アメブロ以外の方も足跡を残せます。
来たよ!読んだよ!の合図に
お気軽にどうぞ。

おきてがみ





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2011年08月20日

女児虐待容疑で声優の女逮捕

テーマ:里親制度と虐待
里親による三歳女児虐待死-女性セブン

以前、こういう記事を書きました。

東京杉並区で、里親に委託された3歳の里子女児が
里親宅で階段から転落死したという死亡事故。

事故と怪我の関連やその他の部分に不振な点が多いと判断した医師が
虐待死の可能性があると通報した事件。

この件の続報が入りました。


女児虐待容疑で声優の女逮捕へ 警視庁

 昨年8月、東京都杉並区の自宅で里子として預かっていた女児(当時3)を
虐待して死亡させたとして、警視庁捜査1課は19日、
声優の女を傷害致死容疑で20日にも逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、女は昨年8月24日ごろ、
同区の自宅で女児に暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。

 同日早朝、家族が自宅地下1階で倒れている女児を発見し119番。
病院に搬送されたが死亡が確認された。
搬送先の病院が「体に傷がある」と同庁杉並署に連絡していた。

日本経済新聞 2011/08/20




里子虐待死 声優の女を逮捕

 昨年8月、東京都杉並区で里子として養育していた保育園女児(当時3歳)を
虐待して死亡させた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課は19日、
傷害致死容疑で声優の女(43)を20日にも逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、声優の女は昨年8月24日ごろ、杉並区の自宅で、
女児の顔や体を殴るなどの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。

 女の家族が同日早朝、地下1階の階段下で女児が倒れているのを発見。
病院に運ばれたが、頭を強く打っており、約1時間20分後に死亡が確認された。

 当初、女は「階段から落ちた」などと説明していたが、
女児の顔などに不審なあざや傷があったため、
捜査1課は関係者から詳しく事情を聴いた結果、女が女児を虐待し死亡させた疑いが強いと判断した。

 女は夫と10代の娘2人の4人家族。女児は家庭の事情から乳児院で育てられていたが、
2009年秋、女が杉並区の養育家庭制度で里親になり、引き取っていた。(共同)

nikkansports.com [2011年8月20日6時14分]



里子虐待死容疑、里親になる予定だった声優の女逮捕へ

 東京都杉並区で昨年8月、保育園児の渡辺みゆきちゃん=当時(3)=を虐待し、
死亡させた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課が近く、傷害致死容疑で、
みゆきちゃんの里親になる予定だった声優の女(43)を逮捕する方針を固めたことが、
捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁の調べでは、みゆきちゃんは昨年8月24日早朝、
杉並区成田東の住宅の地下1階の階段下で倒れているのが見つかり、
搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。頭や腰に打撲などの跡があり、
警視庁は虐待の可能性を視野に捜査。声優の女が暴行し脳に損傷を与えるなどして、
死なせた疑いが強まった。

 捜査関係者によると、みゆきちゃんは両親と別居し、
21年9月からこの家に居住。女ら夫妻が里子として受け入れる予定だったという。


産経 2011.8.20 02:11
産経では里親予定となっていますね?


ぬるく愛を語れ!~webマンガに挑戦~

事故だとしてもとても痛ましいことです。
預かっているお子さんを亡くすという状態で
この里親夫婦が行ったことは。


ぬるく愛を語れ!~webマンガに挑戦~

身の潔白を綴る手紙を近所の家のポストへ投函することでした。
真っ先になすべきことはそこ?と思った方も多いと思います。

ぬるく愛を語れ!~webマンガに挑戦~


それでも、今回も乳児院で「愛着障害になっていた」という
主張がなされるのでしょうか。
里親サイドの見解は 乳児院・児童養護施設=情緒障害児製造所ですから。


この3歳の里子さんは生後すぐに乳児院に預けられ、
死亡する一年前にこの里親に委託されています。



同じく3歳で虐待死した順子ちゃんも「愛着障害」とされていますし
直腸が裂けるという重症を負った4歳の里子さんも「育てにくい子」とされています。

里親側の意見を聞いていると「育てにくい子」「虐待を誘発する子」だから
虐待しても仕方ないと読めて暗澹とします。

■虐待の後遺症や障害を持つお子さんは専門里親へ委託されるので
基本的に一般の里親に委託されることはありません。

現時点では里母は「何もしていない」「身に覚えが無い」と主張してるそうです。


ぬるく愛を語れ!~webマンガに挑戦~

社会的貢献のためになにかしたいというボランティア精神を掲げる家庭に
僅かな期間の講習と数時間の施設や乳児院の実習(?見学?)のみで
国は里親手当72.000円)、養育費(約50.000円)、を支払い、子どもを預けます。

里親というと「善意の人」というフィルターがかかりますが
里親になるには何の資格も必要ありません。だれでも望めばなれます。

家庭の中で何が起きようと外に知られる事もなく
養育費を搾取することも、幼児性愛者の元に子どもが届けられることも。

児童養護施設の虐待は、職員が手を上げるだけで目撃者に通報義務が生じます。
里親家庭の虐待は病院送り、死亡でなければ発覚しません。
密室の怖いところです。
報道された里子さんたちはいずれも保育園でも自相の家庭訪問でも
虐待を発見されていません。それどころか熱心な里親と評価されていました。

これがどういうことなのか考えてほしいと思います。

そして
実子がいる方は
子どもにきょうだいをなんて考えずに
まずはお子さんを育てあげてほしいと思います。
それはお子さんのためにも
里子さんのためにも。

私が里親のケースで一番子どもの安全が守られると感じるシステムは、
各ホームの風通しが良いという点、
敷地内にスタッフが常駐し養育者が孤立しないという点で
「福岡 こどもの村」 だけではないかと思っています。
(ただ、子どもの身になればこのネーミングは思春期のお子さんには辛いかなと……)
子どもの村のホームは「○○さんのお宅」という他人の家庭に間借り状態ではなく
誰の家でもない・里子のための家、いわば自分の居場所という点でも
心を育てやすいと感じます。



千代子さんのブログでは
この事件についてより詳しく考察されています。
階段から3歳児(平均体重14k)が転落したのに朝まで気がつかなかったという
里親の証言についても動画で検証しています。
よろしければどうぞ。より分かりやすく事件のあらましを見ることができます。

千代子さんのブログ 2010年9月
里親から里子への児童虐待~搾取される子供たち~

里親家庭で虐待をうけた元里子さんたちのブログ
当事者が語る里親宅の虐待体験、里親制度の問題点など
里親家庭を家と呼ばないで


施設内虐待をうけたたまさんのブログ
杉並の里親宅での、3歳女児死亡事件について
はばたけ養護施設出身者



関連記事

真実のゆくえ1【里親による14歳少女わいせつ事件より】エッセイ漫画

躾と虐待1~子どもを里親に委託した母の決断 エッセイ漫画


【救いは差し伸べられるのか】里親制度「もっと知りたい」「難しい面も」…読者の声 【産経に投稿した読者さんからのメール】 





↑ランキングに参加してます。
一日一回押してもらえると励みになります。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


ダ・ヴィンチ2011年8月号「今月のプラチナ本」で紹介して頂きました。
$ぬるく愛を語れ!~webマンガに挑戦~



2011/5/25 ブログが書籍になりました。

アフィリを踏みたくない方はこちら
amazon「いつか見た青い空」
楽天「いつか見た青い空」

いつか見た青い空/りさり

¥998
Amazon.co.jp

さりからのお願い

ブログ書籍化のメイキング漫画
「書籍化への道/もくじ」


書店様用POPができました!
新書館/書店様用POPページからDLできます。
PC環境によっては色が見本と少し違ってみるかもしれませんが
こちらの画像が実際の色です。

$ぬるく愛を語れ!~webマンガに挑戦~-いつか見た青い空書店用POP


新書館サイトで「募金」が途中まで試し読みできます。
どんな感じになっているのか見比べでもどうぞ。

http://www.shinshokan.com/comic/tameshiyomi/67108-1/index.html

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚

AD

りさりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■私ごとですが。

結婚当初、もし子どもが出来なかったら里子や養子を育てたいと思っていた時期がありました。

りさりさんのブログを知ってから、
なんて安易で、しかも不遜で傲慢だったんだろうと、改めて思います。

夫婦間、子どもがいるなら家族間の意見のすり合わせも必要ですよね。

私も、里子の話を夫にほのめかしたことがありますが、夫には自分の遺伝子の無い子を育てる感覚は全く理解できないようでした。
(そこで、理解を示したような振りをした人が性的虐待をしてしまうのかも。と、今は思ったり。)

実は、自分のブログにも書いたことがありますが、私は自分を児相に通報したことがあります。

独身時代から子ども好きを自負していた私ですが、2歳前から5歳くらいまでの子どもには実の子でも本当に手を焼きました。手を挙げました。
手を挙げ始めると歯止めがきかなくなる自分が怖かったです。

別に里親さんに同情するわけではありません。

実の子でも育てにくい子というのはいるし、子どもの年齢的に子育てが難しいと感じる時期もある。
実の子に手を挙げてしまって歯止めが利かなくなる親が報道されているだけでもたくさん居るのに、そして自分もそういう親になってしまったのに、他人の子を上手に育てようなんて、本当に不遜で傲慢だったなと。

こちらが母親のような気持でと思っても、里子の方はそうは思わないかもしれない。

女の場合は、マタニティブルーや、産後鬱があるように、子育てが一段落したような年齢の方だと更年期障害の症状が出始めたりと、ホルモンバランスの崩れによる精神症状がでたりもするので、他人の子どもを預かることにもっと慎重になった方が良いですね。

社会貢献したい気持は、里親としてではなく、もっと別の形で。

そして、すべての子供達が幸せでありますように。

10 ■無題

このニュースを見聞きした時
はっと、りさりさんのブログがうかびました

この先子供の養育まさに里親という
問題に一石とうじた
事件ですね
引き取られた家庭で虐待しようと
いうわけで引き取ったわけではないと思います
が、本当に他人の目の抑制力は
必要なのではないかと私思ながら
書かせていただきました
りさりさんお仕事大変でしょうが
体調に気をつけて頑張ってくださいね
作品楽しみにしています

9 ■無題

この記事に直接関係ないかもしれませんが
実親制度にも誰か反対して欲しい・・・

里親制度に問題があるという事は、本当は実親制度にも問題は山積みだったりして
親と言う存在に養育が任されるという仕組みや家族制度自体も本当は・・・
なんて話を広げたら、何それ?意味不明って思われますよね?
里親制度反対を言ってもわからない人には、実親制度や家族制度反対と言われた時感じる衝撃と同じようなものを感じるんでしょうね。

里親は親が精神的に子供になれる仕組みになっている気がする。
実親でもあるかもしれないですが、よりそうなりやすいのではないでしょうか?

本能的な愛情を与えるだけが愛情か?とある程度の年齢になれば考えたり、故人ですが意外と言っては失礼ですが飯島愛さんが、愛情を注ぐという事に対し、非常に興味深い考えを持っておられたようで読んで感心した事がありました。

ペットに愛情を注ぐのはペットのためじゃなく自分のためではないか(つまり、愛情とは自己愛から始まっているのではないか?というような意味)、ペットは飼い主を選べない、動物を飼うということ自体が、人間のエゴから始まっているのではないか、そう思うとペットを飼うことにも積極的になれない、というような内容だったと思います。
こういうこ事は既に言われてきた事かもしれません。エゴと愛
自分は愛のつもりでも、対象者にとってはエゴでしかない場合もあるかのしれないという事を念頭に置いてない愛情と言うのは、果たして愛や善意と言えるのだろうか?
里親制度は、里親のエゴを全面的に子供が受け入れるという極めて不健康な、精神的な親と子が入れ替わっているような印象も持ちますが、自分の見方が考えすぎなのかもしれません。。。



愛は自己愛から始まり、同性愛や異性愛や、家族愛や社会愛に繋がっていく・・・ということらしいので、それはそれで良いのではないかと思います。

8 ■親が親になるために

私も一児の母です。
私は結婚、育児に関しては非常に恵まれまして、四苦八苦しながらも何とか、育児にまい進中しています。
 りさりさんのブログをずっと拝読させていただき、今まで知らなかった里親制度についても勉強させていただきました。そんな中での今回の痛ましい事件です。
 そうなんですよね。里子って、人様の、よそ様の大切な大切な預かり子なんですね。
 私が非常に恵まれた環境の中で子供を育てしてきても、突き当たる壁は多く、悩みも尽きません。いつも「これでいいのか」「いまの叱り方でこの子に悪影響を与えていないだろうか」と、内心びくびくしています。
 親も経験値って必要なんだな…と、今、痛感しています。親が親になるためには、たくさんの勉強が必要だと思います。
 本を読んだり調べたり、周りの人に聞いたり愚痴を聞いてもらったり、助けてもらったり、誰かを手伝ってあげたり。
 実子を育てている親がこんなに大変なのに、片手間や好奇心や安い善意で子供を引き取ってほしくないですね。
 里子を預かるなら…よそ様の大切な預かり子を引き受けるだけの覚悟と経験値と許容量と、それからまだまだ勉強するパワーが必要だろう…と思いました。
 里親登録している里親たちに対して、定期的な悩み相談会とか勉強会とか、あるいは里親家庭に問題がないかどうか、施設や行政からの監査するシステムとか出来ないんでしょうかね。

7 ■素人による養育の危険性

りさりさん、続報ありがとうございます。悲しい事件です。

1人でも死者が出た時点で、そのシステムは非常に危険なものであるという意識を持たなければなりません。
何の資格も有さない、素人による育成、養育里親に関しては、『即刻中止』にし、それから、事故の原因究明など、制度を見直すべきだと、強く要請します!

養育者のあり方は、その子供の心身(人生)に、多大な影響を与えます。
素人による育児が、いかに危険なものであるかということは、誰にでも簡単に想像できるはずです!

6 ■はじめまして

こちらのブログを見るようになってから里親制度に対する考え方が変わってきました。

実の子2人は10代、この子はまだ3歳・・・
事件が起きるまでの経緯に何があったのか、
自ら預かった手前、相談もしにくいと思ってしまうのか・・・
里親も里子も共に第三者がフォロー出来る制度でなければ、やはり難しいのかもしれませんね。

この里親がつづっていたブログで、里子の行動に関して悩む様子がありました。
「声優名 ブログ」で検索するとキャプチャを載せているブログが3番目辺りに出てきましたので、興味がありましたら見てみてください。
(いいかどうか迷ったので、URLを貼るのは控えときます・・・)

5 ■無題

はじめまして。

悲しいニュースがあるたびに、あまりにも端的にまとめるマスメディアに疑問を持っていたものの、どこにどのような陰の深い部分が絡んできているのかわかりませんでした。

さりさんのブログを拝見するようになってから、見えなかった社会の一部分が少しだけ見えてきた気がします。


今回の事件も本当に痛ましい。
子供心にいろんな思いをもちながらうまく表現できなかったことが沢山沢山あると思います。

行政的な観点だけでなく、お子さんをお持ちの親御さんの立場だけでもなく、上手く言えませんが子供の立場?を上手く繋いでくれる存在や場所が必要なのかなと思います。それが具体的に何であるかとはまだ私には分かりませんが、とても考えさせられます。

4 ■無題

事件に関しては、もっと世間に対し事実が明らかになってほしいと思います。

実子を育ててから~というくだりで、昔読んだ育児ブログを思い出したのが
幼稚園へ通う里子さんをお迎えに来た女性はとても「お母さん」とは思えないほど高齢で
でも幼稚園児の里子さんは「ママ」と呼んでおり
傍から見ればおばあちゃんをママと呼んでいてなんとも言えない気持ちになった、という一文です。

実子を育て上げると少なくとも40代後半にはなってしまうでしょうし
これもまた里子を育てるうえでの難しさかもしれませんね。

3 ■はじめまして

ブログで里子の実情を知り複雑な思いでいっぱいになりながらいつも拝見してます。
今回の事件で里子制度は本当に子供にとって
良いことなのか?と改めて考えさせられました。

私には、4歳になる息子がいます。
とても可愛い年頃で、事件の被害者の女の子と変わりません。
だから、もし自分に何かがあって息子が里子になるような事になり、里親に虐待されたら・・・と思うと、とてもやるせない気持ちでいっぱいになりました。

だって、まだ3歳。
何を思い生きてきたんだろう。
この女の子の気持ちを考えるだけで辛すぎて苦しいです。
こんな小さい子は、どうやって助けを求めればいいのでしょう・・・・。行政の目の届かない里親の制度って必要なのでしょうか。

2 ■無題

痛ましい事件です。
実名での発表があったという事で、虐待の事実がはっきりと確認された事と思います。
ちょっと気になっているのは里親・母が容疑者として特定されている所でした。
おそらく動かぬ証拠が揃っているからだとは思うのですが。
実は以前、似た状況で養父母が起訴され、後に実子の犯行であった事がわかった件に関わった事があり…(被害者の幼児は助かりましたが後遺症を抱える身となりました)。
その為、結果的に実子の暴力の被害者となった方達がその後も増えていた。
まさか…とは思いつつも、経験からつい穿った見方をしてしまいます。
こんな事をこちらがぐるぐる考えた所で被害者の少女は戻ってこないのに。

子供が犠牲になる事件は心が痛みます。
たった3歳、まだ人生が始まったばかり。
それをこんな形で奪われるなんて、やりきれない思いです。

1 ■こんにちは

どうなっただろうって思ったのは、りさりさんのアンテナが拾った、お知らせだったんですね。

やっぱり里親というのは大変ですね。
密室でとりさりさんが書かれていますが、ほんとうに危ない側面を持ち合わせていますね。
親が、再婚しても、連れ子だとか、腹違いでいろいろとあるんです。
そのような場合でも近所との付き合いや、祖父母という存在があれば、クッションもありますが、現在の核家族が多くなった中では、なかなか並大抵のことではありません。
いじめや愛情の掛かり方が違う程度ではないですよね・・・。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。