大腸がんになりました

女性。アラサー。
趣味は一人旅とカメラ。

だった私ですが

ある日突然の大腸がん告知を受けました。

そんなある日から始まる,闘病日記です。


テーマ:
というわけで、無事粗相をせずにWOCにストマをみてもらえました。

あまりの湿疹の酷さに、毎日パウチ交換の刑になりましたとさ(´Д`)


私の湿疹をみたところ、
どうやら石鹸の流し残し?+抗がん剤の副作用でお肌敏感かも
らしいです。

湿疹でも、便が皮膚について負けたときには、ストマの周りがびらん状になって皮が剥けるんですって。

そのほか原因が汗とか面板(貼り付ける部分)の素材に負けたとかで、見た目が違うし対応も変わってくるとのこと。


WOC「意外と奥が深いでしょ」


っていうか、もうWOC凄すぎます!



んでもって主治医とのお話しの後、歯科に行ってきました。


今の熱が虫歯からきてることもないとか恐ろしいことを主治医はいうわけですよ(´Д`)


そしたらやっぱり知覚過敏!


「末梢神経痛だと思ってたんですが」


というと


「それもありつつの知覚過敏かなあ」


とのこと。


ふふふ。


「歯医者あんまりかかったことないでしょう?俺より歯キレイだよ」


というお墨付きも頂き、しみないように歯にコーティングをしてもらって完了(´∀`)v





******************

いつもなら入院の翌日に抗がん剤になるんですが、今回はあさってから(?)になりました(´∀`)


熱があるからダダをこねたわけではありません(まあちょっとそんな感じだけどww)。



先ほど主治医とお話ししたと書いたんですが、12月中旬に撮ったCTを見たわけですよ。





「ちょっとあまりよくないお話しをしなくちゃならない」





というお言葉を聞きつつ面談室へ。




12月中旬のCTの結果は


肝臓の腫瘍が大きくなっていて、さらに小さい腫瘍と思われる影がいくつか点在



卵巣は左側が腫れていて


リンパ管症はちょっと憎悪。


ついでに鎖骨上リンパの腫瘤も大きくなったよと報告。




つまり、今まで使ってきたイリノテカンとシスプラチンに耐性がついてしまったのですよ。


ついにキターって感じなんですけどね。



で、次のステップとしてアムルビシンという薬剤を使用したいとのこと。


肺の小細胞癌の二次治療(次のステップの治療)に使われる薬なんですって。


副作用はイリノテカンやシスプラチンと異なって、嘔気はちょっとだけど骨髄抑制がすごくでるらしいです。


貧血とか感染症、出血に要注意になるわけです。

貧血ひどいと輸血なんだよねえ(´Д`)う゛ぉえ~


このお薬の場合、
【吐き気止めの薬30分+5分の点滴】×3日
を3、4週間に1回ずつというペースらしいです。



で、まあ本当なら明日からって話しになるし、実際そうなったんですけどね…


ちょっと待って


ですよ。けだまさんたら。



「モチベーション下がっちゃったから、もう治療したくないな…」



って話を切り出しまして、話し合いは延長戦へ。


先生が面談票をもちだして、今の病状、今までの治療を書き出してくれたんです。


二次治療としては先ほど挙げたアムルビシン、三次治療は大腸がんの標準であるFOLFOX+ベバシズマブ(アバスチン)を使おうかという目論見とのこと。


緩和ケアについては、主治医が珍しく支持(?)してくれました。


今の病院の緩和ケアに入ることも、いいよってな感じで。



で、ですよ。


こんな話しなので、両親にも電話するからといわれてしまうし

治療を続けるか否か明日までに決めなさいときたもんだ。



来るとは分かっていたけれど、実際目の前にすると難しい問題で、看護師さんに話し、精神科主治医に話したけど、モヤモヤしたまま。


“ある程度のところで治療は止めたい”


っていつぞやの日記にあったけど、今がまさにそのとき。


二次治療をしても今までみたいな活発な私は望めないだろうし

だけど打つなら体力のある今しかないし


とはいえ体力のある今なら治療やめて、最後の旅行にいける。


治療がイヤだから、何もかもに疲れたから止めてしまいたいという理由も、なきにしもあらずだから、緩和ケアを選ぶことにすごく罪悪感を感じたりもする。


もう吐露すればするほどわからなくなってきて

実際はどっちを選んだって後悔するんだけどさ


もうさ…。


治療をしたって緩和ケアより長く生きられる保証はないし、元々根治の望みはない。


もうパニック。



こんなんだからか、昼食も夕食も止めて、パンをかじったけど気持ち悪い。



やだな~。


何もかも面倒。


死に方選べみたいな選択肢だもんさ(´Д`)


あ、熱については、多分腫瘍熱だろうってことで、ロキソプロフェンが定時服用で復活。


熱が出始めてから飲んだ抗生物質は、1日3回の点滴になりやした つД`)

点滴やだー!ポートの針刺し痛い先生がいるんだよぅ(`ε´)

っていったら主治医自らやってくれました。


主治医ありがとう。

そしてまた治療拒否みたいなことを言ってごめんよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

けだまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。