに

 偽りのない言葉をどうすればいい?