にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

 

こんばんは、asamiです。

やっと連勤が終わりまして、めちゃくちゃ疲れました😭

 

最近セブンイレブンに行ったら、レジ前に何気なく置いてあったチロルチョコ。

 

 

カレーパン

 

 

・・・とりあえず、見て固まるよね。

そしてとりあえず目をそらすよね。

 

 

でも、やっぱり味が気になって・・・後日買ってしまいました。笑 とりあえず、旦那さんに先に食べてもらおうと2つ購入。そして旦那さんが味見。

 

 

旦那「うわぁぁっ。ダメだぁ。これ苦手」

 

 

という感想が。それを聞いて私はとりあえず、食べるのをやめました。好奇心旺盛なくせにどんだけ小心者www

 

でも、めっちゃ気になったので、2日後くらいにやっと勇気を出して食べてみました!

 

最初は、「ん???甘いの?辛いの?」って不思議な感じだったんだけど、中にパン粉みたいな食感の物も入っているし、カレーみたいなのも入っているしで

 

 

結果カレーパンだったw

 

 

カレーパンってパンがちょっと甘くできてるじゃないですか?それがちゃんと再現されてた。だから、ただカレー食べてるって感じじゃなくてちゃんとカレーパンを食べてるような感じでした!私は好きです!意外に中毒性があるかも。。また買ってこよーっとw

 

 

さて、今回はこちらのレビューをいたします。

 

 

 

 

 

 

 

ざっくりあらすじ

 

モトゥヌイ島の村長の娘、モアナは子供の頃からの言い伝えを聞いて海に関心を抱いていた。言い伝えとは、遠い昔、命を創り上げる女神、テ・フィティの「心」が半神半人のマウイに盗まれてしまい、世界は闇に包まれ始めているということ。そして、海に選ばれた者が、テ・フィティの元へ「心」を返しに行かなければいけないということだった。村には珊瑚礁を超えてはいけないという掟があるため、両親はモアナに海に行かせることを禁じていた。しかし、モトゥヌイ島も魚が獲れず作物も不作になるという事態に陥り、なんとかしなければと思ったモアナは、珊瑚礁の先へ一歩踏み出そうと決意するのである。

 

 

個人評価 78点

 

 

映画館で見たかった😭😭😭

見る予定だったのに、他の映画他の映画って後回しにしていて、気づいた頃には終わっていた・・・😭

映画館での迫力に近づけたかったので、Blu-rayでレンタルしてきました。

 

 

 

 

もうねー、めちゃくちゃキレイ😭✨

 

 

このシーンは結構最初のほうなんだけど、予告とかでよく流れていたシーンなのに映像のキレイさに毎回泣きそうになってたんだよね。で、Blu-rayで見たらさらにキレイで、

 

 

結果泣きましたwww

 

 

 

 

 

自分の中で感情のピークはこの海のキレイなシーンだったかもしれない。笑

 

 

 

 

子供の頃のモアナが可愛すぎて泣ける😭

 

 

上の予告動画で大体話の流れがわかってしまうくらい、ストーリーはありきたりでした。でも、その中に深いメッセージが込められているようにも感じました。ベイマックスとかアナ雪もそうだったけど、最近のディズニー映画は友情とか家族がテーマの作品が多いような・・・。

 

 

 

命の女神、テ・フィティの心には、命を創り出す力が宿っていたんだけど、半神半人のマウイがその心を盗んだことによって、島々の平和は脅かされていくことに。

 

これは、世界的にも問題になっている環境破壊のことに結び付けているよね。ストーリーは、海に選ばれた少女モアナがテ・フィティの心を返しに行くという冒険映画になっているけど、これからどんどん深刻になっていく環境問題に、私たち人間はどう取り組んでいかなければいけないのかを表現しているように感じました。

 

 

 

 

モアナは子供の頃から、サンゴ礁の外側は危険がいっぱいだから、そこから先へは行ってはいけないと教えられてきました。でも、遠い昔の祖先たちはサンゴ礁の外側に航海していた事実を秘密にされていたことを知り、サンゴ礁の外側が本当に危険なのか、その先に何があるのかが気になって、遂に一歩踏み出すんです。

 

モアナが一歩踏み出す勇気をくれたおばあちゃん。

おばあちゃんは、自分は変わり者だと言っています。島のみんなは同じような考えを持っていて、この島にいれば安全、この島にいるのが幸せだと思っているから、おばあちゃんみたいに、今見える場所の外側に一歩踏み出してみることが大切だという考えは、島のみんなからしたら変わっているのかもしれないね。でも、その考えってとても大事ですよね。

 

一歩踏み出すことは怖いことだし、そうしたことで失敗するかもしれない。でも、そうしないと何も変わらない。今自分たちが何不自由なく生活しているっていうのも、遠い昔にたくさんの偉人さんたちが一歩を踏み出してくれて、命を落としたり失敗しながらもいろんなものを発見してくれたおかげなんだよなぁ。結構深い。

 

 

 

 

命の女神、テ・フィティの心を盗んだ半神半人のマウイ。

ネットで調べると、ニュージーランドとかの神話に出てくる英雄として載ってました!神に与えられた巨大なつり針を持っていれば、どんな生き物にでも姿を変えることができます。でも、つり針がないと何もできない臆病者。このマウイ、生い立ちが結構複雑です。

人間の両親との間に生まれたんだけど、不幸なことに海に捨てられてしまうんですよね。それを神が救い育ててくれたというわけです。。なので半神半人。

映画の中では、このマウイが変わろうとする姿も描かれています。

 

 

結構深いメッセージが込められているけれど、子供も一緒に楽しめるような話になっているので大丈夫。

 

 

 

 

もうねー、このシーンめっちゃ爆笑したwww

マウイがつり針でうまく鳥に変身することができなくて、いろいろチャレンジしてるんだけど、そのときに変身したのが、半分がサメで半分が人間の姿www

この状態でしゃべってるのがすごいおもしろかったなーw

このマヌケっつらが最高。子供が見ても爆笑するはずw

 

 

結構あっさりしているので、メッセージ性があっても伝わりにくいかもしれない。個人的にはおもしろさで言ったら、アナ雪のほうがおもしろかったかもなー。でも映像はめちゃくちゃキレイです。なので、Blu-rayでの鑑賞をおすすめいたします。

 

 

ではまた👋

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

AD

コメント(8)