♡ようこそ♡
Welcome to my blog.

英語は楽しい、世界を広げてくれる言葉です!
♪Youtube動画も是非見て下さい♪
I post videos on my Youtube channel. Feel free to subscribe to it!


テーマ:

Hi everyone!
I hope you're having a lovely day!

I've been a bit busy with 
my interpretation job 
as one business partner visited Tokyo.

I'd like to share  
my delicious experiences in Singapore.  
皆さん、こんにちは。
シンガポールから戻り、
通訳と翻訳の仕事で立て込んでおりました。

が、引き続きシンガポールの記事を
シェアして行きたいと思います(o^^o)


I'd been dreaming of coming to Raffles Hotel.
The colonial desigb hotel is simply romantic.

One of our friends took us to such a beautiful Chinese dim sum restaurant inside the hotel.

シンガポールにあるラッフルズホテルは、
コロニアル時代の華やかさが
そのまま残るロマンチックなホテル。
個人的に大好きです♡

今回は滞在してませんが、
ラッフルズホテルの 
素敵な飲茶レストランに 
友人が連れて行ってくれました。

なんと店内ティファニーブルー
{08BDC2AA-C172-4D55-AB77-DB67048A577F}



いただいたもの、一部ですが、
鴨とピータンのお粥、 

蟹やフカヒレ、餃子が入った
贅沢なスープ、

北京ダック、

エッグタルト、、絶品でしたラブ

ローカルに案内してもらうと、
何を頼めばいいか分かるので、
助かります。
{5EF9AA2B-C646-4326-AF99-8B971659DE7A}

内装も可愛いくて、
終始目がハートの状態でした。笑

{F0EE40F4-9EC5-4584-B3BC-640C6F42C9E7}

ラッフルズホテル内をお散歩。

{3975E451-B97C-48E9-8739-2C88211F1239}

友人とのごはんもこちらで食べて、
2日連続で訪れました。

{F28C1431-2F6E-40BD-B977-B7B4BC2334A9}
 

最終日はラッフルズのバーに。

ラッフルズホテルのThe Long Barは
有名なカクテル、
シンガポールスリングが
生まれたバー。
{ED1C0A22-0C35-4ACF-BB7B-B9AFC86AF9B1}


2015年がシンガポールスリング、
100周年だったそうです!

当時、女性が公の場でお酒を飲むのは
風紀的に好まれず、
こちらのバーテンダーが女性用に、
見た目は女性らしい
カラフルなフルーツジュース、
中身はしっかりお酒、な
ジンベースのカクテルを発案したのが
発祥のストーリーだそう。


女性とお酒に
縁があるカクテルだな、
と思いました。

スパイシーでフルーティー、
深みのある
なんだか歴史を感じる味。
 

歴史のあるカクテルなんですね。

{4A4E4F5E-AEC9-4482-B528-E745DC032026}

シンガポールグルメ、
まだまだ続きます♡


シンガポールスリングについて、
さらに知りたい方は
下の記事を読んでみて下さい。

For those who more interested in the history,
Please read the article below.
(reference: Raffles Hotel official website)


The Singapore Sling, widely regarded as the national drink of the country, was
first created in 1915 at Raffles Singapore by bartender Ngiam Tong Boon. 

Primarily a gin-based cocktail, the Singapore Sling also contains
pineapple juice as the main ingredient, along with grenadine, lime juice and Dom Benedictine. 

Giving it the pretty pink hue are cherry brandy and Cointreau.
 Bartender Ngiam deliberately chose to give the cocktail this rosy colour. 
Following the turn of the century in colonial Singapore,
Raffles Singapore was the gathering place for the community
and Long Bar was the watering hole. 

It was common to see the gentlemen nursing glasses of gin or whisky.
Unfortunately for the ladies, etiquette dictated they could not consume alcohol in public,
and for the sake of public modesty, fruit juices and teas were their preferred beverage. 

The talented Ngiam thus saw a niche in the market
 and decided to create a cocktail that looked like a fruit juice,
but was actually infused with gin and other liqueurs. 

Masking it in pink gave it a feminine flair and together with the use of clear alcohol,
he cleverly led people into thinking it was a socially acceptable punch for the ladies.
With that, the Singapore Sling was born.


 Needless to say, it became an instant hit. 

ラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。