永遠の双子座~ありすのツインレイの物語

ツインソウル・ツインレイ・前世など(*>∀<*)


テーマ:

結論から言いますと、


1. 潜在意識にアクセス出来てる人

2. ツインレイについて知識がある人

3. ツインレイについて理解出来てる人


同士の結婚となります。


お互いに[個として完成された者]同士の結婚です。



個として完成出来る人になる迄を、他のソウルメイトだったりとバラバラに学び合うのですね。

そして、個として完成出来る準備が整った人がツインレイに出逢えます。

ツインレイは出逢った後は個として完成する為に足りない部分を補い合う相手でもあります。

根っこの部分が一緒で、それぞれ別々に成長して身につけたモノを惜しみなく、なかよく分け与え合える関係でもあります。

そうやって統合を目指します。


統合が終わる頃には、男と女を半々に分けて男女が融合された一人前の人間が、2人出来上がるというコトです。


それを簡潔に説明すると、


彼をはんぶんこ、ありすをはんぶんこにします。

彼の半分とありすの半分をくっつけて1つにしたモノを2つ造ります。

そうやって、同じ意識(価値観)の人間が2体出来上がりましたー(*´∀`*)ゞってコトなのです。


統合を終えて意識が同じ人間になっても、勿論身体は男と女のままだし個性だってそれぞれの意思だって顕在です。

だからその後もこの世で生きてく上で、

お互いにお互いが必要なのですねヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


そうやって自立出来た個として完成されたモノ同士の結婚とは、、、

すべてのバランスが調和されて、愛に満ち溢れた生活が出来ます。


片方が自立出来ていて、片方が出来ていない場合は、

依存や執着が起きたり、夫婦の間で上下関係が出来上がってしまったり。

もしくはお互いがその過程で切磋琢磨し合う関係だったりと、

それ自体が今回の学びというご夫婦もいらっしゃるとは思いますが、、、

ツインレイにはそれは無い(もうその学びはツインレイ以外と終わらせていなければならない)というコトなんですね。


だから、ツインレイには自立も信頼関係も必要で、お互いがそう出来る人になるように仕向けられるのです。



ツインレイの結婚とは、

夫婦像や家族の在り方の見本のような存在であるコト。

それを自分の子供や周りに伝えて行くのが使命でもあります。

喧嘩したり命令したり、冷めきった仲であったり、どちらかが妥協したり我慢したり、堕落したり、そんな仲ではダメなのです。

[個として対等な人間同士であり、男性と女性の役割をバランスよく生活を営んで行くコト。]

それを言葉なくしても、お互いがわかり合えている(それが当たり前だと思っている)状態になるコトが必要なのです。

完璧な形で転生を終えるのですね、、、



ありすに起きたのは、そう出来るようになる気づきや学びの日々でした。

落とさなくてはいけない欲や煩悩がたくさんありましたヽ(;´ω`)ノ

それがある人ほど、、、その作業は大変厳しいモノとなります。

相手が「早くしろーヾ(。`Д´。)ノ」って思ってたら、早く進むかもしれませんw

ありすは多分急かされた!そうなんだと思いマス(笑)(●´ω`●)ゞ


AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇