浅はかな願い

テーマ:
目を閉じてる間に全てが嘘になればいいのに

出会ったことも
愛したことも

思い出は十字架になり少しずつ蝕まれていく光
幸せの残骸が甘い毒の様に私を部屋に張り付ける

もうどこにも行けないの

約束は鎖となり空白を潰していく日々
遺された言葉が偽り真実狂わせて自らすら危うくさせる


数える指など要らない
言葉など要らない
躰など要らない

あなたが必要としないなら

全てが嘘に全てが夢になれば
何度も微かな光に祈った

でも出会ってしまったから
でも愛してしまったから

もう私はあなたから離れられない

何の確証もない
だけどそれがあなたの言葉だから
私はただ盲目に受け入れるしかない

そのドアが再び開くその日まで
この狭い部屋で
AD