こんばんは、asamiです。

 

 

ブログを見に来ていただきありがとうございますニコニコ

 

 

初めましての方は、こちらのプロフィールを読んでいただけると嬉しいですおねがい

 

 

 

 

 

あぁーー。。最近何もやる気が起きない・・・。

ブログ書きたいのに、パソコンを開くところまでいきませんチーン

あれもこれも、やろうとするといつもこうなってしまう私です。家事と、映画とブログ。今はこれだけがしたい。笑

 

 

 

 

 

さてさて、今回はこちらを見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

イギリス軍の諜報機関で働くキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アラン・リックマン)と共同でドローンを使った英米合同軍事作戦を指揮している。あるときテロリスト集団をケニアで発見した軍は、そのテロリスト集団が自爆テロを起こそうとしていることを知る。ただちにテロを阻止するために、ドローン・パイロットであるスティーブ・ワッツ中尉に攻撃命令を下すが、アジト付近に少女がいるのを発見する・・・

 

 

 

個人評価 めっちゃおもしろい

 

 

 

これはおもしろかった!

終始ドキドキしっぱなしでした滝汗滝汗滝汗

 

この映画は、イギリス軍がケニアで発見した過激派組織をアメリカと共同で捕獲しようというお話です。

 

アジト発見から攻撃まで約2時間をほぼリアルタイムで見ることができます。

 

海外ドラマの24が大好きな私にはかなりのツボでした!

 

その2時間の中で、現場側と会議室側のやりとりを見ることができ、攻撃するまでにこのようなやりとりが行われているんだなぁって想像することができます。

 

 

早速簡単な紹介を。

 

 

 

 

ロンドン。

イギリス軍のキャサリン・パウエル大佐。

諜報機関に所属していて、テロリストを追跡し攻撃の最終的な指示をしています。

 

 

 

 

ロンドンの内閣司令室、通称「コブラ」にて。

国防副参諜長のフランク・ベンソン中将。

パウエル大佐と共同で捕獲作戦をしています。

 

 

 

 

と、ゆかいな仲間達←

まぁ、いろんなところのお偉いさんです。

「コブラ」で話し合ってパウエル大佐に指示をしています。

 

 

 

 

ラスベガスの空軍基地。

アメリカ軍のスティーブ・ワッツ中尉とキャリー・ガーション上等航空兵。パウエル大佐の指示を受けて、ここでドローンを操縦しています。

 

そしてハワイには、ドローンの映像を解析する、映像解析センターがあります。

 

 

 

 

ケニア。

現地工作員のジャマ・ファラ。

テロリストのアジトの近くで小型ドローンを操縦して盗撮しています。

 

この人どこかで見たことあると思っていたら、キャプテン・フィリップスに出てきた海賊の人だった!

 

 

こんな感じで、いろんな場所でリアルタイムに進行されていくのです。

 

 

 

 

ケニアでテロリスト組織のアジトを発見した諜報機関。

テロリストの捕獲作戦を実行しようとします。

しかし、アメリカからネットで釣られてきたテロリストの思想を持つ少年2人が現地に入ってくるんですよねー。小型ドローンなどでアジトの中を盗撮してみると、テロリストたちは、これから自爆テロを起こそうとしていたんです・・・。

なので悲劇が起きる前に、ドローンを使って攻撃しようということになっていくんですよね。

 

 

 

ここでまずすごいと思ったのが、ドローン

攻撃ができるドローンの他に、鳥の形や虫の形をしたスパイドローンがあることにびっくりした。

 

 

 

 

無人攻撃機はアメリカでかなり実用されてますね。

これからもどんどん増えていくんだろうな。

 

 

映画ではラスベガスの空軍基地でドローンの操縦をしているんですが、この操縦士の精神的なダメージが大きく、PTSDになってしまうケースが多いらしいです。自分は現地に行くことはないけれど、自分のボタン一つで人を殺せてしまう

操縦士の苦悩を映画でも見ることができます。

 

 

 

 

映画では、アジトを攻撃する直前にアジトの前でパンを販売し始めた少女をどうするかについて選択を迫られます。

 

このままアジトを攻撃したら、少女は死んでしまうか重傷を負う。でも、少女を助けてしまったらこの後すぐに自爆テロが起き、約80人の命が消える・・・どっちを選択すればいいのか・・・と。

 

最終指示が出るまで、パウエル大佐とコブラ内の人たちでかなり揉めました。なんせ、コブラの人たちは責任を負いたくないから自分で判断したがらないんですよね。上に確認しないとダメだからとかなんとか。。それで上に確認するんだけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ニヒヒえ・・・

 

 

 

外交先で食べたエビにあたって、それどころじゃないとかね・・・ありえんわ。笑

 

 

そんなこともあり、揉めに揉めました。

コブラ内にいる人たちの中には、現場を経験したことがない人もいるので、冷静に考えてはいるけどただ口で言うだけ。だから、こいつら本当に今の状況がどんな状況なのかわかってんのか?と終始イラっとしました。

 

 

でも、すごく難しい選択ですよね。

現に、こういうケースで沢山の一般市民が死んでいるんです。そのことで問題になっているのも事実です。でも、これからもアメリカはそうしていくみたいですね。その行動は本当に正しいのか、疑問に思うところもあります。

仮に、自分の家族が巻き込まれても、テロリストを殺すためだったので仕方なかったと思えるのかな。

 

 

あなたならどちらを選択しますか?

と常に問いかけられているような感じでした。

 

 

こんなやり取りが、アメリカなどでは頻繁に行われているんですって。私たち日本人には考えられないことですよね。平和すぎる・・・。

 

ラストがどうなったかは、是非あなたの目で確かめてみてください。そして、あなたならどうするか、考えてみてください

 

 

 

 

どくしゃになってね!

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

AD

コメント(6)